★ 備忘録 「熱球通信」 ・ 特定非営利活動法人秋田県野球フォーラム ★

「熱球通信」は特定非営利活動法人秋田県野球フォーラム会員有志による備忘録を兼ねた「秋田県野球」にこだわった私的ブログです。掲載している記録等については公式なものではありませんのでご注意願います。リンク等についてはオールフリーですので事前のメール等一切不要です。更新頻度は原則毎日の更新です。秋田県出身で県外に在住の方も念頭に更新していきますが、内容等一部については地元情報と時差が生じる場合があります。練習・親善試合の結果情報は原則掲載しません。また、コメント送信欄と掲示板については諸般の事情により対応していません。積極的な中学硬式野球・女子野球の紹介に努めています。

2022年07月

野球伝来150年記念 プロアマ記念試合 U-23NPB選抜-大学・社会人選抜

広島東洋 藤井黎來投手(大曲工-美郷)選出
令和4年8月1日 U-23NPB選抜-大学・社会人選抜(明治神宮球場)

kuzi
大学・社会人選抜 TDK権田琉成投手選出

2022 第46回全日本クラブ野球第二次予選東北大会( 7/29~ 大曲 協和 )

第4代表決定戦 ゴールデンリバース11-0水沢駒形野球倶楽部(協和)
4
- 備忘用で正規のものとは違いますので主催者発表と照合確認願います -

2022 / 令和4年 第67回全国高校軟式野球 西東北大会(7/30~、鶴岡市)

決勝 / 能代4-2秋田(鶴岡ドリーム)
731
五所川原 = 五所川原第一
42

202 令和4年 第88回秋田県少年軟式野球大会 決勝 城南-桜(7/28 八橋)

東北大会(8/4〜 仙台市民球場ほか)
itu

二塁へのハーフライナー 二塁手 落球し二塁封殺も「故意落球」判定で打者アウト

<スポーツ紙> 7月29日ロッテ-オリックス(ZOZOマリン)3回表オリックスの攻撃は1死一、三塁。ここで5番杉本の打球は二塁へのハーフライナー。二塁手の中村奨が捕球したと思われた直後に、落球。すぐさま二塁カバーに入った遊撃藤岡に送球し、一塁走者の吉田正がフォースアウトに。併殺には間に合わず、藤岡は一塁には送球しなかった。このプレーに対し、石山球審が場内に説明。中村奨の故意落球があったとし、打者走者の杉本がアウトに。フォースアウトになったと思われた吉田正が一塁上に残った状態で、2死一、三塁でプレーが再開した。オリックスはこの後、2死満塁から押し出し死球で勝ち越し点を入れた。※ 故意落球 内野手が容易に捕れるはずの打球を、触れた後に落球した場合に適用されるルール。公認野球規則5.09(a)にあり、無死または1死で、走者が一塁、一、二塁、一、三塁、満塁のとき、内野手がフェアの飛球かライナーを故意に落とした場合に適用される。攻撃側に不利になる併殺を防ぐためで、この場合は打者がアウトになり、ボールデッドとなって走者の進塁は認められない。

2022 令和4年 秋田県少年軟式野球大会優勝 城南中学校 船木正志監督(47)

秋田さきがけ 34年ぶり2度目 新潟大-秋田高軟式-秋田東
5214514

202 令和4年 第88回秋田県少年軟式野球大会 決勝 城南-桜(7/28 八橋)

sug

2022 / 令和4年 第88回秋田県少年軟式野球大会(7/24~、こまちほか)

-簡易備忘用ですので主催者発表と照合確認願います -
1

2022 / 令和4年 第88回秋田県少年軟式野球大会(7/24~、こまちほか)

第88回大会決勝 城南1-0泉
7.28
- 準決勝 -
727
- 準々決勝 -
726
城南 堀野諒投手(3、四ツ北手野球スポ少)ノーヒットノーラン
725
- 備忘用日程ですので主催者発表と照合確認願います -
7.24

2022 / 令和4年 第88回秋田県少年軟式野球大会(7/24~、こまちほか)

開会式行わず 開始式選手宣誓 城東中 小林史弥主将(3、捕、秋田市東部STスターズ主将)
- 備忘用組合せですので主催者発表と照合確認願います -
20

202 令和4年 第88回秋田県少年軟式野球大会 決勝 城南-桜(7/28 八橋)

ABS秋田放送
88

2020.10 大学で投手転向 東北公益文化大 赤上優人投手 埼玉西武育成1巡目

2022.7.27 支配下登録選手#67
ue

史上最遅ボールで球場ざわつく 日本ハム 伊藤大海 計測不能山なり超スローボール

春夏連続 聖光学院 山浅龍之介捕手(3、東北楽天-小友ジグザク・楽天ジュニア)

ys
今年9月開催 U18ワールドカップ 日本代表一次候補メンバー選出
3

秋田さきがけ / 開幕間近2021 プロ野球秋田関係選手 埼玉西武 赤上優人 投手

支配下登録選手に 新しい背番号は7月28日の会見で発表
yuu

対盛岡四で本塁打 一関学院3番小杉晟二塁手(3 本荘東・秋田ヤング主将-石沢)

kosg
8回表ライトへ2ランホームラン

FXnfIjnakAEzA0z

2022 令和4年第88回秋田県少年軟式野球大会4強 横手南・城南・桜・大潟

横手南準々決勝先発            城南準々決勝先発
yo
準々決勝先発          大潟準々決勝先発 
sa

2022 令和4年 第93回都市対抗野球大会(7/18~7/29、東京ドーム)

2回戦 TDK4-0JFE西日本  1回戦 TDK3-2Honda(東京ドーム)
7.26

日本高等学校野球連盟 来春以降のセンバツ大会 選考基準を示すガイドライン公表

rikaiガイドラインの内容、理解できますか。・高校野球センバツ大会の選考基準を示すガイドライン7月12日公表。<基本原則>1.選抜高校野球大会は招待大会であり、選考委員が、選考委員会において厳正、公平に出場校を選出する。2.本大会の特色は予選を持たないことである。秋季大会の試合結果は重要ながらも、あくまで参考資料の一つである。3.本大会の理念を実現するため、勝敗のみにとらわれず、出場にふさわしい学校を選出する。4.選考委員それぞれが選出の理由を説明できるように努める。<評価のポイント>1.秋季大会の試合結果、試合内容をもとに評価する。その割合は同程度とし、総合的に判断する。2.試合内容については、投手力、打撃力、守備力、機動力など技術面のみならず、作戦の徹底、創意工夫、粘り強さといった試合運びや、フェアプレー、マナー、きびきび、はつらつとした動きといった野球に取り組む姿勢のほか、戦力のバランスやチームの潜在能力、大会を通しての成長ぶり、チームワークなども評価の対象とする。3.複数の学校の評価が並んだ場合、できるだけ多くの都道府県から出場できるよう地域性も考慮する。4.秋季大会については、府県大会についても参考とするが、選考委員が視察する地区大会の結果、内容を優先する。<2019.1.1、識者指摘> 日本高野連の伝家の宝刀は取材許可証の没収。全国高校野球大会を共催している日本高野連と新聞社。教育の一環という立場は譲れない公益財団法人と出場校を増やして大会を部数拡張・収益確保の有力イベントと位置づける営利法人。この本来は水と油の両者が同床異夢で運営することで諸々のいびつが生じている。新聞社(系列スポーツ新聞社含)・スポーツ出版社等マスコミ各社にとっては、高野連の逆鱗に触れて取材許可証を取り上げられる(取材できない)ということは死活問題一歩手前で、どうしても高校野球連盟に忖度してしまう。※ 某スポーツ紙が第100回大会を記念して男女アベック決勝開催計画協議と高野連を通さず報じて後日紙面で異例の撤回と謝罪。

2022令和4年第104回全国高校校野球選手権大会出場秋田県立能代松陽高校

球審・記録員 ボールカウント誤り三振を四球に 長野県高野連 緊急会見を開き謝罪

b2594bca<新聞報道、全文紹介> 長野県高野連は24日、南長野運動公園野球場で緊急会見を行い、20日に行われた篠ノ井-日本ウェルネス長野(4回戦=南長野運動公園野球場)での不適切な対応に関し、状況を説明した上でミスを認め謝罪した。加藤尚也同野球連盟会長(61)が会見冒頭で「審判及び、記録員の不適切な対応、そして運営上の不適切な対応を深くおわびいたします。申し訳ありませんでした」と、深く頭を下げ、日本ウェルネス長野と篠ノ井の両校の選手以下監督、部長、学校関係者に謝罪した。不適切な対応があったのは7回表、篠ノ井の攻撃。先頭打者へのボールカウントの誤認がきっかけだった。先頭打者に対するカウントは以下の通り。<1>見逃しストライク<2>ファウル<3>ボール、ここで日本ウェルネス長野の捕手が、カウント1-2だと球審に間違いを伝えたが、ここで球審とボールカウントを操作する担当者の間であいまいなまま進行してしまう。1-2と表示すべきところで、2-1と誤表示したまま投球が進んでしまう。<4>見逃しストライク(本来ならここで三振も、誤表記に従いカウント2-2に)<5>ボール<6>ボール、6球目のボールによって四球となった。ここで日本ウェルネス長野のベンチから三振ではないかとの疑問の声があがったが、審判団でも明確に間違いを正すことができず、さらに記録員もこの間違いを訂正することができず、記録は四球として試合は続行された。試合は3-2で篠ノ井が勝利した。この初歩的なミスについて加藤会長は「あってはならないことで、選手に何て説明をすればいいのか、私は最初にこの事実を知った時には怒りがこみあげてきた。しかし、本当に被害を受けたのは両校の選手であり、準々決勝が終わった区切りの時点で、現状で分かっている部分について説明し、おわびをすることにしました。また、ここまで対応が長引いた不手際も陳謝いたします」と、沈痛な表情で状況を説明した。試合を担当した球審と記録員には厳重注意を与え、この大会での職務から外す。そして、長野高野連の会長、専務理事ら長野大会を運営する責任者への対応は「この問題の処理について、今後の状況を見てから判断します」と説明した。22日に加藤会長が日本ウェルネス長野を訪れ、責任教師、中原監督に事情説明し謝罪した。同校からは多くの支援者がいる中での基本的なミスに対し、釈然としない関係者もいることから、今回の謝罪会見を行うことで、長野高野連がミスを認め、深く反省し、再発防止に全力で取り組むことを伝える決断に至った。なお、この打席について、加藤会長は「記録上は四球の扱いのままになる」と説明した。「特に日本ウェルネス長野のみなさんは、気持ちの整理もつかない中で、本当によく最後まで戦ったと思います。その健闘を心からたたえたいと思います」。直接ミスをしたのは当該の球審であり、それを指摘できなかった他の審判員、また記録員ではあるが、ストライク3球で三振という野球の根本的なルールを正確に実行できなかったこと。それが球児が甲子園をかけた夏の大会だったことを含め、加藤会長は何度も謝罪の言葉を述べ、両校の選手に対し「高校生の試合でこういうことをしてしまい、本当に申し訳ない。おわびの言葉もありません」と、終始謝罪の姿勢を続けていた。

2022令和4年大相撲7月場所(7/10~ 愛知県体育館)秋田県出身力士番付

千秋楽 将豊竜 突き落とし 勇輝(2-4、33枚目、陸奥、宮崎)
sho
千秋楽 佐々木山 寄り倒し西乃龍(4-2、25枚目、境川、大阪)
sa
14日目 龍王 送り出し 常幸龍(3-4、23枚目、木瀬、東京)
521451
欧山田
(山梨学院大-秋田商-杉田道場) 西序ノ口18
7

秋田さきがけ 令和4年 第88回秋田県少年軟式野球大会開始式( 7/24 八橋 )

開会式は行わず開始式 選手宣誓 城東中 小林史弥主将(3、捕、秋田市東部STスターズ主将)
kob

コンディション最悪 全国高校野球岩手大会 準決勝 一関学院-盛岡一(岩手県営)

岩手朝日テレビ
FYVtE0fVQAAlYjN
報知新聞
vRBV614n

有田工8番山口洸選手 1球ごとに右打席と左打席を入れ替えるスイッチヒッター

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索