★ 備忘録 「熱球通信」 ・ 特定非営利活動法人秋田県野球フォーラム ★

「熱球通信」は特定非営利活動法人秋田県野球フォーラム会員有志による備忘録を兼ねた「秋田県野球」にこだわった私的ブログです。掲載している記録等については公式なものではありませんのでご注意願います。リンク等についてはオールフリーですので事前のメール等一切不要です。更新頻度は原則毎日の更新です。秋田県出身で県外に在住の方も念頭に更新していきますが、内容等一部については地元情報と時差が生じる場合があります。練習・親善試合の結果情報は原則掲載しません。また、コメント送信欄と掲示板については諸般の事情により対応していません。積極的な中学硬式野球・女子野球の紹介に努めています。

2011年07月

平成23年夏 能代商に函館大から佐藤将太郎、稲辺大介両投手がサポート役として来県。

satouinabe<新聞記事よりの紹介>2年連続3度目の甲子園出場を決めた能代市立能代商野球部に、北海道六大学リーグ所属の函館大から佐藤将太郎投手(4、主将、横浜創学館)、稲辺大介投手(4、副主将、千葉商)の2人の投手が打撃投手の助っ人して来県。140km以上の速球と切れのある変化球で、全国レベルの投手に慣れるためのもので、甲子園まで帯同してもらうことに。 平成23年春に田村清司投手(1、能代商-峰浜)が函館大に進学したのが縁で実現。http://www.hakodate-u.ac.jp/club/modules/tinycontent14/index.php?id=104

第93回高校野球選手権広島大会決勝(如水館-新庄)は、兄弟監督決戦に(元広島商監督)。

<新聞報道より>第93回高校野球選手権広島大会の決勝は、如水館(私)迫田穆成監督(72)が、新庄(私)迫田守昭監督(65)との兄弟対決を制し2年ぶり7度目の甲子園切符。夏の大会兄の3勝目(4戦 )。秋田県関係では親子監督(佐々信夫、仁監督や秋田経大付伊藤朗監督、盛岡一伊藤貴樹部長 http://www.hakua-bb.jp/the_team.html )の例はあるが、県内兄弟監督の例はまだない。(未確認につき情報お願いします  jstaff@cna.ne.jp ) 他県にまたがる例としては、つくば国際大東風 桜庭裕也監督(三男)と大館工 岩谷(桜庭)裕士監督(四男)。中学では兄秋田東(当時)三浦純也監督と弟御野場(当時)三浦直樹監督(3歳差)。

広島カープ佐藤剛士投手(秋田商-上新城)戦力外通告。→ 会社員(広島市、建設業)で再出発

satoutuyosi
satoutuyosi3_jpsatoutuyosi2satoutuyosi4平成23年7月30日付秋田さきがけ新聞7面「コンパス」欄に佐藤剛士投手(25)の近況報告掲載。高校まで一緒の渡邊潤也捕手も印象深いです。
【2010.12.17】広島東洋カープ佐藤剛士投手(秋田商-上新城)戦力外通告→ 会社員(広島市、建設業)で再出発。
【2010.10.07】個人的な一番の思い出は、彼が高校2年生秋の時から始まった秋田県高校野球連盟主催の強化招待試合の対龍谷大平安戦。琴丘スカルパ球場での朝早い試合だったので、初回はまだモヤがかかったような状態で、グランド真近で右対左の投手戦を観たこと。その頃はまだ平安と言っていた時代で、原田監督のベンチからの声がよく通って球場中に響いていました。
【2010.10.04】(速報)広島佐藤剛士投手(秋田商-上新城中)に戦力外通告。シーズン中からある程度覚悟はしていましたが、、、当地雨も降っており暗く寂しい週始めとなってしまいました。全県少年野球優勝投手。2005年ドラフト1位入団。2006年1軍初先発。

能代商野球部主力選手に学校医が専用スポーツ用マウスピースをプレゼント。

<新聞記事より紹介>平成23年第93回全国高校野球選手権に出場する能代商野球部主力選手に学校医の鈴木洋一医師が専用のスポーツ用マウスピースをプレゼント。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B9_(%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84)

秋田県高校野球連盟強化試合招待校 平成23年夏地方大会、花咲徳栄、横浜、龍谷大平安 ◎。

[平成22年 桐光学園]○瀬谷西○伊志田○大和東、○日大藤沢○法政二○桐蔭学園●横浜
[平成21年 ; 桜美林]○南多摩○中大杉並○都府中西●嶺明館
[平成20年 ; 八千代松陰]●大多喜
[平成19年 ; 花咲徳栄]○富士見○所沢○川越工○南稜○武南○浦和学院○春日部共栄
[平成18年 横浜]○白山○横浜商]○山北○東海大相模○立花学園○横浜創学館○桐光学園
[平成17年 ; 大商大堺]○平野、○八尾飛翔●興国
[平成16年 ; 京都成章]○立命館●京都すばる
[平成15年 ; 龍谷大平安]○京都農芸○京都共栄、○東山○山城、○福知山成美、○立命館宇治

【2010.7.30】 平成22年夏甲子園予選大会戦績 (☆シード校)
<平成15年;龍谷大平安>○紫野○大江○花園○塔南○東山●京都翔英
<平成16年;京都成章☆>○洛陽工○京都海洋○西乙訓○西舞鶴○乙訓●京都外大西
<平成17年;大商大堺>○美野○阿倍野●上宮太子
<平成18年;横浜>○津久井浜○藤沢翔陵○横須賀総合○向上○横浜商大高○桐蔭学院○横浜隼人●東海大相模 ※準優勝
<平成19年;花咲徳栄☆>○市川口○大宮北○越ケ谷○富士見○西武台○川越東●本庄一 ※準優勝
<平成20年;八千代松陰>●君津
<平成21年;桜美林(西東京)☆>
○東海大菅生○1田無工○佼成学園●日大鶴ケ丘 

平成20年、平成23年 潟上市立羽城中学校野球部 全県少年野球大会登録選手。

           個人情報の扱いは「選手個人名の取り扱い」に拠っています。
           携帯では判読不能になります。
           訂正要の場合は速やかに対応します。 jstaff@cna.ne.jp  FAX 018-829-0973
2023uzyou

◇平成23年 第77回全県少年野球大会、優勝:羽城(3年ぶり4度目)、準優勝:稲川 。

77 【秋田さきがけ新聞】 http://www.sakigake.jp/p/sports/11/junior/
 【少年野球速報】 0180-99-1231

 [GSよこて] 羽城 6-3 稲川
   平成19年 稲川(福嶋投手、3)2-0羽城(関谷投手、2)以来の決勝再戦。
   今年春の練習試合では羽城が勝利も、稲川は春/夏連覇に意欲。

◇平成23年 第77回秋田県少年野球大会(7/24~、大仙市・横手市)。

                                           このトーナメント表は正式なものとは異なっています。
                                           東北大会:8/8~山形県、全国大会:8/17~和歌山県
                                           選手宣誓:潟上市立羽城中学校 大石涼祐主将(3、外)
237721


京都翔英1年生5番榎本和輝選手、夏の京都大会2回戦2本塁打。→ 帝京石川捕亮手も1年生

ここにきて、帝京石川亮捕手(1、#18)の評価上昇中。
【2011.7.13】平成23年7月12日高校野球京都大会2回戦対花園戦( 京都翔英6-5花園)で、京都翔英5番榎本和輝選手(1、181/78、右右)が初回と8回に1年生ながら2本塁打(4打点)を放った。15歳で5番一塁で先発出場(背番号17)。入学後練習試合を含めて既に通算9本塁打。投手兼任で球速130km台。帝京石川亮捕手も帝京史上初の1年生捕手。

福岡県高野連、平成23年第93回福岡大会から「必勝祈願千羽鶴」の譲り渡しを禁止に。

<新聞報道より>福岡県高校野球連盟は、平成23年の第03回全国高校野球選手権福岡大会から、敗退した高校の「必勝祈願千羽鶴」を勝利した高校に譲り渡すことを禁止とした。これは、勝ち上がるにつれて増え続け、持ち運びや飾る場所に苦慮している実情に配慮したもの。福岡県高野連によると、千羽鶴の譲り渡しは30年以上前から続いてきており、高校野球の夏の風物詩として定着する一方で、勝ち上がる高校にとっては、増え続ける千羽鶴が負担になっていた。千羽鶴は学校で保管し、一羽鶴を勝利校に託すのが折衷案。

広島大会準決勝で選手交代のルール確認に手間取り、1時間19分中断のハプニング。

<新聞報道より>平成23年7月26日の広島大会[準決勝]崇徳対新庄戦(マツダスタジアム)、延長10回4-4の同点の場面で、選手交代のルール確認と説明のために試合が午後3時32分から同4時51分までの1時間19分中断するというハプニング。崇徳は無死一塁のピンチで先発阪垣選手を左翼に回し、松尾選手を登板させた。松尾選手が次打者に犠打を決められ一死二塁となると、再び阪垣選手をマウンドへ戻し、松尾選手を左翼へ、さらに二死三塁となってから、再び左翼松尾選手と投手阪垣選手を入れ替えた。
野球規則では、この交代は認められていない。しかし審判が投手交代をコールしてしまい、松尾選手も投球練習を始めた。投手交代となれば阪垣選手はベンチに下がらなければならないが、この時点で崇徳はベンチ入り選手20人を使い切っていた(野球規則を厳密に適用すれば、没収試合になり崇徳の敗戦)。高野連役員の話し合い、新庄迫田監督の抗議などで、中断は延びに延び、結局1時間19分後に投手・阪垣、二死三塁から試合再開(再開直後に新庄が1点を勝ち越し、5‐4で勝利)。広島県高野連阿蘇理事長談「申し出があった時に、審判がルールを把握していなかった。高校野球は教育的な意味合いを持ってやっているので、没収試合よりは元の状態に戻して試合再開しようと最終的に判断した。」

能代商業高等学校、甲子園出場おめでとう!、地元能代市「北羽新報社」作成ポスター。

posterasahimainitisenbatu2393nosiroshou



夏の甲子園大会「VICTOR」のポスターも保存していましたが、現在所在不明になっています。

◇平成23年 第77回全県少年野球大会(7/24~、大曲球場・GSよこて) 第4日目。

77 【秋田さきがけ新聞】 http://www.sakigake.jp/p/sports/11/junior/
 【少年野球速報】 0180-99-1231

              - 準決勝 -

 [GSよこて] 羽城 2-1 平鹿、稲川 6-2 山王

平成23年 第9回ローリングス旗争奪学童軟式野球秋田大会、優勝:花館、準優勝:仙南西。

                優勝:花館、準優勝:仙南西は、東北大会(8/13~、山形県)出場
23gakudourawling

◇平成23年 第77回全県少年野球大会(7/24~、大曲球場・GSよこて) 第3日目。

77 【秋田さきがけ新聞】 http://www.sakigake.jp/p/sports/11/junior/
 【少年野球速報】 0180-99-1231

             - 準々決勝 -

 [よこて] 羽城 1-0 大曲西、平鹿 6-5 西仙北東
 [大  曲] 山王 1-0 潟西、稲川 4-1 泉

◇平成23年 第77回全県少年野球大会(7/24~、大曲球場・GSよこて) 第2日目。

77 【秋田さきがけ新聞】 http://www.sakigake.jp/p/sports/11/junior/
 【少年野球速報】 0180-99-1231

 [大  曲] 羽城 2-0 秋田西、大曲西 3-0 大内
 [大  曲] 西仙北東 1-0 羽後、平鹿 2-1 十和田

 [よこて] 潟西 1-0 能代南、山王 6-2 横手南
 [よこて] 稲川 1-0 鷹巣、2-1 八竜

平成23年 第1回JA共済学童野球鹿角予選大会、優勝:小坂、準優勝:八幡平。

jakazuno

◇2011(平成23年) 第77回全県少年野球大会登録選手[1]。

           個人情報の扱いは「選手個人名の取り扱い」に拠っています。
           携帯では判読不能になります。
           訂正要の場合は速やかに対応します。 jstaff@cna.ne.jp  FAX 018-829-0973
2377-1

◇2011(平成23年) 第77回全県少年野球大会登録選手[2]。

          個人情報の扱いは「選手個人名の取り扱い」に拠っています。
          携帯では判読不能になります。
          訂正要の場合は速やかに対応します。 jstaff@cna.ne.jp  FAX 018-829-0973
2377-2

平成23年 第77回全県少年野球大会(7/24~、大曲球場・GSよこて) 第1日目。

77【秋田さきがけ新聞】 http://www.sakigake.jp/p/sports/11/junior/
【少年野球速報】 0180-99-1231

[よこて] 大曲西 8-1 大館一、西仙北東 5-1 御野場
[大  曲] 能代南 5-4 鳥海、山王 3-2 大館二、鷹巣 5-2 中仙

平成23年夏高校野球南北海道大会(円山)、優勝:北海、準優勝:駒大苫小牧(延長10回)。

      駒大苫小牧鎌田智海投手(2、大曲西)決勝対北海戦2番手登板
      駒大苫小牧鎌田智海投手(2、大曲西)対北尚志学院戦先発
      駒大苫小牧鎌田智海投手(2、大曲西)対北照戦先発
      今春センバツ8強北海、北海道大会覇者函館大有斗が○
      札幌一、北照、北海道栄にも地力、2年生主体駒大苫小牧
2393minamihokkaidou

大阪市立天王寺商、平成24年学校統合で夏の大会39連敗で歴史に幕。

大阪市立天王寺商が7月22日、夏の大会初戦で初芝立命館に0-14でコールド負け(5回)し、統合による校名変更を平成24年春に控え、“最後の夏”を勝利で飾ることはできなかった(夏の初戦敗退39)。※現在夏の初戦24連敗中の東商、平成21年に連敗を25で止めた市岡商と統合、新校名は「大阪市立大阪ビジネスフロンティア高校」。これを追うのが西陵36連敗、浜田水産33連敗、美馬商31連敗(いずれも今年更新)。

平成23年 第93回全国高校野球選手権秋田大会 、優勝:能代商(2年連続3度目)。

237750-2  


 [決勝]能代商 6 - 3 秋田中央

2011(平成23年)第93回全国高等学校野球選手権秋田大会(7/14~) 組み合わせ。

                       平成23年選手宣誓:秋田南 齋藤佑真主将(3、捕手、秋田南中)
239350

平成23年 第93回全国高校野球選手権秋田大会 本塁打一覧。

honjomeiouarayahomjo【2011.7.16】大野智仁(3、羽後-羽後、右右、176/66、中越ランニング、GSよこて、対秋田修英)、田子雅也(3、大館鳳鳴-尾去沢、右右、167/65、能代球場、対湯沢翔北左越)、佐藤未知洋(3、本荘-矢島、右右、183/78、八橋球場、対新屋左越)【2011.7.17】石井幸輝(2、秋田中央-五城目一、右左、172/63、八橋、対秋田北鷹)、半田洸(3、能代-二ツ井、右左、174/75、GSよこて、対由利)【2011.7.18】荒川晃輔(2、秋田西-五城目一、右右、172/65、こまち、対大館鳳鳴)【2011.7.19】安井太一(3、能代-二ツ井、右右、174/69、八橋、対角館)、齋藤崇徳(2、秋田中央-井川、右右、184/79、八橋、対横手)【2011.7.20】杉谷汰一1、秋田商-能代○、右左、166/68、こまち、対能代)、泉幸太(3、能代商-能代東、右右、176/85、八橋、対大館鳳鳴)、小川宗太朗(2、能代商-東雲、右左、176/64、八橋、対大館鳳鳴)【2011.7.21】吉田真也(3、金足農-男鹿東、右左、177/67、こまち、対能代商)【2011.7.22】小原一輝(3、秋田中央-湯沢北、右右、172/74、こまち、対能代商)
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
サイト訪問実人数
  • 今日:
  • 昨日: