★ 備忘録 「熱球通信」 ・ 特定非営利活動法人秋田県野球フォーラム ★

「熱球通信」は特定非営利活動法人秋田県野球フォーラム会員有志による備忘録を兼ねた「秋田県野球」にこだわった私的ブログです。掲載している記録等については公式なものではありませんのでご注意願います。リンク等についてはオールフリーですので事前のメール等一切不要です。更新頻度は原則毎日の更新です。秋田県出身で県外に在住の方も念頭に更新していきますが、内容等一部については地元情報と時差が生じる場合があります。練習・親善試合の結果情報は原則掲載しません。また、コメント送信欄と掲示板については諸般の事情により対応していません。積極的な中学硬式野球・女子野球の紹介に努めています。

三浦第三 を含む記事

1979/ 昭和54年 大館鳳鳴 第27回春季東北地区高校野球秋田県大会 初優勝

9ffb6fa9-s昭和54年5月27日、大館鳳鳴が秋田商との決勝戦に延長13回の接戦の末3-1で勝利して初優勝。大館鳳鳴 / 吉原忠敏-斎藤義浩、秋田商 / 高山郁夫、安保浩幸-佐藤文信。この時期の大館鳳鳴ヘルメットはWASEDAカラーのエンジ色。<大館鳳鳴先発>[中]滝沢竜明(3)、[遊]吉田茂雄(3)、[右]中嶋善茂(3)、[捕]斎藤義浩(3)、[一]○ 大越和人(3)、[三]小林博隆(2)、[左]戸田勝広(2)、[投]吉原忠敏(3)、[二]奥村昌樹(2)、佐藤和明(3)、福士隆郁(3)、松岡倫之(3)、富樫勝浩(3)、佐藤光博(3)、武藤裕喜(2)、桝屋隆二(2)、伊藤英規(2)、[責]松江長成、[監]若松清幸、[記]佐藤智(2)。<秋田商先発>[二]佐藤義己(3)、[三]○ 菅原一夫(3)、[遊]横山幸悦(3)、[中]佐藤康二(2)、[左]畠山哲人(2)、[一]熊谷和秋(2)、[捕]佐藤文信(3)、[投]高山郁夫(2)、[右]千田正人(3)、田口淳(3)、安保浩幸(2)、籾山市男(3)、薄田勝也(2)、後藤直哉(1)、鳴海一元(2)、川尻義信(2)、小山大(3)、[責]登利谷重郎、[監]三浦第三、[記]湊雅彦(3)。

東京板橋区 / 「ザ・ゴルフガーデン高島平」山内英雄インストラクター(秋田商)

12141山内啓輔選手(三男、八戸学院大-秋田修英)、山内教輔選手(四男、東海大相模-武蔵狭山ボーイズ)。<2020.6.07> 令和2年6月6日付秋田さきがけ紙で近況紹介。【2014.4.15】元プロ野球横浜大洋 山内英雄投手 (秋田商)  平成26年1月20日付で学生野球資格回復に関する規則第4条により適性認定。秋田商-日本石油-大洋。どうしても野球を続けたくて新人テストを受けて採用。全国野球振興会、日本プロ野球選手会公認技術指導員。 <昭和54年秋季中央地区大会秋田商登録選手> [投]○安保浩幸(2、八幡平)、[捕]薄田勝也(2、五里合)、[一]熊谷和秋(2、秋田南)、[二]高橋徳之(2、土崎)、[三]長坂博行(1、城南)、[遊]藤原順(1、秋田北)、[左]畠山哲人(2、二ツ井)、[中]佐藤康二(2、外旭川)、[右]三浦英美(2、船川)、山内英雄 (2、秋田南)、高山郁夫(2、花岡)、後藤直哉(1、刈和野)、鳴海一元(2、八郎潟)、遠藤正人(2、井川)、森川順一(2、秋田西)、土岐一洋(1、秋田西)、七尾光昭(2「、二ツ井)、[部]登利谷重郎、[監]三浦第三、[記]佐藤悦朗 (2、潟西)。

秋田県高校野球ライバル物語/昭和59年 秋商-秋高 定期戦 菅原一夫-菅原文夫

昭和59年4月14日の秋田商-秋田高定期戦(OB戦)で兄弟選手が活躍、兄の秋田商菅原一夫選手(山王)と弟の秋田高菅原文夫選手(山王)。一夫選手は昭和54年、主将、三塁手として甲子園出場し、対広島商戦で三塁打、今春駒澤大学を卒業して母校秋田商のコーチ ※ 就任。秋田市役所野球部※ に籍を置く弟の文夫選手は、定期戦でも中前打放つ活躍。興味深いのは、兄 / 秋田商田口淳選手(下浜)と弟 / 田口康(下浜)選手も菅原兄弟と同じパターン。※ 肩書は当時

mark<昭和54年春 秋田商登録選手> [投]籾山詩男(3、船川)、[捕]佐藤文信(3、山王)、[一]熊谷和秋(2、秋田南)、[二]佐藤義己(3、船川)、[三]○菅原一夫(3、山王)、[遊]横山幸悦(3、秋田西)、[左]畠山哲人(2、二ツ井)、[中]佐藤康二(2、外旭川)、[右]近藤幸彦(2、鷹巣)、安保浩幸(2、八幡平)、高山郁夫(2、花岡)、薄田勝也(2、五里合)、森川順一(2、秋田西)、鎌田義幸(2、男鹿東)、高橋徳之(2、土崎)、三浦英美(2、船川)、七尾光昭(2、二ツ井)、小山大(3、羽城)、田口淳(3、下浜)、近藤博(3、琴丘)、[責]登利谷重郎、[監]三浦第三、[記]湊雅彦。<昭和56年春 秋田高登録選手> [投]石井浩郎(2、八郎潟)、[捕]鈴木彰(3、秋田北)、[一]伊保谷徹(1、山王)、[二]高橋誠(2、秋田西)、[三]三浦純也(2、秋田西)、[遊]○猿田和三(3、豊岩)、[左]住吉浩鹿(2、秋田西)、[中]稲垣寿(3、秋田西)、453684a7-s[右]菅原謙二(2、羽城)、天野清美(3、秋田東)、石井浩次(3、雄和)、佐々木誠(2、羽城)、立花俊幸(1、城東)、小野武紀(3、土崎)、伊藤元(2、秋田南)、浅野英樹(3、五城目一)、菅原文夫(3、山王)、[責]竹内一朔、[監]大久保正樹、[記]沢田石辰美(3、五城目一)。<昭和59年春 秋田高登録選手> [投]菅野淳(3、秋田西)、[捕]栗山英(3、五城目一)、[一]中田善英(3、潟西)、[二]鷲谷衛(3、井川)、[三]加賀谷隆之(3、天王)、[遊]○鈴木亮(3、羽城)、[左]中島一人(3、秋田西)、[中]工藤衛(2、大正寺)、[右]佐々木真樹(3、秋田西)、田口康(3、下浜)、太田政直(2、城東)、米谷友(2、天王)、高砂明(2、秋田北)、小林勇人(1、城東)、加藤明(1、五城目一)、渡部純(3、秋田北)、高田環樹(1、土崎)、[責]竹内一朔、[監]大久保正樹、[記]金谷仁(3、外旭川)。

平成25年12月6日 / 明桜野球部監督 三浦第三氏(73、秋田商)自宅で死去

miurad<2013.12.12> 高山郁夫オリックス投手コーチが弔辞。<2013.12.08> 三浦第三監督から指導を受けた明桜高校3年生20人が弔問。 明桜高校野球部監督三浦第三氏(専修大-秋田商)が2013(平成25年)12月6日午後11時秋田市新屋の自宅で死去、73歳。葬儀は12月11日午前11時から秋田市泉ベルコシティホール秋田。秋田商3年の昭和33年中堅手で甲子園大会出場、徳島商板東英二投手からその試合でチーム唯一の安打を放った。秋田商監督時代の昭和54年夏、55年春夏3季連続で甲子園出場、大館商、大曲農監督歴任。定年退職後、秋田経法大(現ノースアジア大)硬式野球部監督を経て平成23年から明桜監督。平成18年日本高野連育成功労賞受賞。厳しい指導法でも知られ、高山郁夫投手、DeNA育成1位砂田毅樹投手等多数の選手を育てる。

1994(平成6年)スタート 秋田県アマチュア野球選手権(高校選抜交流試合)

- 白組 / 三浦第三監督 (53) ・ 紅組 / 小野巧監督 (39) -
414daf4d

日本高野連 「2011育成功労賞」 秋田県から元秋田県高野連会長 津谷正俊氏。

ikusオリックス新監督に中嶋聡監督代行(51)、鷹巣農林時代の監督 津谷正俊さん(73)は「まさか自分が関わった選手がプロの監督になるとは夢にも思わなかった。誇りに央思うし、感動した」高校時代にバッテリーを組んだ庄司和哉さんは「代行が取れてより重責を担うことになるが、ぜひ1年を通して務め上げてほしい」。<2018.9.25>花館クラブ石川堅治監督(元大曲農野球部監督)平成30年第40回秋田県500歳野球大会を目前に控えた9月14日急逝。【2011.7.14】日本高野連は、野球部の責任教師や監督として指導、育成に通算20年以上にわたり貢献した 「育成功労賞」 の平成23年度の表彰者49人を発表。秋田県からは元秋田県高野連会長 (平成17年4月から2年間) 津谷正俊氏 (元鷹巣農林監督) が選ばれた。教え子に現日本ハム中嶋聡コーチ兼任捕手[秋田県高野連表彰監督] 熊谷隆益氏(秋田商校長として甲子園出場、横手高監督時代の教え子に竹林宏NHKスポーツアナウンサー。[秋田県高野連表彰審判員] 加賀光也、塚本康次、菅原一樹、佐藤敏弘の各氏。【2010.7.15】日本高野連は、高校野球の育成と指導に永年従事し顕著な功労があった指導者を表彰する 「育成功労賞」 の受賞者を決定し、秋田県からは佐々信雄氏が受賞。同氏は、横手高から日本体育大学進学 (担当教科保健体育)、長く増田監督を務め (平成2年まで)、平成4年の湯沢を挟んで平成6年から平成15年まで横手工で野球部の指導にあたる。平成8、9年当時、御子息佐々仁監督 (雄物川) との親子監督で度々マスコミで紹介。[秋田県高野連表彰監督] 石川堅治氏は今年大曲農退職。[秋田県高野連表彰審判員] 柴田仁志、松田耕治、佐藤奥之、小田長久喜、伊藤雄二、藤原秀樹、佐藤恒の各氏。【2007.6.15】日本高野連は、「育成功労賞」 48人発表。秋田県からは旧秋田市立 (現秋田中央) を3度の甲子園に導いた塚田丈也氏 (63) が選ばれた。同賞は野球部で20年以上指導し、育成と発展に功績のあった部長や監督を表彰する。【2006.7.13】 高校野球選手の指導に尽くした人に日本高校野球連盟と朝日新聞社が贈る平成18年度の育成功労賞に秋田経法大監督 三浦第三氏(65、大館商、秋田商、大曲農監督)が選ばれた。

オリックス 高山郁夫投手コーチ(秋田商-花岡)と高校で同期 佐藤悦朗審判員

etsu佐藤悦朗審判員 NHK秋田ニュースこまちで近況紹介。<2017.5.7> 佐藤悦朗審判員 BALL PARK AKITA で紹介 <昭和55年選抜ベスト8 夏3回戦進出秋田商の主務>。【2013.10.29】前ソフトバンク高山郁夫コーチ(51、秋田商-花岡)が来季オリックス投手コーチに就任することが2013(平成25年)10月28日に分かった。西本聖投手兼バッテリーコーチ(57)は2軍育成担当に配置転換。<昭和55年春 秋田商 登録選手> ○安保浩幸(3、八幡平)、薄田勝也(3、五里合)、熊谷和秋(3、秋田南)、高橋徳之(3、土崎)、鳴海一元(八郎潟)、藤原順(2、秋田北)、畠山哲人(3、二ツ井)、佐藤康二(3、外旭川)、三浦英美(3、船川)、今野勝(2、協和)、高山郁夫(3、花岡)、森川順一(3、秋田西)、後藤直哉(2、刈和野)、長坂博行(2、城南)、榎仁司(2、城南)、菅原浩美(2、城南)、土岐一洋(2、秋田西)、[部]登利谷重郎、[監]三浦第三、[記]佐藤悦朗(3、潟西)。<昭和54年秋季中央地区大会秋田商登録選手> [投]○安保浩幸(2、八幡平)、[捕]薄田勝也(2、五里合)、[一]熊谷和秋(2、秋田南)、[二]高橋徳之(2、土崎)、[三]長坂博行(1、城南)、[遊]藤原順(1、秋田北)、[左]畠山哲人(2、二ツ井)、[中]佐藤康二(2、外旭川)、[右]三浦英美(2、船川)、山内英雄 (2、秋田南)、高山郁夫(2、花岡)、後藤直哉(1、刈和野)、鳴海一元(2、八郎潟)、遠藤正人(2、井川)、森川順一(2、秋田西)、土岐一洋(1、秋田西)、七尾光昭(2「、二ツ井)、[部]登利谷重郎、[監]三浦第三、[記]佐藤悦朗 (2、潟西)。

NHKラジオ中継/2013平成25年第65回秋季東北地区高校野球秋田県大会

c59fc6e8-s2020令和2年5月13日開催の株式会社秋田銀行取締役会で進藤進氏(54)執行役員就任内定。・NHKラジオ中継 / 第65回秋季東北地区高校野球秋田県大会 第3代表決定戦 大曲-秋田中央、 決勝 大曲工-角館(こまちスタジアム)、<解説> 進藤 進 元秋田銀行監督、<アナウンサー> 渡辺健太、酒井良彦。<昭和58年夏秋田商登録選手> [投]渡部 浩(3、羽城)、[捕]奥村貢(3、大館一)、[一]藤井利典(3、大曲)、[二]○ 進藤 進(3、右/右、171/68、秋田北)、[三]小熊清勝(3、城南)、[遊]戸嶋浩治(3、払戸)、[左]小林 悟(3、二ツ井)、[中]武藤勇人(3、大曲)、[右]工藤智之(3、秋田西)、柴田 豊(3、下浜)、戸嶋 治(3、大曲)、藤田公昭(2、土崎)、鎌田直人(2、羽城)、高島和裕(2、秋田西)、籾山健二(2、羽城)、佐藤猛広(3、秋田北)、佐藤利幸(1、稲川)、[責]佐藤忠美(47)、[監]三浦第三(43)。

2014.1.10/巨人編成調査室 水沢薫元投手(秋田商-秋田北)都内の病院で死去。

mizusawmizusawa【2014.1.16】巨人職員だった水沢薫氏の通夜が2014(平成26年)1月16日新横浜総合斎場で。巨人原監督が球団を通してコメント(全文)。 「水沢君は厳しい闘病生活の中で、必ず復帰するという希望を持って頑張ってきていました。急な訃報を聞き、残念でなりません。よい友であり、戦友でした。思い出をたくさん作ってくれました。ご冥福をお祈り申し上げます」。【2014.1.10】元巨人軍投手で、球団の編成調査室職員を務めていた水沢薫氏(48、河合楽器-秋田商-秋田北)が、2014年(平成26年)1月10日午前0時22分、肝不全のため都内の病院で死去。水沢投手は1965年2月18日生まれ、秋田市出身、1986年ドラフト2位で巨人に入団。1992年に現役を引退後、1995年から2006年まで巨人のトレーニングコーチを務めた。その後ジャイアンツアカデミーのコーチを経て、2008年から運営部1軍監督付となり、原監督のサポートに尽力。世界一となった2009年のWBCにも帯同。秋田県人らしい温厚で誠実な人柄で、原監督からの信頼が厚く、選手・関係者からも同様に慕われていたが、体調が優れないこともあり2013年に現場を離れていた。<昭和57年夏秋田商登録選手> [投]戸嶋治(2、大曲)、[捕]○高橋明(3、羽城)、[一]藤井利典(2、大曲)、[二]進藤進(2、秋田北)、[三]河村清春(3、城南)、[遊]杉山信哉(3、二ツ井)、[左]鎌田勝(3、羽城)、[中]武藤勇人(2、大曲)、[右]今喜寿仁(3、平和)、水沢薫(3、右右、181/75、秋田北)、佐藤猛広(2、秋田北)、戸嶋浩治(2、払戸)、粟津敦(2、大曲南)、三浦敏雄(3、船川)、久米義人(3、鳳)、工藤智之(2、秋田西)、[責]登利谷重郎(54)、[監]三浦第三(41)。

平成25年熱球通信期待選手 / 明桜 砂田毅樹投手(3、札幌伏見)→横浜DeNA。

bbdc0196砂田毅樹投手 (24) が電撃結婚、お相手はミス・ユニバース大阪大会で準グランプリに輝いたことがあり、現在社長秘書を務める葵さん(25)。交際3カ月のスピードで、9月20日に婚姻届提出。【2015.7.08】今季、育成から支配下登録されたDeNA先発の砂田毅樹投手(明桜-札幌伏見)が5回を無失点に抑え、4試合目で記念すべきプロ初勝利。【2013.11.23】DeNAは11月22日、横浜市内で新人7選手の入団発表会。全員が色紙に2文字でルーキーイヤーのテーマを書き決意表明。育成1位砂田毅樹投手(18、明桜)=「努力」、自分がベイスターズの柱となれるように努力していきたい。【2013.11.08】平成25年10月24日のプロ野球ドラフト会議で、DeNAベイスターズから育成1位で指名された明桜砂田毅樹投手(18)が11月7日、秋田市のホテルで球団と仮契約。メディカルチェックなどを経て22日に本契約、入団発表。【2013.7.17】第95回全国高校野球秋田大会プロ注目のMAX144キロ左腕砂田が六郷戦に先発し、7回2安打無失点、13三振を奪う力投。ネット裏では日本ハムと中日のスカウトが熱視線、中日山本スカウトは 「投げる時に(左足で)間が取れるようになり、抜けるボールやひっかかりがなくなった<平成23年秋 明桜高校登録選手> [投]○船木悠人(2、太平)、[捕]船木拓也(2、山王)、[一]佐々木聖也(2、河辺)、[二]籾山友樹(1、男鹿南)、[三]本山勝己(2、天王)、[遊]佐貫大知(1、協和)、[左]西田拓未(2、越谷栄進)、[中]岩間大和(2、桜)、[右]岡田敏樹(1、札幌大谷)、伊藤一磨(2、潟西)、砂田毅樹(1、札幌伏見)、伊東和弥(2、秋田東)、青山大樹(2、上新城)、高橋卓也(2、越谷南)、黒沢航大(2、雄物川)、木村辰也(1、土崎)、伊藤翼(1、協和)、佐藤雄馬(1、仁賀保)、加藤龍哉(2、秋田南)、近間侑平(2、将軍野)、[責]近江恒史、[監]三浦第三、[記]佐々木真澄、小南悠貴。

秋田県野球人名録 / 田中英則 (秋田県と山形県の高校野球発展に多大な功績)。

tsuruoka令和元年春季東北地区高校野球大会 準決勝 明桜 (旧 秋田経法大付)-鶴岡東 (旧 鶴商学園)。【2016.1.14】平成23年夏甲子園出場 鶴岡東(鶴商学園-鶴岡商)野球部の監督を長年務めた田中英則氏が、8月12日の甲子園初戦対智弁戦を控えた2011(平成23年)8月8日、鶴岡市内の病院で急性循環不全のため死去、64歳。恩師の訃報を受けた鶴岡東佐藤俊監督は、号泣しながら 「田中先生のために校歌を」 とナインに訴え、試合後  「今日のプレーを天国から見ていてくれたと思う。これを新しい歴史にしたい」  とコメント。田中英則監督は、秋田県大館市出身で大館工から立正大に進学、卒業後の1970(昭和45年)に社会科教諭として赴任。同時に野球部監督に就任し、1978 (昭和53年) 夏選手権、1979 (昭和54年) 春センバツに君島厚志投手 (秋田田代中) を擁して甲子園に出場。79年春センバツ大会では天理に勝利し、池田に敗退。1981 (昭和56年) 夏選手権にも甲子園出場を果たし1991 (平成3年) に監督を退任。甲子園初出場時は、人口10万人の城下町からの初めての甲子園出場で 「鶴岡市はおおいに沸いた」 と新聞報道。監督在任中は、三浦第三監督や嶋崎久美監督などと積極的に交流を図り、秋田県と山形県の高校野球発展の架け橋のさきがけとなった。<以下余談> 県南大曲の花館中出身の三浦第三選手と県北大館の大館一中出身の石戸四六選手は 「館」 つながりで秋田商時代から懇意。石戸投手が秋田商入学時の主戦は佐々木吉郎投手。

昭和30年代 (昭和30年~39年) 夏甲子園大会出場秋田県勢校ベンチ登録選手。

natu<昭和39年、秋田工>[責]安藤晃、[監]伊東俊穂、[投]三浦健二、[捕]鎌田賢一、[一]鈴木達男、[二]横山通、[三]佐々木昇、[遊]大友良雄、[左]柴田一男、[中]田口達也、[右]松田義顕、二田昇、千葉新一、鈴木隆、佐藤逸郎、保泉利悦。<昭和38年、能代>[責]小笠原恒太郎、[監]太田久、[投]簾内政雄、[捕]谷内五郎、[一]渡辺節朗、[二]山田勤、[三]菊谷良己、[遊]中田満、[左]武田弘二、[中]田村進、[右]岩井聡、小林敬一、畠山洪喜、佐々木幸綱、宮腰信也、大谷敏禎。<昭和36年、秋田商>[責]後藤正男、[監]古城敏雄、[投]今川敬三、[捕]保坂栄、[一]栗橋五郎、[二]鈴木義光、[三]谷真克、[遊]高橋洋之、[左]藤原正己、[中]川村誠、[右]堀井喜一郎、吉田仲介、田中杲、上村雄悦、木山義弘、佐々木元。<昭和35年、秋田商>[責]後藤正男、[監]古城敏雄、[投]今川敬三、[捕]成田光弘、[一]栗橋五郎、[二]鈴木弘、[三]谷真克、[遊]庄司裕男、[左]藤原正己、[中]池田正元[右]熊谷真人、長岐博司、保坂栄、川村誠、帯隆一、小林登。<昭和33年、秋田商>[責]後藤正男、[監]古城敏雄、[投]石戸四六、[捕]渡部勇造、[一]加賀谷勝美、[二]鈴木康雄、[三]熊谷欽也、[遊]長谷川光佑、[左]加賀谷一夫、[中]三浦第三、[右]金正二郎、鈴木弘、二田勇、成田光弘、石川光男、丹野満夫。<昭和31年、秋田>[責]桜谷吾朗、[監]山谷喜志夫、[投]伊藤俊成、[捕]男鹿谷和美、[一]荻原馨、[二]佐藤紀男、[三]渡辺順治、[遊]熊谷光太郎、[左]北条浩好[、中]中川満、[右]佐藤順明、佐々木信夫、田中勝之、高橋光雄、桜庭直秋、沼田昭一。

平成24年度 私立明桜高校野球部3年生登録選手(6月末現在、熱球通信把握分)。

meiou<3年生> 黒沢航大(雄物川)、嶋崎大介(五城目一)、藤原侑世(天王)、伊藤衛斗(外旭川)、菊地結太、佐藤大志、佐藤航平(天王南)、近間侑平(将軍野)、斎藤渉太(土崎)、小南悠貴(城東)、○船木悠人(太平)、大野星哉(天王)、佐々木聖也(河辺)、本山勝己(天王)、西田拓未(越谷栄進)、岩間大和(桜)、加藤龍哉(秋田南)、櫻庭優大(天王)、伊東和弥(秋田東)、船木拓也(山王)、門脇和穂(西明寺)、高橋卓也(越谷南)、阿部祥大(大館東)、伊藤一磨(潟西)、青山大樹(上新城))、佐々木真澄(外旭川)、<監督> 三浦第三、<責任教師> 近江恒史。<校訓> 「努力は人を作る」「熱と闘志で最善を行く」。

BALL PARK AKITA 秋田元気野球人紹介 / 工藤智之選手 (秋田商-秋田西)。

mark<昭和58年夏秋田商登録選手> [投]渡部浩(3、羽城)、[捕]奥村貢(3、大館一)、[一]藤井利典(3、大曲)、[二]○進藤進(3、右右、171/68、秋田北)、[三]小熊清勝(3、城南)、[遊]戸嶋浩治(3、払戸)、[左]小林悟(3、二ツ井)、[中]武藤勇人(3、大曲)、[右]工藤智之(3、秋田西)、柴田豊(3、下浜)、戸嶋治(3、大曲)、藤田公昭(2、土崎)、鎌田直人(2、羽城)、高島和裕(2、秋田西)、籾山健二(2、羽城)、佐藤猛広(3、秋田北)、佐藤利幸(1、稲川)、[責]佐藤忠美(47)、[監]三浦第三(43) 。<昭和57年夏 秋田商 登録選手> [投]戸嶋治(2、大曲)、[捕]○高橋明(3、羽城)、[一]藤井利典(2、大曲)、[二]進藤進(2、秋田北)、[三]河村清春(3、城南)、[遊]杉山信哉(3、二ツ井)、[左]鎌田勝(3、羽城)、[中]武藤勇人(2、大曲)、[右]今喜寿仁(3、平和)、水沢薫(3、右右、秋田北)、佐藤猛広(2、秋田北)、戸嶋浩治(2、払戸)、粟津敦(2、大曲南)、三浦敏雄(3、船川)、久米義人(3、鳳)、工藤智之(2、秋田西)、[責]登利谷重郎、[監]三浦第三。

2012(平成24年) 秋季中央地区高校野球大会登録選手 <1> 遠藤幹太選手。

en守備と走塁のスペシャリスト東京学芸大 遠藤幹太選手(秋田-下浜)。https://twitter.com/tokyogakugeiba1 <秋田中央> [投]青山祥(2、八郎潟)、[捕]宇佐美太久(2、秋田北)、[一]伊藤晃士(2、秋田東)、[二]○畠山達己(2、勝平)、[三]安田勝哉(2、秋田北)、[遊]工藤真(2、泉)、[左]鎌田朋芳(2、土崎)、[中]奈良省吾(2、秋田北)、[右]原田晃大(2、酒田三)、田口剣(1、勝平)、奈良健太郎(2、秋田北)、坂谷賢生(1、秋田北)、佐田陵平(1、秋田北)、熊谷涼佑(2、御所野学院)、景山康平(1、井川)、高島将都(1、秋田西)、納屋昌也(2、下浜)、今野圭佑(2、天王)、渡部勇貴(1、秋田北)、山内康太郎(1、男鹿東)、[責]工藤雅文、[監]桑原康成、[記]松渕将成(2、城東)。<金足農> [投]木場涼佑(2、桜)、[捕]佐々木広夢(2、太平)、[一]高橋良太(2、泉)、[二]北嶋武徳(2、八郎潟)、[三]照井康太(2、仙南)、[遊]石田光輔(2、御野場)、[左]田村開(2、太平)、[中]○高橋亮太(2、御野場)、[右]柴田龍志(2、五城目一)、三浦陽平(2、太平)、佐々木大地(1、南外)、佐々木泰知(2、天王南)、加藤天斗(2、藤里)、斎藤航平(2、井川)、水沢瑞貴(2、秋田北)、小沼直也(2、城南)、村上健(2、大潟)、岩谷俊(1、八竜)、大山光平(1、秋田東)、三浦圭介(2、八竜)、[責]近江広和、[監]嵯峨育生、[記]金子周介。<秋田> [投]高桑拓海(1、男鹿東)、[捕]高山純一(2、土崎)、[一]工藤千河(2、飯島)、[二]進藤光佑(1、桜)、[三]三浦祐太郎(1、井川)、[遊]田中材(2、飯島)、[左]寺田智成(1、山王)、[中]○鈴木拓海(2、秋田南)、[右]黒澤浩太(1、桜)、佐々木崇伊(2、河辺)、伊藤圭吾(1、城東)、武田悠史(2、平鹿)、栁谷直太(1、城東)、遠藤幹太(1、下浜)、高橋男(1、稲川)、武田航汰(1、八郎潟)、星野大地(1、山王)、佐々木智紀(1、秋田西)、福井怜皇(2、桜)、村山藤紀(1、秋田東)、[責]山田晋、[監]佐藤幸彦、[記]加賀智大、渡部健太郎。<明桜> [投]砂田毅樹(2、札幌伏見)、[捕]村岡翔也(2、泉)、[一]伊藤翼(2、協和)、[二]柴田義生(2、能代東)、[三]石神颯太(2、平泉)、[遊]佐貫大知(2、協和)、[左]加藤広大(2、男鹿南)、[中]佐々木謙太(2、西明寺)、[右]武藤康充(2、協和)、佐藤雄馬(2、仁賀保)、渡邊光一(2、飯島)、沓澤航平(1、稲川)、佐々木泰人(1、山王)、○大井航(2、男鹿北)、長沢直弥(2、土崎)、池田竜一(2、勝平)、冨樫翼(1、秋大付)、柳沢宜胤(1、十和田)、岡田敏樹(2、札幌大谷)、木村辰也(2、土崎)、[責]近江恒史、[監]三浦第三、[記]佐々木大輔、佐々木翼。

秋田市立秋田商業高校硬式野球部 歴代監督 (野球部創部80周年記念誌参考)。

mark・大正11年~大正13年 根本行都、大正14年~昭和3年 鈴木信、昭和4年 渡辺泰太郎、昭和5年 松倉健三、昭和6年~昭和9年 三浦金治、昭和10年~昭和11年 南与四郎、昭和12年 森川弥春、昭和13年~昭和15年、昭和21年 辻長哲郎、昭和22年 鎌田一男、昭和23年 高橋和三郎、昭和24年~昭和25年 芳賀堅之助、昭和26年~昭和27年 滝沢和夫、昭和28年~昭和30年 赤根谷飛雄太郎昭和31年 佐川吉十郎、昭和32年~昭和38年 古城敏雄、昭和39年~昭和40年 長谷川光佑、昭和41年 金谷貞太郎、昭和42年~昭和50年 今川敬三、昭和51年~昭和52年 加藤肇、昭和53年~昭和59年 三浦第三、昭和60年~昭和63年 菅原一夫、平成元年~平成6年 三浦第三、平成7年~平成20年 小野平、平成21年~ 太田直。

月刊「エークラス」より 株式会社松紀 佐藤文信代表取締役、秋田商で甲子園出場。

satou400mark昭和54年春秋田商登録選手、 [投]籾山詩男(3、船川)、[捕]佐藤文信(3、専修大、山王)、[一]熊谷和秋(2、秋田南)、[二]佐藤義己(3、船川)、[三]○菅原一夫(3、山王)、[遊]横山幸悦(3、秋田西)、[左]畠山哲人(2、二ツ井)、[中]佐藤康二(2、外旭川)、[右]近藤幸彦(2、鷹巣)、安保浩幸(2、八幡平)、高山郁夫(2、花岡)、薄田勝也(2、五里合)、森川順一(2、秋田西)、鎌田義幸(2、男鹿東)、高橋徳之(2、土崎)、三浦英美(2、船川)、七尾光昭(2、二ツ井)、小山大(3、羽城)、田口淳(3、下浜)、近藤博(3、琴丘)、[部]登利谷重郎、[監]三浦第三、[記]湊雅彦。

1977(昭和52年)春 県立秋田高校-市立秋田商業高校 定期戦(秋田県立球場)。

koiBALL PARK AKITAで古家浩一選手紹介  <田代中、秋田商、秋田鉄道管理局、JR東日本東北で豪打の捕手、内野手として活躍、JR秋田では監督>)。秋田商OB> [監督]長谷川礼治、[助監督]赤沼修太郎、[マネジャー]大森義昭、[選手]○塩谷鴻治、三平晴樹、中泉孝一、石塚嗣巳、藤原直博、加藤肇、長岩武弘、齋藤政雄、鈴木和夫、上野哲男、加賀谷勝美、長谷川光佑、石山英夫、加賀谷貴男、田中巧、三浦第三、佐川欽也、川村誠、齋藤隆憲、田中浩。<秋田商現役> 横山真司(3、秋田西)、石黒日芳(3、秋田西)、森田憲正(3、二ツ井)、堀井政志(3、秋田西)、加藤浩(2、秋田西)、○高桑仁(3、船川)、児玉公正(3、琴丘)、渡辺進(3、土崎)、高橋秀孝(3、土崎)、河辺宏文(2、秋田東)、柏木一彦(2、船川)、古家浩一(2、田代)、桜庭仁(2、八郎潟)、大和康範(3、横手南)、金孝博(2、協和)、鎌田満(2、秋田東)、渡部隆之(3)、出口肇(3)、保坂征勇(2、秋田北)、佐々木和彦(2、天王)、[責]佐藤正吾、[監]加藤肇、[記]猿田学(3、秋田西)。<秋田高OB> [監督]菅原広悦、[選手]○渡辺健一、川原聖一、小野巧、小林潔、牧野強、角崎敏雄、一ノ関房雄、佐々木文博、佐々木邦夫、高橋広之、大門惇、佐藤博英、伊藤博文、工藤茂丸、大野啓治、齋藤幸夫、佐藤当、山谷勝志、守田正、庄司智一。<秋田高現役> ○高山良一(3、秋田東)、齋藤頼太郎(2、大曲)、下田学(3、山王)、小玉正志(2、五城目一)、佐々木雅文(2、秋田東)、三平久孝(3、協和)、大友光喜(3、下浜)、若狭良博(3、秋田東)、齋藤正直(2、山王)、佐々木亨(3、五城目一)、寺山広紹(3、秋田南)、川口豊和(3、八郎潟)、関寛(2、河辺)、石塚浩哉(2、城南)、佐藤良(2、外旭川)、村越勇(2、下北手)、北嶋博憲(2、八郎潟)、加藤一則(2、男鹿東)、鎌田雅人(2、羽城)、田口良実(2、山王)、[責]藤田幸雄、[監]大久保正樹、[記]高橋信一(2、秋田西)。

<復活!熱球通信高校野球OBリレートーク/40>籾山健二選手(秋田商-羽城)。

momiQ1.国内外のプロ野球で好きな球団と選手名 / 球団→広島選手→落合博満。Q2.野球を始めた時の最初のポジションは / 投手。Q3.秋田商への進学を決めた理由 / 甲子園出場。Q4.今迄で一番怖く感じたこと / 高校1年の練習。Q5.今迄で一番長く感じたこと / 日々の練習。Q6.今迄で一番緊張した時 / 高校のピッチング練習。Q7.やり残していることがあったら / いっぱい。Q8.好きな食べ物 / 白米。Q9.嫌いな食べ物 / そば。Q10.球技以外の趣味 / ぼーっとしてること。Q11.好きなタレント / 中島みゆき。Q12.信条・座右の銘 / 謙虚。Q13.夏の大会の思い出 / 必死。Q14.野球をしてきて今日役立っていること / 。Q15.最近での一番の出来事は / 現役引退。Q16.よく行くラーメン屋さんや推奨するお店があったら / 三宝亭。Q17.現在、高校野球で頑張っている後輩に一言 / ケガのないように。Q18.今年の目標 / 世の中の邪魔にならないように。Q19.アンケートをリレーしてくれる選手の紹介とその理由 / 三浦浩さん同じ年の秋田工の投手)。<昭和59年夏 秋田商 登録選手> 籾山健二(3、右右、175/69、羽城)、藤田公昭(3、土崎)、佐藤利幸(2、稲川)、斎藤裕之(3、秋田西)、○鎌田直人(3、羽城)、奈良亮(2、城南)、石川武(2、秋田西)、高島和裕(3、秋田西)、岡村利彦(2、上小阿仁)、樋渡真一(2、秋大付)、杉本一男(2、五里合)、小日山正(2、本荘北)、斉藤仁(1、大正寺)、佐々木大(3、大曲)、高橋秀典(2、本荘北)、林泰治(2、生保内)、三喜広幸(3、能代二)、[責]佐藤忠美(48)、[監]三浦第三(44)。

・本荘由利/ 吉野恵次監督(本荘-本荘北) ・秋田北/ 三浦 大監督(秋田商-城南)。

miuyosiyosi第3回マツダボール旗争奪秋田県支部大会の様子は 『 野球場に突撃!! 』 で紹介 <昭和61年夏 本荘高 登録選手> [投]阿部光(2、象潟)、[捕]石垣和寿(2、出羽)、[一]牧野博明(2、本荘南)、[二]佐藤寿(3、仁賀保)、[三]武内隆之(2、矢島)、[遊]今耕(3、本荘南)、[左]吉野恵次(3、右左、本荘北)、[中]藤谷順一(3、本荘北)、[右]横山裕(3、本荘南)、佐々木俊之(3、本荘北)、村上淳(2、直根)、二木茂希(3、直根)、今野薫(3、仁賀保)、高橋宏明(2、本荘北)、雨谷康尋(2、金浦)、佐藤重一(1、釜ケ台)、加藤英明(1、象潟)、[部]佐々木勉、[監]今野忠良。<平成元年夏 秋田商 登録選手> [投]三浦大(3、左左、176/66城南)、[捕]佐藤奉幸(2、城南)、[一]高橋太(2、大曲)、[二]三浦一則(3、男鹿中)、[三]○古野邦明(3、協和)、[遊]児玉武志(2、勝平)、[左]安田勇樹(2、協和)、[中]阿部孝明(3、五城目一)、[右]河村昭紀(3、下北手)、三浦勝義(2、秋田東)、近藤勉(3、山王)、進藤裕之(3、秋田南)、三浦秀己(2、秋田南)、児玉浩(3、城南)、鈴木健作(2、秋田南)、小野慎一(3、外旭川)、鎌田晃(3、山王)、[部]浅利吉晴、[監]三浦第三。

大館商、秋田相互銀行、あけぼの銀行で強肩強打の捕手として活躍 渡辺博之選手。

11紹介記事 / BALL PARK AKITA < 強肩強打 渡辺博之選手 >。<昭和51年春季秋田県選抜大会 大館商 登録選手>[投]阿部朗(3、大館一)、[捕]渡辺博之(2、大館東)、[一]米沢博志(3、大館一)、[二]平川義信(3、大館一)、[三]畠山正彦(2、大館二)、[遊]成田寛義(3、花岡)、[左]山内義輝(3、大館東)、[中]○石垣寿也(3、上川沿)、[右]妻野一弥(3、大館一)、成田識行(2、合川)、千葉正則(2、鷹巣)、因幡亨(3、大館一)、菅原宏(1、大館一)、一関茂(1、田代)、富樫英則(2、大館南)、塙克彦(3、矢立)、佐藤直之(2、大館一)、[部]森岡昭、[監]三浦第三、[記]田村大。<昭和49年夏秋田県大会 大館東中 登録選手> [投]田中均、[捕]渡辺博之、[一]佐々木宰、[二]佐藤正紀、[三]藤垣順悦、[遊]山内正明、[左]近藤幸雄、[中]荒谷智美、[右]近藤一弥、虻川大治、山内満。

迷走続く学校法人ノースアジア大学 大学&高校監督人事 異例の野球部監督公募。

meiかかる状況下で果たして優秀な人材の応募があるか注目。理事長・学長 / 小泉健(弁護士)。平成23年に監督に就任した三浦第三氏が在任中の平成25年12月に亡くなり、翌年3月に阪急・阪神でプレーしたプロ野球経験者の八木茂氏が就任。平成27年選手権秋田大会後にPL学園出身の阪川英次氏に交代。今年7月には阪川氏が上席コーチに転任し、部長の西野新太郎氏が監督に就任(夏の選手権秋田大会直前の異例の監督交代人事)。今年夏は県3回戦敗退、秋は県大会1回戦で敗退。

平成23年度 私立明桜高校野球部3年生登録選手(6月現在、熱球通信把握分)。

meiou佐藤健太投手(横浜商科大)、社会人野球JR東日本入社予定<平成23年度 私立明桜高校野球部 3年生登録選手>○佐藤健太(平鹿)、高貝博文(城東)、鈴木翔(御野場)、籾山拓磨(男鹿南)、須田佑太朗(御野場)、宇津野翔(本荘北)、石川壱成(御野場)、佐藤大樹(岩見三内)、太田浩司(城南)、北嶋駿(山王)、船木慎太郎(岩見三内)、相場一憲(秋田南)、嵯峨正健(山王)、<責任教師> 渡部法宏 <監督> 三浦第三。

2013(平成25年度) ノースアジア大付属明桜高等学校野球部3年生登録選手。

miuradaizou6月7日に育成から支配下登録された2年目左腕、砂田毅樹投手(19、明桜)が日本ハム打線を相手に5回1/3で84球を投げ、敗戦投手にはなったものの4回2死までノーヒットノーランの快投明桜高校野球部3年生登録選手> 大井航(男鹿東)、三浦瑠衣斗(男鹿東)、柿崎大地(桜)、三浦広夢(男鹿東)、木村辰也(土崎)、二田天治(城南)、砂田毅樹(札幌伏見)、伊藤翼(協和)、武藤康充(協和)、佐貫大知(協和)、石神颯太(平泉)、柴田義生(能代東)、籾山友樹(男鹿南)、加藤広大(男鹿南)、○越後谷羅威(田代)、佐藤雄馬(仁賀保)、村岡翔也(泉)、渡邊光一(飯島)、岡田敏樹(札幌大谷)、池田竜一(勝平)、長沢直弥(土崎)、佐々木翼(太平)、<責任教師> 近江恒史 <監督> 三浦第三、【校訓】 努力は人を作る、熱と闘志で最善を行く。

大曲工 “花火打線” に朗報 中邑一生外野手(2、右左、大曲西-内小友)全開宣言。

nakamura父真也選手も高校時代の守備位置は右翼。<スポーツ紙配信> 昨年秋は中2年時に抱えた腰のヘルニアに苦しみ公式戦49打数8安打、打率.163と低迷。東北大会後は治療を優先し、針やマッサージ、電気治療に加え体幹を強化した。体重を8kg増やしパワーアップした体でも 「今は痛みはない」 と不安はない。父・真也さんは大曲農野球部。だが弟の裕也さんが大曲工のエースとして06年春に同校県初優勝。中邑は同年夏にノーヒットノーラン達成も敗戦、、、、。<平成9年夏 大曲農 登録選手> [投] ○佐藤長亨(3、豊成)、[捕] 小松一樹(3、中仙)、[一]武蔵輝満(3、中仙)、[二] 草彅学(3、神代)、[三] 草彅伸樹(3、中仙)、[遊] 佐藤勝(3、大曲)、[左]佐々木健人(2、大曲)、[中] 金子賢(3、西仙北東)、[右] 中邑真也(3、右右、172/69、大曲西)、畠山浩之(2、大曲西)、 千葉崇(1、中仙)、三浦清人(2、大曲)、打川卓(2、大曲)、佐藤貴彦(3、大曲南)、斉藤博昭(3、仙北)、菅本勝彦(3、桧木内)、千葉栄和(2、豊成)、佐々木義明(2、大曲西)、[部] 石川堅治、[監] 三浦第三、[記]芳賀浩之(3、西明寺)。
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
サイト訪問実人数
  • 今日:
  • 昨日: