gogaインフィールドフライ 野球規則2・40より一部引用。ノーアウトまたはワンアウトで、走者が一・二塁、一・二・三塁に あるとき、打者が打った飛球(ライナーおよびバントを企てて飛球となったものを除く)で内野手が普通の 守備行為をすれば、捕球できるものをいう。審判員は、打球が明らかにインフィールドフライになると判断した場合には、走者が次の行動を容易に とれるように、ただちに〝 インフィールドフライ 〟を宣告しなければならない。また、打球がベースラインの近くに 上がった場合には〝 インフィールドフライ・イフ・フェア 〟を宣告する。インフィールドフライが宣告されてもボールインプレイであるから、走者は離塁しても 進塁してもよいが、その飛球が捕らえられれば、リタッチの義務が生じ、これを果たさなかった場合には、普通の フライの場合と同様、アウトにされるおそれがある。たとえ、審判員の宣告があっても、打球がファウルボールとなれば、インフィールドフライとは ならない。故意落球。バッターがフライをあげたとき、内野手がボールに触れたあとに意図的に落球すること。落球したときに併殺(ダブルプレー)を取ろうという意思が見られた場合には故意落球と判断され、バッターはアウトとなりランナーはもとの塁に戻されます。内野手がボールに全く触れなかった場合は、このルールは適用されないので併殺を取ることも可能。外野手には故意落球はない。※ 坂井遼太郎氏コメント。素晴らしいプレイ、バントにインフィールドフライは適用されませんが、実は故意落球は適用されます。なので、仮にこのプレイで地面に落ちる前にグラブにボールが当たっていたら、故意落球となり、打者だけしかアウトにできなかったんです!