★ 備忘録 「熱球通信」 ・ 特定非営利活動法人秋田県野球フォーラム ★

「熱球通信」は特定非営利活動法人秋田県野球フォーラム会員有志による備忘録を兼ねた「秋田県野球」にこだわった私的ブログです。掲載している記録等については公式なものではありませんのでご注意願います。リンク等についてはオールフリーですので事前のメール等一切不要です。更新頻度は原則毎日の更新です。秋田県出身で県外に在住の方も念頭に更新していきますが、内容等一部については地元情報と時差が生じる場合があります。練習・親善試合の結果情報は原則掲載しません。また、コメント送信欄と掲示板については諸般の事情により対応していません。積極的な中学硬式野球・女子野球の紹介に努めています。

不祥事案件

2017夏甲子園大会優勝 / 強盗致傷等で逮捕 花咲徳栄元主将 裁判員裁判初公判

hus<新聞報道> 八街市の住宅に押し入り夫婦にけがを負わせたとして、強盗致傷などの罪に問われた20代の男4人の裁判員裁判初公判が1月19日、千葉地裁で開かれた。4人のうち1人は2017年の夏の甲子園で優勝した埼玉・花咲徳栄高で主将を務めた千丸剛被告(21)。罪状認否で強盗致傷事件について認めた一方、別の窃盗事件では無罪を主張した。<2020.1.31> 昨年4月に強盗目的で住宅に侵入し、住人にけがを負わせたとして千葉県警佐倉署は1月31日、強盗致傷などの疑いで、東京都町田市に住む無職・千丸剛容疑者(20)ら男5人を逮捕したと発表。千丸容疑者は、2017年夏の甲子園で優勝した花咲徳栄高の主将だった。この日、取材に応じた同校野球部の岩井隆監督 (50) は 「残念です」 と声を絞り出した。千丸容疑者らの逮捕容疑は昨年4月26日夜、千葉県八街市の住宅に金品を奪う目的で侵入し、住人の自営業男性 (60) と妻 (58) をバールのようなもので殴るなどしてけがを負わせた疑い。妻が大声を出したため、何も取らずに車を使って逃走した。千丸容疑者ら4人は容疑を認めており、1人は一部否認している。同署によると、住宅は2階建ての一軒家。千丸容疑者らはインターホンを押した後、玄関に出て来た男性を最初に殴打。そのまま玄関から室内に押し入り、妻を襲ったという。当時、住宅の中にいたのは、負傷した2人だけだった。男性は頭骨骨折などの重傷。妻は顔面に切創を負う軽傷だった。誰が男性を殴ったかなど、犯行時の役割分担等については現在捜査中のため、詳細は判明していない。5人がどのようにして知り合ったかも不明だが、全員が顔見知りではなく、犯行時に初対面だった者もいたという。また、被害者と容疑者の間には面識は全くなかった。千丸容疑者らは住宅に侵入する前、犯行を隠すために八街市内に駐車されていた車からナンバープレート2枚を盗み、自分たちの車に付け替えたとして、窃盗容疑でも逮捕されている。逮捕は1月8日で、既に5人とも強盗致傷罪などで起訴されている。千丸容疑者は花咲徳栄高時代、1年秋から 「1番・二塁」 でレギュラーとなり、2年春夏、3年夏と甲子園に3度出場。3年夏は全6試合で2番を打ち、27打数11安打、打率4割7厘と大活躍。同級生の中日・清水達也投手、西武・西川愛也内野手らとともに、チームの埼玉勢初となる夏の甲子園制覇に貢献した。高校卒業後は東都大学リーグの駒大に進学。1年春からリーグ戦に出場するなど将来を嘱望されていたが、1年夏に退部。大学も中退した。千丸容疑者の母校・花咲徳栄高は今春のセンバツ高校野球大会に4年ぶり5度目の出場を決めているが、予定どおり出場する。

男子部員に素手でノック受けさせ3週間のけが 神奈川・藤嶺藤沢高校野球部 続報

3bc3e6b8

<新聞報道> 神奈川県藤沢市の私立藤嶺藤沢高校で、硬式野球部員に素手でノックを捕球させてけがをさせたとして、県警は1月5日、監督の男性教諭(47)を傷害容疑で書類送検した。藤沢署への取材でわかった。監督は「技術の向上のためだった。けがをさせるつもりはなかった。申し訳ない」と話したという。署によると、監督は昨年9月26日午後にシートノックをした際、1年生の男子部員(16)に素手でノックを3球受けさせ、左手に挫傷による3週間のけがを負わせた疑いがある。学校の説明では、監督は部員に「グラブを外してみろ」と指示し、約35メートルの距離からノックした。生徒が翌日、監督に「昨日のノックで手を痛めた」と報告。監督はその場で保護者に連絡し謝罪したという。同校は「指導は適切ではなかった」として10月10日付で監督を戒告とした。監督は日本学生野球協会から謹慎3カ月の処分を受け、現在は指導をしていないという。<2020.11.19> 日本高野連は11月18日、定例の審議委員会を開き、日本学生野球協会審査室に上申することを決めた。<2020.11.08、毎日新聞> 神奈川県藤沢市の私立藤嶺藤沢高校硬式野球部で9月、男性監督(47)が練習中に1年の男子部員に素手でノックを受けさせ、全治3週間のけがをさせたことが、同校への取材で判明した。同校は「不適切な指導だった」として部員の父親に謝罪し、監督を1カ月指導停止などの処分としたうえで、県高校野球連盟に報告した。同校によると、監督は9月26日のノック中、捕球ミスをした部員に対し、「グラブを外しなさい」と指示し、ノックバットで計3球を打って素手の左手で捕球させた。部員は翌27日の練習前、監督に手のひらが腫れたことを伝え、同28日に病院で3週間の挫傷と診断されたという。同校は事実関係を調査し、校長と部長が10月7日、部員の父親に謝罪した。監督を同10日付で戒告とし、さらに同12日から1カ月の指導停止処分としたうえで、同29日に県高野連に経緯を報告している。日本学生野球協会は日本高野連から処分案の上申を受け、17日にも処分を公表する方針。監督は同校の調査に、素手でノックを受けさせたことについて「手のひらで捕球する感覚をつかんでもらいたかった」と説明したという。佐野健校長は取材に「不適切な指導だった。部員らには申し訳ないという気持ちだ」と話している。同校は1985年、夏の甲子園に出場している。【洪玟香】

青藍泰斗(私、栃木県佐野市)野球部員5人 寮内で飲酒 自宅謹慎 県高野連に報告

93c7d8cd<新聞報道> 青藍泰斗高校硬式野球部の1、2年生部員5人が12月8日、同校運動部寮内で酒を飲んでいたことが同月23日分かった。同校は県高野連に報告し、10日から5人を自宅謹慎にしている。同校によると、寮では野球部員約30人が生活。5人はいずれも寮生で、3人が8日午後に同市内のコンビニで缶チューハイ5本を購入し、同日夜に寮の一室に集まって飲んだ。寮を管理する教諭が10日、室内から空き缶を見つけて発覚。5人は「好奇心で買って飲んでしまった」などと反省しているという。同校は部員全員の聞き取りを終えた14日、県と県高野連に報告。野球部は10日から全体練習を中止し、23日から寮を一時閉鎖して寮生を自宅に帰した。同校野球部では昨年、男性監督が部員に体罰を行ったとして4カ月間の謹慎処分を受け、部長とともに辞任している。

2020 令和2年12月18日 / 日本学生野球協会審査室会議 高校7件処分発表

22621255日本学生野球協会は12月18日、東京都内で審査室会議を開き、4年生部員2人の大麻使用が判明した東海大を10月17日から来年1月16日まで3カ月の対外試合禁止処分とした。他に高校7件の不祥事について処分を決めた(肩書は当時)。<対外試合禁止>・中部商(県、沖縄)部員の部内暴力=10月28日から3カ月。<謹慎>・藤嶺藤沢(私、神奈川)の監督 不適切指導=10月9日から3カ月、函館大柏稜(私、北海道)の監督 部内での暴言や体罰と報告義務違反=10月30日から4カ月、学法石川(私、福島)のコーチ 部内体罰と報告義務違反=11月1日から6カ月、佐賀学園(私、佐賀)の部長 部内体罰と報告義務違反=11月24日から2カ月、鹿児島城西(私、鹿児島)の副部長 部内暴力と報告義務違反=10月23日から2カ月、精華(私、大阪)の監督 部内外での体罰と報告義務違反=11月28日から4カ月、・精華(私、大阪)の部長 報告遅れ=12月17日から2カ月。

日本学生野球協会 野球指導者の不祥事防止目的 指導者に関するガイドライン策定

3bc3e6b8<新聞報道> 日本学生野球協会は12月11日、オンラインで理事会を開き、大学と高校の野球部指導者の不祥事防止を目的に「指導者に関するガイドライン」を策定した。監督やコーチ、部長だけでなく、臨時で指導に当たるOBらも対象に含まれる。指導者にふさわしくないケースとして(1)日本学生野球憲章に違反して指導資格を喪失した(2)反社会勢力の構成員(3)禁錮刑を終えて10年が経過していない――などが明示された。この日から運用が始まり、ガイドラインに沿わない疑いがある場合は大学や高校側に説明や改善が求められる。ガイドラインは、指導者による不祥事が減らない現状などを踏まえたもので、日本学生野球憲章の「加盟校の学校長が適任者と認めた者及び教員から指導者を選任する」との規定について「適任者」の定義を明確化した。ガイドラインでは「適任者」に該当しない者として、〈1〉学生野球憲章違反行為を行い、謹慎、登録抹消・登録資格喪失処分または除名処分を受けた者(ただし、謹慎、登録抹消・登録資格喪失処分の解除を得た者または謹慎期間が終了した者を除く)。〈2〉暴力団またはその関係企業、特殊知能暴力集団、その他暴力的または不当な要求行為等により市民社会の秩序や安全に脅威を及ぼす団体等の構成員、準構成員および総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロ、学生に対して詐欺的な商品を売りつけるなどの不当な行為をしている者(上記の反社会的行為を止めてから5年を経過していない者を含む)。〈3〉刑の言い渡しを受けた者で、次のいずれかに該当する者。(1)禁固以上の執行を終わり、10年を経過していない者(2)罰金以下の刑の執行を終わり、5年を経過していない者(3)刑の全部の執行猶予の言い渡しを受けた者で、その猶予の期間を経過した後5年を経過していない者と定めている。加盟校が適任者に該当しない者を指導者に選任した場合、日本高野連もしくは全日本大学野球連盟は学校長に説明を求め、事実確認を行うほか、当該事実を確認した場合は、適任者を選任するように指導・助言を行う。

全日本大学野球連盟 東海大硬式野球部処分案 日本学生野球協会審査室会議に上申

a446f4b7<新聞報道> 全日本大学野球連盟は12月11日、オンラインで審議委員会を開き、部員2人の大麻使用が確認された東海大硬式野球部に対し、有期の対外試合禁止処分案を日本学生野球協会審査室会議に上申することを決めた。18日に同会議で協議される。東海大は10月の発覚直後から自主的に部を無期限活動停止としている。<2020.10.19> 硬式野球部の寮内で部員が大麻の疑いがある薬物を使用したとして、東海大が同部を無期限活動停止とした問題で、使用を認めた部員が5、6人であることが10月18日、関係者への取材で分かった。神奈川県警は大麻取締法違反容疑で部員から事情を聴くなどし、調べている。神奈川県警は16日に寮を家宅捜索。関係者によると、室内で薬物を使用したとみられる痕跡が見つかった。県警は採取した物質の成分を調べ鑑定を進めている。16日になって5、6人の部員が薬物の使用を認め、書面に記して明らかにした部員もいた。大学によると、使用を認めた部員は普段の練習態度などに変わった点はなかったという。<2020.10.17> 首都大学野球リーグの名門・東海大が10月17日、神奈川県平塚市内の同大学湘南キャンパスで緊急記者会見を開き無期限活動停止を発表した。寮内で複数の部員による大麻らしき薬物使用の疑いがあったため。会見には同大学の山田清志学長、内山秀一教学部長、伊藤栄治野球部長が出席。山田学長は「誠に遺憾である、責任を痛感しております」と謝罪した。東海大では9日に電話で疑いの旨が通報され、調査委員会を立ち上げた。平塚警察署にも捜査を依頼した、16日に家宅捜索を受けた。同日には学生からの申し出で大麻の使用を確認し、首都大学野球連盟に秋季リーグ戦の出場辞退を申し入れ、受理された。東海大野球部は首都大学野球リーグ通算73度の優勝を誇り、全日本大学選手権で4度の日本一に輝いている名門。主なOBに原辰徳(現巨人監督)平野恵一(現阪神2軍守備走塁コーチ)菅野智之(現巨人)ら多くの選手をプロ球界に輩出している。

2020 令和2年11月17日 / 日本学生野球協会審査室会議 高校5件処分発表

3bc3e6b8日本学生野球協会は11月17日、審査室会議を開き、高校5件の処分を発表。博多(私、福岡)は部内で1年生同士のいじめが発覚し、10月12日から来年1月11日まで対外試合禁止、聖望学園(私、埼玉)のコーチは、部内体罰と報告義務違反で10月14日から2カ月の謹慎。湘南学院(私、神奈川)はコーチが部内暴言で10月16日から3カ月の謹慎処分、南陽工(県、山口)は部長と監督が部内体罰と報告義務違反で10月5日から4カ月の謹慎となった。

2020 令和2年10月16日 / 日本学生野球協会審査室会議 高校大学7件処分

a446f4b7日本学生野球協会は2020年10月16日、審査室会議を開き、高校6件と大学1件の処分を決定。<謹慎>・松山聖陵(私、愛媛)監督 不適切指導及び体罰と報告義務違反で、7カ月間の謹慎8月に怠慢と感じたプレーについて部員3人を指導。部員自ら頬をたたくよう不適切指導を行った。食事用の食器が部室に残されていたことに対し、誰がやったのか問いただすため、部員全員をグラウンドに20分間正座させた。・浜松修学舎(私、静岡)副部長 部内暴力で1カ月の謹慎。部長 副部長の暴力行為及び別の不祥事事案を報告せず3カ月の謹慎。・享栄(私、愛知)部長 部内暴力で3カ月の謹慎。・加計芸北(県、広島)外部コーチ 部内暴力と上司への未報告で4カ月の謹慎。・内子(県、愛媛)部長 部内暴力と報告義務違反で4カ月の謹慎。・A県B校 監督 セクハラ発覚で無期謹慎。被害者のプライバシーを考慮し、内容と学校名発表なし。・中部学院大学(私、大学)監督 部内暴力と報告義務違反で2カ月の謹慎。

愛知大学野球連盟2部 愛知大学野球部員ら学生2人が持続化給付金詐欺容疑で逮捕

c6cdfedd<マスコミ報道> 愛知県警は9月29日、新型コロナウイルス対策で国が支給する持続化給付金をだまし取ったとして、大矢圭一郎容疑者(21)ら愛知大の学生2人を逮捕した。大矢容疑者は、愛知大学野球2部リーグの同大野球部に所属。最速140キロを超える好投手として、高校時代はプロからも注目されていた。逮捕を受けて、愛知大野球部の元部長で、愛知大学野球連盟の新井野洋一理事長は「まだ大学から報告もなく、状況がよくわからない」と前置きしつつ、「びっくりとしか言いようがない。野球というスポーツは大なり小なり影響力が大きい。一つの事件で大学の伝統だけでなく、野球をする全ての人に泥を塗ってしまう。非常に残念でならない」と肩を落とした。今後については「事実について報告を受けた後、全日本大学野球連盟などの審議会などに粛々とかけることになる」と説明した。

学校法人松山聖陵学園 松山聖陵野球部監督 不適切指導「自分の顔たたけ」と指示

2e0c3a56<マスコミ報道> 松山聖陵高校(愛媛県松山市久万ノ台)野球部の男性監督(39)が、部員に自分自身の顔をたたくよう指示するなど不適切な指導をしたとして、8月下旬以降、練習の指導から外れていることが9月16日、分かった。来春の選抜高校野球大会につながる秋季県大会の出場が決まっているが、監督は指揮を執らない。同校は県高野連に報告し、上部団体などの判断を踏まえて今後の対応を検討するとしている。監督は2016年夏を皮切りに同校を甲子園に3度導いた。同校は今夏の県夏季大会でも優勝した。同校によると、先月9日に県夏季大会が閉幕して新チームに移行後、練習で怠慢プレーが見られたとして、監督が部員4人に「自分の頬をたたいておけ」「頭をたたけ」「壁に頭をぶつけておけ」などと指示したという。部員にけがはなく、現在も練習に参加している。監督は昨年2月、部員に対する暴力行為などを理由に日本学生野球協会から2カ月の謹慎処分を受けている。

毎日新聞 / 久留米市の高2男子 いじめ自殺問題 元野球部員の少年3人を書類送検

cd7915d4福岡県久留米市の県立高校の野球部に所属していた2年生の男子生徒(当時16歳)が2018年6月、いじめ被害をうかがわせるメモを残し自殺した問題で、福岡県警が、元野球部員の少年3人(既に卒業)を暴力行為処罰法違反容疑で福岡地検久留米支部に書類送検していたことが、関係者への取材で判明した。同支部は3人を同法違反の非行内容で家裁送致し、福岡家裁久留米支部が11日までに審判開始を決定した。男子生徒の自殺を巡っては、県教育委員会の第三者委員会は既にいじめとの因果関係を認めている。生徒の死から間もなく2年。真相究明が司法の場に移る。男子生徒は18年6月22日夜、自殺しているのが見つかった。生徒の携帯電話には、部員の名前を挙げ「毎日色々言われてもう限界やった」「生きているだけで苦痛だったよ」などとのメモが残されていた。県教委は翌月、第三者委を設置して調査を開始。19年3月公表の報告書によると、いじめは同学年の部員6人が中心で①男子生徒のズボンを複数回にわたって下ろした②携帯電話を複数回隠した③自殺当日に男子生徒と部員との間で起きたトラブルを機に無料通信アプリ「LINE(ライン)」のグループから外した――などをいじめと認定し、男子生徒が「衝動的に自殺に至った」と、いじめとの因果関係を認めた。男子生徒の家族から相談を受けた県警久留米署は当初、刑事事件として部員6人の立件は困難との見方を家族に伝えていた。しかし、いじめとの因果関係を認めた第三者委の報告書が公表された後、男子生徒の家族が部員や保護者を招いた2度の意見交換会で謝罪の気持ちが示されなかったため、男子生徒の父親は19年10月、同署に正式に被害届を提出。同署が改めて複数の部員から事情を聴き、集団で生徒のズボンを下ろした行為などが認められた3人を暴力行為処罰法違反容疑で書類送検し、地検支部が20年1月に家裁支部に非行内容を送致していた。家裁の審判開始決定について、父親は「審判の対象が3人だけなのは納得できないが、3人が事実を直視して反省を深めることで、他の加害生徒にも理解が広がってほしい」とのコメントを出した。高校の教頭は「係争中の事案のうえ、対象生徒は全員が卒業して本校と関係がないため、コメントできない」と話している。【江刺正嘉】

20200 令和2年5月15日 / 日本学生野球協会審査室会議 高校.大学8件処分

59842ba5本学生野球協会は5月15日、オンライン上で審査室会議を開き、高校7件、大学1件の不祥事に対する処分を決めた。高校では2校の監督がわいせつな行為をしたとして除名処分。部内暴力などで1月22日から2カ月の謹慎を科されていた福井商(県、福井)の監督は、新たに部内暴力が発覚し、報告義務違反と合わせて謹慎期間を4カ月に延長された。開星(私、島根)の部費に多額の使途不明金があった問題は「内容が不十分」として再審議となった。その他の処分は次の通り。(肩書は当時)<謹慎>・三木東(県、兵庫)の監督 生徒会費横領=無期、誠恵(私、静岡)の監督 部内暴力=4月16日から6カ月、知徳(私、静岡)の部長 部員の飲酒と喫煙に同席、報告遅れ=2月25日から3カ月、西脇工(県、兵庫)の部長と監督 部員の暴力と報告遅れ=4月8日から1カ月、沖縄国際大(私、沖縄)の監督 部員への暴力=3月23日から3カ月。

文星芸大付(旧校名:宇都宮学園)硬式野球部 3年生部員 2年生部員の顔を殴る

hus<新聞報道> 文星芸大付属高校(宇都宮市)の硬式野球部で、3年生部員が2年生部員の顔を殴り、右目の上を縫うけがを負わせていたことが4月25日、学校への取材で分かった。同部は昨年秋の栃木県大会で準優勝している。学校によると、2日午後に部の球場で自主練習中、3年生部員が2年生部員の言動に腹を立て、複数回顔を殴った。部員らは男性顧問に「ボールが当たった」と説明していたが、外部の指摘で再調査して判明したという。千代野仁教頭は「部活動中にこのようなことが起きて残念。生徒の指導や管理を徹底していく」と話した。

東海地区大学野球連盟 / 朝日大学 野球部処遇検討 ホームレス殺害で現役部員逮捕

hus朝日大は4月24日、硬式野球部の現役部員2人が傷害致死容疑で逮捕されたことを受けて、部の無期限活動停止と藤田明宏監督の辞任を発表。<新聞報道>3月、岐阜市内でホームレスの男性が殺害された事件で、逮捕された5人のうち、朝日大(岐阜)の現役硬式野球部員2名(ともに19)が、傷害致死の疑いで逮捕されたことを受け、大学側は今後の部の活動や、存続について「検討していくことになると思います」とコメントした。現在、事実確認を進めている段階という。逮捕者のうちほかの2名も、同部の元部員(19)。24日、現役部員が事件に関与しているとの地元紙などの報道もあり、この日は大学側に地元住民から苦情や問い合わせの電話が相次いだ。中には「野球部なんてない方が良いんじゃ」といった内容の電話もあったという。東海地区大学野球連盟に所属する同大は、過去5度の全国大会出場実績がある実力校。県岐阜商を09年夏の甲子園で45年ぶりに4強に導くなど、5回の甲子園出場実績を持つ藤田明宏氏(52)が15年から監督を務めている。現在、部は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、6日から活動を自粛している。◆朝日大学 岐阜県瑞穂市にある、1971年(昭46)開学の私立大。法学部、経営学部、保健医療学部、歯学部の4学部がある。野球部は、全国大会は大学選手権3回、明治神宮大会2回の出場経験があり、岐阜県リーグでは10度の優勝実績がある。主なOBに元西武の山田潤、元巨人の松澤裕介ら。

春夏通算13回甲子園出場 / 私立開星高校野球部前監督ら部費流用 飲食や交遊費

hus<新聞報道> 高校野球の強豪・私立開星高校(松江市)の前監督(44)ら指導者の男性教職員3人が部費を私的に流用していたことが4月13日、関係者への取材で分かった。3人は保護者の求めに応じて約300万円を返済し、前監督は3月末で退職。現在も同校で教員の前部長と前副部長が関与していたとみられる。同校は甲子園に2017年夏まで春夏合わせて計13回出場。プロも輩出している。関係者によると、流用があったのは18年8月~20年3月で、前監督ら3人が私的な飲食や交遊費などに使っていたとみられる。部費は部員の保護者から月1万円徴収していた。流用は18年8月~20年3月で私的な飲食や交遊費に使ったとみられる。架空の領収書を入手して決算書のつじつまを合わせていたが、3月の指導陣交代に伴う会計チェックで発覚した。保護者側は3人と示談で合意した金額が返済されたことで警察への被害届などは見送る方向。前監督は取材に対し「部費を一部私的に利用したのは事実で申し訳ない」と話し、学校側は「コメントできない」としている。

2020(令和2年)3月6日 / 日本学生野球協会審査室会議 高校8件処分発表

hus日本学生野球協会は3月6日、都内で審査室会議を開き、高校8件の処分を決めた。2月18日未明に酒に酔って迷惑行為を起こした明石商の野球部長(38)とコーチ(24)は、ともに2月20日から5月19日まで3カ月の謹慎処分となった。大洲(県、愛媛)の監督が部内暴力、報告義務違反で、昨年8月1日から5カ月の謹慎処分。昨年9月の審査室会議では1カ月の謹慎処分となっていたが、学校の再調査の結果、暴力内容が過小報告されていたことが判明。処分期間が変更された。当初は「部員の足元に投げたボールがはねて当たった」というものだったが、報道を見た被害生徒が疑義を申し出た。実際には、直接ボールを投げていたことが分かった。さらに、再調査の過程で新たな暴力行為も判明。他にも守備でミスした部員にボールを投げるなど、していた。A都道府県、B校の監督(38)は、生徒へのわいせつ行為により除名。16年11月から18年3月まで、自校の女子生徒とホテル等で複数回にわたり、わいせつ行為を行った。吉井(県、群馬)が部員の部内暴力、暴言、器物破損により、今年1月29日から3カ月の対外試合禁止。祇園北(県、広島)の部長(29)が部内暴力、報告義務違反で昨年12月26日から2カ月の謹慎。豊橋中央(私、愛知)の監督(37)が部内暴力で今年1月27日から1カ月の謹慎。仙台三(県、宮城)が監督(37)の部内暴力、報告義務違反で昨年7月25日から2カ月間の謹慎。

2020 (令和2年) 第92回選抜高校野球大会出場 明石商関係者飲酒後トラブル。

hus<新聞報道> 3月19日に開幕する 「第92回選抜高校野球大会」 に近畿の代表として出場する明石商業高校の野球部長らを含む同校の教員7人が、明石市内の居酒屋で酒を飲んだ後、交差点で寝転ぶなどしトラブルを起こしていたことが2月21日、明石市教育委員会などへの取材で分かった。市教委は 「現在、詳細を調査中」 としている。市教委などによると、トラブルがあったのは17日深夜。明石市内の居酒屋で明石商の教員ら7人が飲食後、帰り道のスクランブル交差点で立ち小便したり道路で寝転んだりし、付近にいた人とトラブルになった。複数の飲食店をはしごしていたといい、トラブルの様子を撮影された動画もあるという。教員の中には野球部長のほか同部のコーチ1人が含まれていた。明石商野球部の選抜高校野球選出は2年連続3度目。甲子園出場は一昨年夏から4季連続。兵庫勢の4季連続出場は1997年春から98年夏の報徳以来、22年ぶり。

2020(令和2年)2月4日/日本学生野球協会審査室会議高校9件の処分発表 1。

hus<新聞報道> 日本学生野球協会は2月4日、都内で審査室会議を開き、高校9件の処分を決めた。・A都道府県B校-被害者のプライバシー保護のため、A、Bで伏せられた。部員のいじめ (部内) により、昨年11月6日から3カ月間の対外試合禁止。昨年8~10月、2年生7人が7人 (2年生4人、1年生3人) に対し、日常的に 「鼻くそ」「ウソ」 などと呼び、肩パンチなどの暴力を行った。12月には、ゴミ箱で拾った女性用下着を強制的に履かせた。じゃんけんで負けた被害者に他人の性器を握らせた。被害者の1人が監督に申し出て発覚した。・佐野日大 (私、栃木)-部員の暴力 (部内) により、昨年11月27日から3カ月間の対外試合禁止。昨年11月、2年生6人が1年生4人に対し、練習中に騒いでいた理由をごまかした、部内の規律を守っていないとして、背中や脇腹を蹴った。・三潴 (県、福岡)-部員の暴力 (部内) により、昨年12月23日から3カ月間の対外試合禁止。昨年12月、2年生8人が1年生7人に対し、上級生をやゆし、練習中も態度が悪いとして、腹や頭を蹴る、たたくなどした。主将が顧問に報告し、発覚した。・岐阜(県、岐阜)-監督 (48歳、教諭) が暴力、暴言 (部内)、報告義務違反により、昨年10月23日から7カ月間の謹慎。昨年9月ごろ、県教育委員会に匿名のメールが届き、学校が調査して発覚。練習でシート打撃を行った際、ランナーコーチの姿勢が教えたとおりではないと、臀部を蹴った。また、練習試合中にバスターのサインで投ゴロ併殺となった別の部員に対し、打ち方を指導した後、木製バットのグリップで頭をたたいた。さらに、日常的に全部員24人に対し、同じミスをしたり、怠慢プレーで覇気がないと感じたりした時は 「アホ」「バカ」「死ね」「お前らの野球はオナニーだ」 といった暴言を長期にわたり吐いた。悪質であり、部員は追い詰められていると判断され、謹慎6カ月、プラス報告義務違反で1カ月が加算された。

2020(令和2年)2月4日/日本学生野球協会審査室会議高校9件の処分発表 2。

hus千城台 (県、千葉)-部長 (56歳、教諭) が暴力 (部内)、報告義務違反により昨年12月19日から2カ月間の謹慎。昨年99月の秋季大会1回戦中に2年生部員がバントを失敗した際、「集中しろ」 と頬をたたいた。学期末のアンケートで発覚した。・前橋工 (県、群馬)-顧問 (42歳、教諭) が暴力 (部内) で1月7日から3カ月間の謹慎。1月6日に室内でティー打撃50回を13セット課したが、2年生部員Aの組は交代が早かった。顧問が尋ねると、Aが「20から30回しかやってません。打撃フォームが崩れるので」 と答えてきたので、胸ぐらをつかみ、離したところ、Aは防球ネットの縁に後頭部をぶつけた。頸椎捻挫で10日間の治療を要した。・東大阪大柏原 (私、大阪)-部員の暴力 (部内) により、昨年12月27日から3カ月間の対外試合禁止。2年生4人が1年生1人に対し、遅刻・欠席が多いとして 「1年生35人全員、五厘にしろ」 と連帯責任を要求。同1年生は他の1年生たちに要求を伝えた。翌日、五厘刈りにしてこなかった1年生14人に対し、2年生4人は頭をバットのグリップエンドでたたく、腹、臀部を蹴るなどした。もう1人、同席していた2年生は暴力行為を止めなかった。昨年12月、匿名の電話が学校にかかり、調査で発覚した。・福井商 (県、福井)-監督 (42歳、教諭) が暴力 (部内)、報告義務違反で1月22日から2カ月間の謹慎。1月18日に、ランニングの手を抜いているとして、2年生部員のあごをつかみながら注意した。さらに、続くメニューの説明をしている際、同部員が下を向いていたとして、頭を平手でたたいた。2日後に野球部の保護者から教頭に連絡があり、調査で発覚した。・日大東北 (私、福島)-監督 (57歳、教諭) が暴力 (部内) で1月29日から1カ月間の謹慎。昨年末、トレーニング中に2年生部員が言われたとおりに腰を低くして行っていなかったとして、臀部を蹴った。保護者から部長に体罰の有無を確認する電話があり、監督は認めた。

甲子園6度出場岐阜県立岐阜高校 / 監督がバット握る側で部員の頭を叩き暴言。

hus<新聞報道> 岐阜県立岐阜高校の硬式野球部監督の北川英治教諭(48)が部員に体罰を加えたり暴言を吐いたりしたとして、県教育委員会は25日、北川教諭を減給10分の1(3か月)の懲戒処分とした。北川教諭は10月から部の指導を自粛している。県教委によると、北川教諭は8月頃、練習中に部員の尻を2回蹴り、9月の練習試合では別の部員の頭を木製バットの握る側の端で1回たたいて頭にこぶができるけがを負わせた。7~10月の練習中には複数の部員に「死ね」「消えろ」などの暴言も吐いた。県教委が10~11月、県立高校などを対象に実施した体罰に関するアンケート調査で判明したという。岐阜高は春夏を通じて6度、甲子園に出場。北川教諭は2011年夏、前任の関市立関商工高時代にチームを甲子園出場に導き、岐阜高監督には14年に就任した。

2019(令和元年)12月20日 日本学生野球協会審査室会議高校10件処分発表。

hus日本学生野球協会は12月20日、東京都内で審査室会議を開き高校10件の不祥事に対する処分を決めた。暁星国際 (私、千葉) は2年生3人が1年生1人に今年5月から9月上旬にかけていじめを行うなどしたため、12月12日から6カ月の対外試合禁止となった。その他の処分は次の通り。<対外試合禁止> ・大和広陵 (県、奈良) 部員の部内外暴力=11月17日から3カ月、・つくば国際大東風 (私、茨城) 部員の部内暴力=12月18日から3カ月。<謹慎> ・祐誠 (私、福岡) の監督 部内暴力、不適切指導、報告義務違反=11月17日から1年1カ月、・星槎国際 (私、神奈川) の部長 報告遅れ=10月30日から3カ月、・山口鴻城(私、山口) の顧問 部外暴力、暴言=10月23日から1カ月、・御殿場西 (私、静岡) の副部長 部内暴力=10月29日から1カ月、・女満別 (道、北海道) のコーチ 部内暴力、暴言、報告義務違反=11月30日から4カ月、・同校の部長、監督 報告遅れ=12月2日から3カ月、・早稲田摂陵 (私、大阪)の監督 部内暴言=9月25日から4カ月。

2019(令和元年)11月26日 日本学生野球協会審査室会議 高校9件処分発表。

hus日本学生野球協会は11月26日、東京都内で審査室会議を開き、高校9件の不祥事に対する処分を決めた。江戸川 (都、東京) の監督は、ツイッター上のメッセージ機能で女子高校生に不適切な画像を送信したとして3月14日から謹慎2年となった。10月18日の会議で4カ月の謹慎を決めた山城 (府、京都) の監督は部内暴力、暴言、報告義務違反があったとしたが、暴言はなかったと訂正した。その他の処分は次の通り。<対外試合禁止> ・校名非公表 部員の部内いじめ=10月24日から3カ月、・千葉経大付 (私、千葉) 部員の部内暴力=11月13日から1カ月、・東海大札幌 (私、北海道) 部員の部内暴力=11月13日から3カ月。<謹慎>・千原台 (市、熊本) のコーチ 部外暴力=10月11日から1カ月、・我孫子二階堂 (私、千葉) のコーチ 部外暴力、報告義務違反=10月16日から2カ月、・神戸北 (県、兵庫) の監督 部内暴力、報告義務違反=10月15日から4カ月、・鳥栖商 (県、佐賀) の監督 部内暴言=11月14日から1カ月、・聖和学園 (私、宮城) の監督 部内暴力=5月15日から3カ月。

2019(令和元年) 9月13日 日本学生野球協会審査室会議 高校の処分を発表。

hus愛媛県立大洲高校野球部で7月、50歳代監督が部員に至近距離から硬球を投げつける暴力行為があった。監督は日本学生野球協会から8月1日から1か月間の謹慎処分を受けたが、この際、学校側が協会に報告した内容に誤りがあったことが判明。【2019.9.13】日本学生野球協会は9月13日、東京都内で審査室会議を開き、高校の不祥事の処分を決めた。部員間でいじめがあった上宮太子(私、大阪)は8月28日から3カ月の対外試合禁止となり、来春の選抜大会出場の参考資料となる秋季大会は出場できなくなった。同校の責任教師は事実の隠蔽で3カ月の謹慎。その他の処分は次の通り。<対外試合禁止>・校名非公表 部員の問題行動=9月12日から3カ月。<謹慎>・御所実(県、奈良)の顧問 飲酒運転=7月14日から1年、・大洲(県、愛媛)の監督 暴力=8月1日から1カ月、・日向学院(私、宮崎)の監督 暴力、報告義務違反=7月28日から7カ月、・同校の部長 報告遅れ=7月28日から3カ月、・東日本国際大昌平(私、福島)のコーチ 暴力=8月5日から1カ月、・青藍泰斗(私、栃木)の監督 暴力、報告義務違反=7月30日から4カ月、・高岡第一(私、富山)の責任教師 部員不祥事の隠蔽=8月13日から3カ月、・叡明(私、埼玉)のコーチ 暴力、暴言、報告義務違反=8月9日から7カ月、・(私、東京)の監督 暴力、報告義務違反=7月19日から4カ月、・市尼崎(市、兵庫)のコーチ、部長 ともに暴力、暴言、報告義務違反=コーチは5月17日から7カ月、部長は5月31日から1年1カ月、・同校の監督 暴言、不適切指導、報告義務違反=9月5日から4カ月。

2019(令和元年)10月18日 日本学生野球協会審査室会議 高校14件の処分。

hus日本学生野球協会は、都内で審査室会議を開いて高校14件の処分を決めた。春夏17度甲子園出場の尽誠学園 (私、香川) は、遠征中の昼食中で、嘔吐した部員に 「戻したものを食べろ」 などと、どなって嫌々食べさせ、3か月の謹慎処分。庄和 (県、埼玉) は部員が、水の入ったペットボトルに少量の尿を入れ、飲ませる行為などがあったとして3か月の対外試合禁止処分とした。他にも監督やコーチらによる部内外での暴力、暴言、セクハラなどで以下の高校に、対外試合禁止処分や謹慎処分を決めた。女子生徒の手を握ったり、頭をなでたり、メールで繰り返し食事などに誘った再雇用の教諭 (61 )が所属する校名は 「被害者のプライバシーを守る」 という理由で、同協会は公表していない。・村野工(私、兵庫)=部員のいじめ (部内)、喫煙具所持で3か月の対外試合禁止処分、・守山(県、滋賀)=監督の暴力(部外)で1か月の謹慎処分、・厚木西(県、神奈川)=監督の暴力、暴言(部内)、報告義務違反で、監督を4か月の謹慎処分、部長の不適切対応で部長を1か月の謹慎処分、・大垣工(県、岐阜)=部長の暴力(部内)で1か月の謹慎処分、・山城(府、京都)=監督の暴力(部内)、報告義務違反で4か月の謹慎処分、・横浜(私、神奈川)=監督の暴力 (部内)、報告義務違反で2か月の謹慎処分、・市前橋(市、群馬)=監督の暴力 (部外)で1か月の謹慎処分、・呉(市、広島)=コーチの暴力 (部内)、報告義務違反で2か月の謹慎処分、・桜ケ丘(私、山口)=部長の暴力 (部内)、報告義務違反で部長を2か月の謹慎処分。監督の暴力 (部内)、報告義務違反で監督を4か月の謹慎処分。

兵庫県高砂市/ 中学野球部の顧問が複数部員に体罰 昨年も当時の顧問が体罰。

hus<新聞報道> 兵庫県高砂市立中学校の野球部顧問の男性教諭が複数の男子部員に体罰を加えていたことが10月4日、市教育委員会への取材で分かった。市教委はけがの有無や体罰の経緯、内容について 「調査中」 として明らかにしていない。学校は保護者に謝罪しているという。同市教委によると、男性顧問は9月19日、部活動後に複数の部員に暴行した。学校側は19日に保護者に説明と謝罪を行い、20日に市教委に連絡。市教委は県教育委員会に報告している。部員はその後も部活動に参加し、顧問も指導を続けているという。同中学校の野球部では昨年10月、当時の顧問だった別の男性教諭が部員に体罰を加えたが、学校は市教委に報告せず、関係者が県教委に連絡したことで発覚した。
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日: