kyuto<新聞報道> 環境問題に取り組む東京都の企業が、野球のバット製造で生じた廃材を使い、プラスチックの代替となる新素材を開発した。熱に強く加工しやすいのが特徴で、食器やスプーン、フォークなどに幅広く活用できる。企業にプラ削減を求める新法が4月に施行されるのを前に、引き合いが相次いでいるという。新素材は菱華産業(東京)や東京都立産業技術研究センターなどが共同開発。木粉に特殊な熱処理を施した上で、微生物の働きで分解できる「生分解性プラ」と配合して生み出した。厚みや丸みを加工しやすく、お湯を注いでも変形しない。同社などは皿やボウル、タンブラーを商品化。近く販売を始める予定だ。(バットの廃材を使ったプラスチック代替素材で商品化した皿とボウル、タンブラー 東京都立産業技術研究センター提供)