★ 備忘録 「熱球通信」 ・ 特定非営利活動法人秋田県野球フォーラム ★

「熱球通信」は特定非営利活動法人秋田県野球フォーラム会員有志による備忘録を兼ねた「秋田県野球」にこだわった私的ブログです。掲載している記録等については公式なものではありませんのでご注意願います。リンク等についてはオールフリーですので事前のメール等一切不要です。更新頻度は原則毎日の更新です。秋田県出身で県外に在住の方も念頭に更新していきますが、内容等一部については地元情報と時差が生じる場合があります。練習・親善試合の結果情報は原則掲載しません。また、コメント送信欄と掲示板については諸般の事情により対応していません。積極的な中学硬式野球・女子野球の紹介に努めています。

記録

強化事業 / 2020令和2年秋田県高校野球1年生大会(11/3.7.8、こまち)

第5回大会~ 秋田県高野連強化事業
599

2020 / 令和2年度全国47都道府県高等学校野球秋季大会 優勝校・準優勝校

令和2年 全国高校野球秋季大会 優勝・準優勝校
598

惜別 / 秋田県内中学校閉校一覧 (分校を除く、昭和22年~、名称等は閉校当時)

haikoou秋田県中学校廃校一覧 秋田さきがけ紙に 百宅 モモヤケ 鳥海町」仙道 羽後町 出羽 大内町 古四王 湯沢東由利村立玉米中大阿仁 阿仁小出 金浦」「千畑村立畑屋中」 「鮎川 由利」「富津内西 五城目」の活字。秋田市> 秋田市立高陽中(1953)、秋田市立成和中(1953)、秋田市立久保田中(1953)、秋田市立泰平中(1953)、秋田市立手形中(1953)、秋田市立飯島中学校(旧)(1962)秋田市立下新城中学校(1962)、秋田市立金足中(1962)、秋田市立日新中(1964)、秋田市立浜田中(1964)、秋田市立上北手中(1966)、秋田市立仁井田中学校(1966)、秋田市立四ツ小屋中(1966)、秋田市立藤倉中(1975)、秋田市立高清水中(1981)、秋田市立大正寺中(2005)、秋田市立上新城中(2011)、河辺町立和田中(1959)、河辺町立戸島中(1959)、雄和村立川添中(1967)、雄和村立種平中学校(1967)、雄和村立戸米川中学校(1967)、<能代市>能代市立常盤中(2019)、<横手市> 横手市立第二中(1958)、横手市立第三中(1958)、横手市立第一中(1971)、横手市立旭中(1971)、横手市立栄中(1971)、横手市立十文字西中(2010)、横手市立雄物川中(2012)、横手市立大森中(2012)、横手市立大雄中(2012)、横手市立鳳中(2013)、横手市立横手西中(2013)、横手市立金沢中(2013)、大森町立八沢木中(1968)、大森町立川西中(1968)、大森町立坂部中(1968)、田根森村立田根森中(1951)、阿気村立阿気中(1951)、平鹿町立吉田中(1997)。<大館市> 大館市立上川沿中(1980)、大館市立岩野目中(1968)、大館市立第三中(1970)、大館市立長木中(1970)、<男鹿市> 男鹿市立脇本中(1974)、男鹿市立船越中(1974)、男鹿市立北浦中(1990)、男鹿市立北磯中(1990)、男鹿市立船川中(1992)、男鹿市立椿中(1992)、男鹿市立男鹿中中(2001)、男鹿市立五里合中(2008)、男鹿市立払戸中(2008)、<湯沢市> 湯沢市立湯沢中(1968)、湯沢市立三関中学校(1968)、<鹿角市> 鹿角市立花輪第二中(2020)、十和田町立毛馬内中(1970)、十和田町立大湯中(1970)、十和田町立錦木中(1970)、八幡平村立熊沢中(1958)、<由利本荘市> 本荘市立石沢中(2005)、東由利村立下郷中(1969)、東由利村立玉米中(1969)、由利町立鮎川中(1970)。<潟上市> 昭和町立大久保中(1950)、昭和町立飯田川中(1950)、昭和町立豊川中(1950)、<大仙市> 大仙市立西仙北東中(2012)、大仙市立西仙北西中(2012)、大曲市立内小友中(1958)、大曲市立大川西根中(1958)、大曲市立花館中(1963)、大曲市立四ッ屋中(1964)、大曲市立藤木中(1970)、大曲市立角間川中(1970)、協和町立淀川中(1975)、協和町立峰吉川中(1975)、協和町立船岡中(1975)、協和村立朝日中()、西仙北町立大沢郷中(1984)、西仙北町立強首中(1984)、西仙北町立刈和野中(1994)、西仙北町立土川中(1994)、南外村立南楢岡中(1976)、南外村立外小友中(1976)、中仙町立長野中(1963)、中仙町立清水中(1963)、仙北村立高梨中(1958)、仙北村立横堀中(1958)、太田村立長信田中(1962)、太田村立横澤中(1962)、<北秋田市> 北秋田市立鷹巣南中(2020)、阿仁町立阿仁第一中、阿仁町立阿仁第二中、鷹巣町立坊沢中(1958)、鷹巣町立緑ヶ丘中(1958)、鷹巣町立七座中(1958)、鷹巣町立綴子中(1958)、鷹巣町立栄中(1958)、鷹巣町立沢口中(1958)、<にかほ市> 象潟町立上郷中(1959)、象潟町立上浜中(1978)、<仙北市> 田沢湖町立田沢中(2004)、<鹿角郡> 小坂町立七滝中(1958)、小坂町立十和田中(2011)、<山本郡> 八竜町立鵜川中(1975)、八竜町立浜口中(1975)、<南秋田郡> 五城目町立五城目中(1958)、五城目町立馬場目中(1969)、五城目町立大川中(1974)、五城目町立富津内中(1987)、五城目町立杉沢中(2003)、八郎潟町立一日市中(1963)、八郎潟町立面潟中(1963)、<仙北郡> 美郷町立六郷中(2012)、美郷町立千畑中(2012)、美郷町立仙南中(2012)、千畑村立千屋中(1968)、千畑村立畑屋中(1968)、仙南村立金沢中(1960)、仙南村立東中(1960)、仙南村立西中(1960)。

春季・秋季東北地区高等学校野球大会 / 2009・平成21年以降 秋田県代表校

春季・秋季東北地区高等学校野球大会秋田県代表校
589

平成28年8月 / プロ15年目で通算150勝 金田、松岡に続く球団史上3人目

e2c8351b2020シーズン6月19日対中日戦で開幕投手、40代としては22年ぶり史上5人目。2020.8.26現在、5試合先発登板0勝2敗、投球回数24.1、被本塁打3、防御率5.55.通算171勝165敗。<2016.8.28> 平成28年8月27日 ヤクルト5-2阪神(甲子園)。ヤクルト先発石川雅規投手(36、秋田商-秋田北)が、8回2/3を6安打2失点で、通算150勝を達成、プロ48人目。金田正一、松岡弘に続く球団史上3人目の偉業。プロ15年目で金字塔を打ち立てた。「僕1人では、達成できない。応援してくれる妻、2人の子ども。ルーキー時代から使ってくれた監督やコーチ、裏方さん。僕らは1人ではグラウンドに立てない」 と感謝の言葉を並べた。平成8年秋田商2年時の秋季秋田市内リーグ戦で敗戦処理扱いで登板して更に大炎上した場面に遭遇した観客の1人としてはプロ通算150勝達成は万感の思い。

平成25年3月閉校 / 秋田県立鷹巣農林高等学校野球部歴代主将(昭和56年~)

takanou11995年8月26日、オリックス 佐藤義則投手 対近鉄戦(藤井寺)40歳11カ月でノーヒットノーラン達成(バッテリー 中嶋聡捕手)、史上61人目(72回目)、当時の最年長記録。<鷹巣農林> 昭56 安保正樹(比内)、→昭57 藤原甚英(鷹巣)、→昭58 藤島 弥(鷹巣)、→昭59 福島 相(阿仁一)、→昭60 長岐哲弥(鷹巣)、→昭61 中嶋 聡(鷹巣)、→昭62 浪岡重樹(鷹巣)、→昭63 河田光美(鷹巣)、→平1 高坂和広(鷹巣)、→平2 雁野 晃(鷹巣)、→平3 成田光明(鷹巣)、→平4 三澤茂孝(鷹巣)、→平5 千葉 久(鷹巣南)、→平6 伊藤孝洋(鷹巣)、→平7 柏木公平(鷹巣南)、→平8 佐藤嘉秀(鷹巣南)、→平9 渡辺公大(比内)、→平10 松岡秀英(合川)、→平11 永井優生(鷹巣)、→平12 佐藤雅晴(鷹巣南)、→平13 近藤幸広(鷹巣南)、→平14 米山 央(鷹巣)、→平15 櫻田佳希(合川)、→平16 坂上正登(合川)、→平17 畠山祐太(鷹巣)、→平18 宮腰 樹(鷹巣南)、→平19 佐藤真太朗(比内)、→平20 工藤卓也(合川)、→平21 今川貴秋(鷹巣、学校創立100周年、ベスト8進出)、→平22 齊藤雅哉(阿仁、鷹巣農林最後の主将)、[校訓] 資質端正、自主自立、友愛明朗。

記録/珍しい2点犠飛/プロ野球中日京田陽太内野手が神走塁で二塁から一気に生還

2<中日-阪神> 2018年7月31日ナゴヤドーム、中日京田陽太内野手 (24) が “神走塁” を披露し、めずらしい2点犠飛を演出。3回、武山真吾捕手 (34) の右前打で1-1と追いついて、なお1死満塁の場面。大島洋平外野手 (32) の放った打球は中堅やや後方への飛球。中堅の俊介がつまずきながら捕球すると、三塁走者はゆっくり生還。さらに二塁走者の京田は即座に二塁からタッチアップ。中継がもたつく間に1度もスピードをゆるめずに、本塁を駆け抜けた。公式記録員は 「打点2」 と発表。犠牲フライで2打点するいわゆる 「2ラン犠飛」 は、ロッテ鈴木が13年9月15日の西武戦で記録して以来5年ぶり。

岩田努氏「秋田高球児たちよ あの夏を越えよ!」(昭和39年秋~昭和40年夏)

041_036_imgs-00015月26日はラッキーゾーンの日。1947年のこの日、甲子園球場にラッキーゾーン設置、広すぎてホームランが出にくいとの理由で設置されたが、1992年に撤去<2017.1.31>秋田県勢甲子園第1号は昭和40年成田憲明(日本航空-慶応大)、初戦大鉄戦の6回、2球目のストレートをライトラッキーゾーンに運んだもの。「初戦で緊張し、前半0-3でリードされていて、打った瞬間入ったと思った。会心の一撃だった」。延長13回決勝点のホームを踏んだのも成田選手。2015.2.27>大久保正樹氏(66、秋田県軟式野球連盟副会長兼理事長)2014年度秋田県スポーツ賞功労賞受賞。<昭和40年夏秋田高校登録選手> [右]成田憲明、[遊]佐藤茂範、[二]○飯塚明、[捕]藤原稔、[一]岡本隆、[中]今井敦雄、[投]鐙文行、大久保正樹、[左]斎藤正人、藤原清己、[三]渡辺和美、広瀬光男、堀内一志、高橋修平、[監]渡辺博太郎。昭和40年夏甲子園大会準決勝で三池工に敗れた秋田高校の甲子園大会までの軌跡を纏めた 「秋田高球児たちよ あの夏を越えよ! いま振り返る 悲願の全国制覇にかけたあの夏」(岩田務氏平成24年7月作、A4サイズ22ページ)、前作の「秋田中学第一回準優勝までの足取」に次ぐ労作。 

高校野球ドットコム紹介 / 秋田修英高校 佐藤秋彦野球部長(秋田大-湯沢-雄勝)

KIMG0005[1]雄勝中で主将(秋田商太田直監督の1年先輩)、湯沢高で主将、秋田大で主将(北東北大2部リーグでベストナイン・首位打者)。秋田修英教諭着任と時期を同じくして県内外含め部員増加傾向。今後の監督・コーチ陣との更なる指導体制構築に注目。 秋田修英高校野球部指導者紹介  <秋田県立湯沢高校野球部歴代主将 昭和56年~>。昭56佐藤義則(十文字)→昭57新山英世(稲川)→昭58阿部哲哉(湯沢北)→昭59小松知彦(羽後)→昭60小野哲(湯沢南)→昭61柿崎国夫(醍醐)→昭62生田目仁司(湯沢南)→昭63信太勉(三輪)→平1小野崎勝徳(湯沢北)→平2小嶋幸喜(須川)→平3最上宏(増田)→平4高橋靖(稲川)→平5藤原雅典(山内)→平6佐々木仁(稲川)→平7佐藤雅和(山内)→平8佐藤秋彦(雄勝)→平9柿崎貴之(横手南)→平10高橋哲也(十文字西)→平11里見一成(湯沢北)→平12後藤武典(稲川)→平13佐藤優次(湯沢北)→平14高久幸太(湯沢北)→平15桐田良平(雄勝)→平16斎藤孝仁(湯沢南)→平17上坂翔太(稲川)→平18益子翔大(湯沢北)→平19柴田遼太郎(高瀬)→平20柴田豊(高瀬)→平21佐藤康之輔(皆瀬)→平22石垣理貴(羽後)→平23松田和也(湯沢北)→平24土田大和(羽後)→平25西村泰羅(平鹿)→平26斉藤友哉(湯沢北)→平27松岡功(雄勝)→平28高橋航大(雄勝)→平29富谷陽一郎(湯沢南)→平30沼倉凌(湯沢北)→令01松田和也(湯沢北)。

2015平成27年5月22日 大館工-秋田商 秋田県初の延長タイブレーク実施

阿部優大(大館工-八幡平)-成田翔(秋田商-秋田東)

戦後 / 全国高等学校野球大会 (春センバツ・夏選手権) 秋田県代表校対戦成績。

秋田中央 甲子園出場 昭和43、46、47、49年(秋田市立)、令和元年
uzi

戦後 / 秋田県勢 経法大付・秋田商・能代商 夏甲子園大会3年連続出場を試みるも

3度いずれも1年目に決勝で敗れたチームが阻止して甲子園出場
<チョコパン>さん
https://twitter.com/smalto19
cho

大仙市立中仙中学校 山形琉唯投手(3、中仙)2回戦 対羽後中戦で完全試合達成

2fc099bf

2004~2013 / 秋田県高等学校野球大会記録集(秋田県高等学校野球連盟)

日本学生野球協会表彰(高校生) 高木昇捕手(秋田)~熊谷郁哉投手(秋田中央)。

2020センバツ大会秋田県選出なし / 残念シーズンオフ企画 / 高校野球列伝 ① 。

思いつくまま徒然に、脈絡は全くkikakありません、敬称略。昭和40年夏甲子園大会、秋田高校ベスト4の背番号1は左の鐙文行が付けていたが、2年生大久保正樹がは1回戦大鉄、2回戦日大二戦でロングリリーフ好投。昭和46年秋田市立高校、高橋 (範) がエースナンバーだが船木千代美がロングのリリーフ。昭和48年秋田高校、ファースト小野巧 (八郎潟) がエース高原宏 (八郎潟) をリリーフして好投。昭和49年秋田市立、エースは石崎透 (高清水) だが、控えの鷲谷亘 (秋田北) は他チームではエースだったろう。昭和61年秋田商、エースは山岡政志 (下浜)、藤原博直 (羽城) も好投手だった。昭和55年秋田商、エースは高山郁夫 (花岡)、控えは背番号1で主将の安保 (八幡平)、他にも今野山本英樹 (秋田南) と多彩だった。平成5年経法大付、2年小野仁 (泉)がエース格、控えには左の小島英人 (泉) と右の小倉克芳 (勝平) がいた。また捕手の西山純 (西部) と外野手多田勝 (左近山)は元レギュラー。平成6年秋田高校、エースは今利浩 (協和) で控えの下手 / 池田智 (大正寺)と上手 / 松田真拓 (八郎潟)の両右腕は完投能力十分だった。新チーム秋のレギュラー大和田平 (城南)もスーパーサブ。平成7年金足農、ベスト8進出のエースナンバーは千葉純 (勝平) だったが、故障のため一塁 / 佐藤慶和 (合川) がエース格で右の外野手佐藤直人 (勝平) と加藤優貴 (大潟) もマウンドに上がった。平成8年春秋田高校、後藤光尊 (八郎潟) がエースで本格派の神谷了 (協和) と技巧派の森康隆 (秋田南) が後ろに控えた。三塁には控えながら2年の伊藤元志 (男鹿南)が先発で出場した。同年夏、経法大付エース左腕金沢博和 (花輪二) の他にも右の鎌田祐哉(秋田北)。野手組では前の4番の三浦怜也 (神代) もいた。平成9年秋田商、エースは石川雅規 (秋田北)、サブで信田道輝 (西仙北東)、根元喬 (稲川) それに1年の伊藤大吾 (城東)。平成10年金足農、田口正也 (河辺) はエース左腕佐藤佑 (城東) に劣らないサウスポーだった。

センバツ資料 / 2019(令和元年) 秋季高校野球 都道府県大会 優勝・準優勝校。

kentak

日本高野連資料/ 秋田県高等学校野球連盟加盟校 硬式野球部登録選手数推移。

日本高野連資料/ 秋田県高等学校野球連盟加盟校 硬式野球部登録選手数推移。

Number Web 調査 「平成」 高校野球番付 春夏通算勝利数 優勝回数 (西日本)。

wes

Number Web 調査 「平成」 高校野球番付 春夏通算勝利数 優勝回数 (東日本)。

2019(令和元年)第12回秋田県地区選抜大会・第8回タケハンカップ優勝チーム。

クリップボード

全国高等学校野球選手権大会 / 秋田大会決勝戦スコア (昭和53年~令和元年)。

- 1県1校制後 -
599

2019(令和元年度) 秋季秋田県中学新人軟式野球大会 各地区大会 成績上位校。

595

全国選抜高校野球大会出場21世紀枠校 / 秋田県高等学校野球連盟歴代推薦校。

593
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日: