bbc213(平成25年)12月8日、中学生がキャッチボールの正確さとスピードを競う キャッチボールクラシック2013全国大会」(主催/日本プロ野球選手会)が岩手県滝沢村で行われ、茨城県常陸太田市立太田中が優勝。競技内容は、1チーム9人が7メートル離れて向かい合い、2分間に何回キャッチボールをできたかを競う。参加チームは、各県の予選を勝ち上がった34チームと地元岩手県招待2チームの計36チーム。上位2チームはプロ野球選抜チームとも対戦し、両チームともプロに勝利。また、初開催となった小学生の部には招待された12チームが出場し、東京塚戸Tレックスが優勝。