★ 備忘録 「熱球通信」 ・ 特定非営利活動法人秋田県野球フォーラム ★

「熱球通信」は特定非営利活動法人秋田県野球フォーラム会員有志による備忘録を兼ねた「秋田県野球」にこだわった私的ブログです。掲載している記録等については公式なものではありませんのでご注意願います。リンク等についてはオールフリーですので事前のメール等一切不要です。更新頻度は原則毎日の更新です。秋田県出身で県外に在住の方も念頭に更新していきますが、内容等一部については地元情報と時差が生じる場合があります。練習・親善試合の結果情報は原則掲載しません。また、コメント送信欄と掲示板については諸般の事情により対応していません。積極的な中学硬式野球・女子野球の紹介に努めています。

監督推移

日本高野連 「2011育成功労賞」 秋田県から元秋田県高野連会長 津谷正俊氏。

ikusオリックス新監督に中嶋聡監督代行(51)、鷹巣農林時代の監督 津谷正俊さん(73)は「まさか自分が関わった選手がプロの監督になるとは夢にも思わなかった。誇りに央思うし、感動した」高校時代にバッテリーを組んだ庄司和哉さんは「代行が取れてより重責を担うことになるが、ぜひ1年を通して務め上げてほしい」。<2018.9.25>花館クラブ石川堅治監督(元大曲農野球部監督)平成30年第40回秋田県500歳野球大会を目前に控えた9月14日急逝。【2011.7.14】日本高野連は、野球部の責任教師や監督として指導、育成に通算20年以上にわたり貢献した 「育成功労賞」 の平成23年度の表彰者49人を発表。秋田県からは元秋田県高野連会長 (平成17年4月から2年間) 津谷正俊氏 (元鷹巣農林監督) が選ばれた。教え子に現日本ハム中嶋聡コーチ兼任捕手[秋田県高野連表彰監督] 熊谷隆益氏(秋田商校長として甲子園出場、横手高監督時代の教え子に竹林宏NHKスポーツアナウンサー。[秋田県高野連表彰審判員] 加賀光也、塚本康次、菅原一樹、佐藤敏弘の各氏。【2010.7.15】日本高野連は、高校野球の育成と指導に永年従事し顕著な功労があった指導者を表彰する 「育成功労賞」 の受賞者を決定し、秋田県からは佐々信雄氏が受賞。同氏は、横手高から日本体育大学進学 (担当教科保健体育)、長く増田監督を務め (平成2年まで)、平成4年の湯沢を挟んで平成6年から平成15年まで横手工で野球部の指導にあたる。平成8、9年当時、御子息佐々仁監督 (雄物川) との親子監督で度々マスコミで紹介。[秋田県高野連表彰監督] 石川堅治氏は今年大曲農退職。[秋田県高野連表彰審判員] 柴田仁志、松田耕治、佐藤奥之、小田長久喜、伊藤雄二、藤原秀樹、佐藤恒の各氏。【2007.6.15】日本高野連は、「育成功労賞」 48人発表。秋田県からは旧秋田市立 (現秋田中央) を3度の甲子園に導いた塚田丈也氏 (63) が選ばれた。同賞は野球部で20年以上指導し、育成と発展に功績のあった部長や監督を表彰する。【2006.7.13】 高校野球選手の指導に尽くした人に日本高校野球連盟と朝日新聞社が贈る平成18年度の育成功労賞に秋田経法大監督 三浦第三氏(65、大館商、秋田商、大曲農監督)が選ばれた。

ヤクルト球団 尾花高夫氏(63、明桜野球部総監督・投手コーチ)招へいを検討

Scan10001ヤクルトが来季の2軍投手部門のコーチとして尾花高夫氏(63)=秋田・明桜高総監督兼投手コーチ=の招へいを検討。<2019.2.22> 学校法人ノースアジア大学は2月19日、系列高校の明桜の硬式野球部総監督に17年まで巨人投手コーチを務めた尾花高夫氏 (61) が2月18日付で就任したと発表。同日付でノースアジア大総合研究センター主任研究員にも就いた。尾花氏は和歌山県出身で、現役時代はヤクルトの投手として通算112勝をマーク。引退後は複数球団でコーチを務めた後、10~11年は横浜 (現DeNA) 監督を務めた。明桜は旧校名の秋田経法大付時代を含め、甲子園大会に春夏通算14度出場。89年夏にはベスト4に進出している。直近では17年夏に出場し、昨夏は秋田大会決勝で吉田輝星投手 (現日本ハム) を擁する金足農に敗れた。中心打者だった山口航輝外野手がロッテドラフト4位でプロ入りしている。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%BE%E8%8A%B1%E9%AB%98%E5%A4%AB

2020 令和2年度 秋田県野球協会公認野球審判員資格審査会 第1・2種合格者

f808fd27<1種> 長門将志門脇謙太安田拓海藤縄健金祐介、門間賢一、今博美小棚木保幸谷本淳飯沼秀一郎佐々木卓也三浦一成真坂裕工高橋啓伸鎌田博実鈴木正人伊藤将康渡辺陽輔佐藤正人鈴木真育佐々木隆太赤倉匠若畑翔大 (順不同)<2種> 野呂田中健斗鈴木武寿高橋巧平川統喜阿部貴之細川剛菊子太平良木裕菊地昭彦佐藤暢星貴俵大地菊池昌之武田匡弘成田裕一郎伊藤太雅田口剛佐々木剛佐々木徹高橋奎人渋谷大介中村隆一佐藤健太渡邊大輔佐藤博哉篠原正穏佐藤大作藤原哲恵草彅伸田村隆弘相馬諒 藤井健渡邊将樋野幸哉保坂明高屋慎吾大澤雅樹館山秀一小齋龍飛浅野直樹佐々木裕貴菊池友人千島迅勝佐々木弘一斎藤隆介杉森博光金正人工藤清徳藤原正樹相馬孝明成田竹宏山城寛幸日諸公樹桑原康成佐野太一高橋邦男高階聖人渡部純也芳賀真吾大鰐太陽関展寿、小野寺和也 (順不同)

2018朝日新聞バーチャル高校野球 / 私と高校野球 斉藤誠さん(秋田南-城南)

minamiまずは1981年10月13日です。2年生の秋の東北大会準決勝、勝てば春の選抜大会で甲子園でプレーできたのに、日大山形に4-10で敗れました。2回戦で仙台育英を5-1で破り、準決勝前日、日大山形の試合を仲間と観戦しました。「大したことない」 と感じ、序盤で引き揚げたため、その後日大山形が大量得点してコールド勝ちするのを見逃しました。準決勝では4-4の六回裏、大量6点を奪われます。一塁手だった私は、動揺して次々失策する仲間に声をかけて励ますことしかできませんでした。最後の打者は私。6点差に気持ちが切れ、凡フライに倒れました。前日の心構えがいかに大切かを学びました。もう一つは翌年の7月26日。3年生の夏の秋田大会準決勝で、守備の際に外野フェンスに激突し、左足のひざを粉砕骨折し、上の前歯を3本折りました。八橋球場での秋田商戦でした。0-1で迎えた五回表。1死二塁で相手打者の飛球が左翼線へ。左翼手となっていた私は球を捕ることしか頭になく、捕球した勢いでコンクリートむき出しのフェンスに体ごとぶつかりました。最後の記憶はグラブに収まる2メートルほど手前の球。次に目を開けたらグラウンドに横たわり、仲間や両親に囲まれていました。父が泣く顔を見たのはこの時が初めてです。そのまま救急車で病院へ運ばれ、1カ月以上入院しました。今から振り返れば、冷静な判断ができていなかったのだと思います。中軸の3番打者の私が欠ければ、チームには戦力ダウンです。試合は11分間の中断後に再開しましたが、投手が動揺したのかその回に追加点を奪われ、反撃もできず、0-3で敗れました。私は試合終了のサイレンも聞けず、試合後の現役最後のミーティングにも参加できず、いまだにすっきりできずにいます。当時の赤沼新二監督は秋田の監督時代に甲子園に出場し、経験豊かでした。我々の代で甲子園出場を果たせず、今の代まで 「甲子園未出場校」 の重圧を負わせています。申し訳ない気持ちです。卒業後は職を転々とし、34歳で飲食の道へ。6年前に秋田市山王に自分の店 「まこと」 を開きました。手打ちそばと秋田の地酒、ビートルズの音楽を楽しめます。カウンター隅の棚に、秋田県高野連が編集した「翔球」や、秋田南高校野球部の創立50周年記録集をそっと置いています。気づいたお客さんと、野球談議で盛りあがることもありますよ (聞き手・茂木克信)。

スタンダード WEB 秋田 / 2020 秋田県内高校野球部 登録コーチ・ノッカー

甲子園春夏14度出場 ノースアジア大学明桜高校コーチに米村理氏(61)就任

78明桜高校コーチ就任は7月26日付。米村理氏は77年ドラフト3位で阪急に入団。88年に現役を引退し、92年からオリックスのコーチを務めた。その後、横浜(現DeNA)、楽天のコーチを経て、17年オフにオリックスに復帰し19年オフに退団していた。【2017.1.31】明桜高校野球部新監督に、帝京三(山梨)の前監督、輿石重弘氏(53)が就任することが1月30日、分かった。輿石氏は今年度末で退職し、4月から指揮を執る予定。明桜は昨秋から系列校となるノースアジア大のホームページで監督を公募。 ハローワークにも職種を 「高等学校契約教員 (硬式野球部の指導を含む)」 として、求人情報を出したことからも話題を集めていた。輿石氏は1963年5月、山梨県生まれ。地元の都留高を経て、明大でプレー。卒業後は山梨県内の高校で野球指導を続け、帝京三では延べ8年監督を務めた。甲子園出場経験こそないが、ヤクルト・荒木貴裕内野手やソフトバンク・茶谷健太内野手らを育成し、昨夏限りで退任していた。マスコミ報道などで公募を知った希望者を対象に、昨年末に現地で採用試験が行われ、輿石氏が合格。社会科教諭として教壇に立ち、09年以来遠ざかる甲子園を目指す。明桜野球部は昨年6月にPL学園OBの西野新太郎氏(35)が就任したが、秋の県大会後に退任していた。

大曲工 藤井十二支継監督(前大館桂桜監督)本荘 藤盛憲二監督(前大館国際監督)

<チョコパン>さん https://twitter.com/smalto19
oti

県北地区 / 平成29年度~令和2年度 秋田県内高等学校硬式野球部監督推移一覧

N

中央地区 / 平成29年度~令和2年度 秋田県内高等学校硬式野球部監督推移一覧

c

県南地区 / 平成29年度~令和2年度 秋田県内高等学校硬式野球部監督推移一覧

s

令和2年度 日本高校野球連盟育成功労賞 / 元 合川高校監督 桜田義信さん(66)

gino日本高校野球連盟と朝日新聞社は、高校野球の育成と発展に尽くした指導者を表彰する「育成功労賞」の受賞者49人を決め、6月26日発表した。野球部長として八戸(青森)を甲子園出場へ導いた中里郁男さん、創部1年余の遊学館(石川)を夏初出場で8強に進出させた監督の山本雅弘さん、川之江、今治西、小松の愛媛県立3校を甲子園へ導いた監督の宇佐美秀文さん、監督として唐津西(佐賀)、佐賀東を率いて甲子園に出場した吉丸信さんらが選ばれた。対象は、野球部(軟式を含む)の監督か部長を原則として20年以上務めた指導者。各都道府県高野連の推薦を受けて選出した(北海道、東京は2人ずつ)。福島、東京、石川、和歌山、広島、高知、佐賀の計8人は来年8月の全国高校野球選手権大会に招待され、阪神甲子園球場で紹介される。受賞者は次のみなさん。北海道 船越広幸(61、帯広工)、工藤高司(62、札幌東)▽青森 中里郁男(68、大湊)▽岩手 川村和志(62、宮古工)▽秋田 桜田義信(66、合川)▽山形 氏家光彦(59、山形商)▽宮城 佐藤政信(65、鹿島台商)▽福島 関川博巳(66、福島東)▽茨城 一ノ戸雅弘(60、波崎柳川)▽栃木 実島範朗(61、国学院栃木)▽群馬 大須賀誠一(61、前橋南)▽埼玉 大内洋八州(ひろやす)(58、杉戸)▽山梨 荒井和夫(69、日大明誠)▽千葉 川俣幸一(61、志学館)▽東京 市原勝人(55、二松学舎大付)、渡部静夫(71、調布北)▽神奈川 金沢哲男(62、横浜商大)▽長野 福沢一洋(60、辰野)▽新潟 佐藤康広(62、中条)▽富山 杉森清文(56、砺波)▽石川 山本雅弘(69、遊学館)▽福井 山田栄司(59、勝山)▽静岡 荒浪和彦(58、袋井)▽愛知 竹治玄造(59、愛産大三河)▽岐阜 石榑(いしぐれ)淳(59、県岐阜商)▽三重 田中龍男(67、明野)▽滋賀 井上充也(62、彦根翔西館)▽京都 井口浩己(66、堀川)▽奈良 百合幸二郎(59、高取国際)▽和歌山 中村尚登(65、県和歌山商)▽大阪 和田充司(60、茨木)▽兵庫 神田進(66、津名)▽岡山 中山隆幸(59、岡山工)▽鳥取 北中晃由(45、倉吉西)▽広島 丸小俊一(63、基町)▽島根 唐島一将(60、出雲農林)▽山口 花田祐策(67、宇部高専)▽香川 多田博之(61、高瀬)▽愛媛 宇佐美秀文(62、小松)▽徳島 矢川雅英(54、穴吹)▽高知 橋田行弘(55、高知東工)▽福岡 金城清忠(63、祐誠=旧・久留米工大付)▽佐賀 吉丸信(65、北陵)▽長崎 下野研児(58、創成館)▽熊本 坂本道彦(54、多良木)▽大分 木村秀之(59、中津北)▽宮崎 西浦秋夫(69、日南工)▽鹿児島 森園正治(63、鹿屋)▽沖縄 盛根一美(68、中部商)(かっこ内は年齢と、野球部長または監督として現在もしくは最終在籍の高校)

令和2年度 日本高校野球連盟育成功労賞 / 元 合川高校監督 桜田義信さん(66)

7/18 令和2年秋田県高校野球大会準々決勝 能代松陽-大館国際 始球式
5525

令和2年度 日本高校野球連盟育成功労賞 / 元 合川高校監督 桜田義信さん(66)

<チョコパン>さん https://twitter.com/smalto19
EdLo67gU8AEx3br

甲子園大会出場5回 / 秋田県立秋田中央高等学校野球部歴代監督(昭和43年~)

~昭和42年 野中和郎 監督・工藤光夫 監督
5
1982(昭和57年)4月 秋田市立→秋田県立

スポーツ報知 / 今春から湯沢高校で指揮を取る奈良省吾監督(秋田中央-秋田北)

nraスポーツ報知 / 今春から湯沢高野球部(秋田)で指揮を取る奈良省吾監督(24)が、自身の高校野球での悔しさをバネに、指導に励んでいる。社会人3年目。自身の高校野球は、記憶に新しいという。昨夏に甲子園出場を果たした秋田中央高出身の指揮官は、外野手として、2年秋まで4番を打つなどレギュラーだったが、3年時には控えとなった。「僕にとっての高校野球は、充実感よりも悔しさの方が大きい。その悔しさを選手に託す思いで、監督になりました」と明かした。湯沢高は、毎年100人前後が国公立大学に進学する。夏の甲子園が中止となり、野球に区切りをつけ勉強へシフトする選手が出ることも考えられたが、3年生全員が最後までやり切ることを決めた。「もともと野球に対して素直で謙虚な子たちだと思っていたけど、さらに強い意欲を感じましたね」。昨年度の県大会は、すべて地区予選初戦で敗退。「選手たちはまだ、勝つ喜びを知らない。一緒に味わいたい」と指揮官。自粛明けの5月末から練習試合を重ねる中で、「最初は守備が課題だったが、今は守備からリズムを作れるようにになってきた」と手応えもある。まずは代替大会で悲願の1勝を、全力でつかみに行く。(小山内彩希)

2020 令和2年春から湯沢高校で指揮を取る奈良省吾監督(秋田中央-秋田北)

newchuuou<平成25年 春季秋田市内リーグ 秋田中央 登録選手> [青山祥(3、八郎潟)、[捕]宇佐美太久(3、秋田北)、[一]佐田陵平(2、秋田北)、[二]高島将都(2、秋田西)、[三]工藤真(3、泉)、[遊]安田勝哉(3、秋田北)、[左]原田晃大(3、酒田三)、[中]鎌田朋芳(3、土崎)、[右]奈良省吾(3、右/右、177/76、秋田北)、景山康平(2、井川)、田口剣(2、勝平)、坂谷賢生(2、秋田北)、赤塚練(2、秋田北)、渡部勇貴(2、秋田北)、鈴木厚哉(2、秋田西)、熊谷涼佑(3、御所野学院)、○畠山達己(3、勝平)、今野圭佑(3、天王)、伊藤晃士(3、秋田東)、大和寛享(3、土崎)、[責]工藤雅文、[監]桑原康成、[記]松渕将成(3、城東)。

編集人も観戦/短かった昭和47年の夏 秋田-能代工 秋田高校3年 佐藤茂三塁手

2013年5月31日 朝日新聞デジタル高校野球
satousigeru

平成25年5月 / 日本高野連地方大会功労者 前秋田県高野連理事長鎌田勝氏選出

日本高野連は2013(平成25年)5月30日、各都道府県高校野球連盟功労者に前秋田県高野連理事長 鎌田勝 秋田北高校副校長(湯沢商・新屋等の監督歴任、秋田高校2年時に三塁手で昭和48年夏甲子園大会出場、3年時は主将/投手登録で2年生山岡長英捕手とバッテリー、旧若美町払戸出身)氏を選出、同氏は秋田県高野連の理事長を2008年度から3年間務めた。功労者表彰は第45回大会から5年ごとの記念大会で実施され(各都道府県から1人選出)、表彰式は各地方大会の抽選会や開会式などで行われる。新屋監督時代に現在東京ヤクルトスワローズ藤田太陽投手(川鉄千葉、飯島)を指導。【2013.4.27】2013(平成25年度)秋田県高校野球連盟評議員・理事会が4月26日秋田市で開かれ、新会長に元県高野連理事長佐藤茂氏(金足農校長、東京教育大-秋田高、平鹿・横手・西仙北等の監督歴任)選出。※一部未確認【2008.5.30】日本高野連「地方大会功労者」に前秋田県高野連理事長佐藤茂選出。日本高野連は、第90回全国選手権大会に合わせて表彰する、地方大会の運営や高校野球の育成に10年以上にわたって尽力した「地方大会功労者」の47人を発表した。秋田県からは、県高野連の理事長を2002年度から6年間務めた佐藤茂氏が選ばれた。表彰は第45回大会から5年ごとの記念大会で実施され、各都道府県から1人ずつ選ぶ。表彰式は各地方大会の抽選会や開会式などで行われる。

平成3年夏 / 未勝利校を率いる 新屋 鎌田勝監督(秋田高校で甲子園出場、払戸)。

平成29年秋田県500歳野球大会/若美OB会(男鹿市)で4強進出
e7d9c7f5


2017平成29年春季秋田県大会 東北大会出場 公募就任輿石重弘監督采配的中

mei<スポーツ報知>春季高校野球秋田県大会準決勝、明桜7-1秋田修英(5月29日、こまちスタジアム)。秋田の準決勝が行われ、明桜が秋田修英を7-1で下し、2年連続19度目の東北大会出場を決めた。1点先行されて迎えた4回2死二、三塁に代打の岩崎晟吾(2年)が逆転適時打。守備では5回2死満塁のピンチを素早い投手交代で乗り切るなど、今春就任した輿石重弘監督(54)の采配が光った。指揮官の目に狂いはなかった。0-1で迎えた4回2死二、三塁。明桜の輿石監督が、先発の佐藤光一(3年)に代えて左打者の岩崎を代打に送った。相手は左投手だったが、「当てるのがうまい選手なのでいけると思った」 と読み通りに右翼前への逆転2点適時打が飛び出た。さらに岩崎は2球連続で盗塁を試み、三盗では相手の悪送球も誘って3点目をもぎ取った。殊勲の2年生は 「少し早い(出番)と思ったけど、結果を出せて良かった」 と胸を張った。5回からマウンドに立った曽谷龍平投手(2年)が5回2死から2つの四球などで満塁のピンチを作った。すると、輿石監督はすぐに右翼を守っていた山口航輔(2年)にスイッチ。プレッシャーのかかる場面に最速144キロの右腕は 「いいところで回ってきた」 と続く打者を一塁への邪飛に抑え、残る4イニングも2安打5三振で零封。最後は三振で締めて 「最後までいけると思ったし、楽しんで投げられた」 と笑った。インターネットなどの公募で、輿石監督は帝京三高(山梨)を離れ、今春から就任。監督が選手に浸透させているのは、感謝の気持ちとプラス思考だ。毎朝の練習前にはグラウンドで選手と腹式呼吸を行い、感謝の思いを口にしている。メンタルトレーニングの一種で 「技術より気持ち。そして言葉にすることで意識を高めることができる」 と精神面を強化してきた。甲子園春夏計13度出場の名門は、昨秋は地区予選で敗れたものの、今春の公式戦は8連勝と勢いを取り戻した。「選手はすごい力があるということを感じさせてくれた。県を勝って東北大会につなげたい」 と輿石監督。山梨では成し遂げられなかった甲子園の夢を新天地で叶えるため、目の前の一戦一戦を勝ち抜く。(遠藤洋之)

北鹿新聞 / 秋田県立大館鳳鳴高校野球部 山口智哉新監督(26、千葉大-大館鳳鳴)

- 令和2年4月29日 北鹿新聞 -
guch

ボールパーク秋田 / 大久保正樹 秋田県軟式野球連盟会長(元秋田高校野球部監督)

詳細は <ABALL PARK KITA> にて
kub
BALL PARK AKITA より転載 (画像/本人提供)
41

1981昭和56年 第53回センバツ高校野球大会準々決勝 秋田経大付-印 旛

Full Count / 部員倍々増 廃部の窮地を救った十和田高校のSNS活用術

fullcount部員4人から倍々増 廃部の窮地を救った十和田高校野球部のSNS活用術 新型コロナウイルス感染拡大の影響で全国の部活動が活動を制限されるなか、秋田県立十和田高校の野球部がSNSに投稿した部活動紹介動画が話題を集めている。発端は神居恵悟監督が廃部の危機に開設したツイッターアカウント。25歳の青年監督に野球部とSNSの在り方を訊いた。「もともとコロナとは関係なく、部員が4人まで減った2018年に、少ない人数でも工夫して練習している彼らの頑張りを何とか知ってもらえないかと考えアカウントを開設したんです。全国的に野球人口が減っているなか、地方の公立では高校野球と中学野球の接点って実は少ない。中学生は成績や家からの通いやすさで高校を決めることがほとんどで、せっかく入部してもギャップでやめてしまうことも少なくなかった。部活動も学校の魅力のひとつ。正しく情報発信していけたらと考えたのがきっかけです」高校野球の現場で度々聞かれる、シニアやボーイズとのパイプを使って中学生の有望株をスカウト、奨学金や寮費を免除するといった手法はあくまで一部の私立強豪校のもの。全国4000校の大多数を占める公立では、学力が見合っており、家から通える範囲の高校へ進学することが一般的だ。学校や指導者によって部活動への力の入れ方は様々。部活動最優先で進学先を決めた生徒でもなければ、入った学校に野球部がなかった、思っていたよりも本格的で練習についていけないといった “ミスマッチ” も少なくない。十和田高校野球部公式アカウントに、初めて動画を投稿したのは昨年1月。「Team Towada」を合言葉に地域の人たちとキャッチボールの輪を広げていく動画は地元を中心にジワジワと拡散、その効果あってか春には8人の部員が入部した。今年はどうしたらもっと魅力が伝わるかを選手に考えさせ、新入生向けの野球紹介動画を選手たちが企画。まだ入部期間中ながらすでに11人が入部の意思を示しており、なかには十和田の野球部に入りたいと学区を越えて近隣の大館市から入学を決めた生徒もいるという。「 編集は私がしていますが、企画や発案はすべて生徒によるもの。動画編集はまったくの初心者だったんですが、今は特別な機材も必要なくスマートフォン1つで撮影から編集までできるので、今後もどんどん発信していきたい 」と神居監督。強豪校では不祥事やトラブル防止の観点から選手のSNS使用そのものを禁止するところも多いが、「 あくまで私の個人的な考えですが 」と前置きした上で「 いろいろと情報が得やすい時代。日々生まれる便利なツールも、使ってみないと正しい使い方を覚えない。まずは我々大人が使ってみて、時には失敗して、そうして初めて正しい使い方を教えられるのではないでしょうか。自分たちもいわゆる『 デジタル音痴 』ですが、子どもと一緒に使って勉強していければ 」と野球部とSNSとの在り方を問う。世間は今まさにコロナ危機の真っただ中。都市部では秋田以上に行動が制限され、部活動がままならない地域も多い。十和田高の例がすぐにモデルケースとなるほど状況は単純ではないが、野球部とSNSの関係を考え直すひとつの契機にはなるかもしれない。佐藤佑輔 / Yusuke Sato

「ほうめい41」で詳報 / 大館鳳鳴高校で長年指導 齊藤広樹監督 由利高校へ異動

平成23年第83回センバツ大会 21世紀枠で大館鳳鳴高校甲子園初出場
就任1年目夏の秋田大会ベスト4、2年目2008年夏の秋田大会準優勝
https://blog.canpan.info/homei41/
587
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日: