★ 備忘録 「熱球通信」 ・ 特定非営利活動法人秋田県野球フォーラム ★

「熱球通信」は特定非営利活動法人秋田県野球フォーラム会員有志による備忘録を兼ねた「秋田県野球」にこだわった私的ブログです。掲載している記録等については公式なものではありませんのでご注意願います。リンク等についてはオールフリーですので事前のメール等一切不要です。更新頻度は原則毎日の更新です。秋田県出身で県外に在住の方も念頭に更新していきますが、内容等一部については地元情報と時差が生じる場合があります。練習・親善試合の結果情報は原則掲載しません。また、コメント送信欄と掲示板については諸般の事情により対応していません。積極的な中学硬式野球・女子野球の紹介に努めています。

2011年05月

2011年(平成23年) 第58回春季東海地区高校野球大会(5/27~)組み合わせ。

        [決勝]大垣商 3-1 大垣日大
        [準決勝]大垣日大7-0菰野、大垣商5-4いなべ総合
        [1回戦]大垣日大2-0静岡商、菰野11-1愛知啓成
        [1回戦]大垣商2-1中京大中京、いなべ総合8-1常歯菊川23koukoutoukai

平成23年度 秋田県小学生野球協会主催 第3回大仙美郷地区学童野球大会成績。

       Aブロック優勝:花館、Bブロック優勝:太田東、Cブロック優勝:協和

23gakudoudaisenmisato

◇平成23年 第29回大仙市中学校招待野球西仙北大会(5/28.29、西仙北緑地広場野球場)。

23haruchuugakunisisenboku 
 [決勝]仙北5-0西仙北東

 [準決勝]仙北4-0羽後、西仙北東3-1神代

 [1回戦]羽後10-0西仙北西、仙北3-2城南
 [1回戦]神代3-1能代一、西仙北東1-0潟西

◇平成23年 第37回秋田県中学校選抜招待野球中仙大会(5/28.29、八乙女球場他)。

23chuugakuharunakassen


 [決勝]協和4-3仙南(延長8回)

 [準決勝]協和5-2十文字、仙南2-0中仙

 [1回戦]十文字4-2豊成、協和3-0八郎潟
 [1回戦]中仙3-0仁賀保、仙南9-1田代

47回数えた日大山形・合川・明桜(秋田経法大付)の3校定期戦 → 今年から衣替えで。

毎年春に開催されていた恒例の3校対抗戦、今年度は合川が統合になったため日大東北(福島)が参加し開催。結果は開催地元明桜2戦2敗で厳しい結果に。(一部未確認)

■平成23年 第31回全日本学童軟式野球大会仙北市予選、優勝:西明寺、準優勝:田沢湖。

2331macsenboku

■平成23年 第31回全日本学童軟式野球秋田大会潟上地区予選、優勝:追分、準優勝:飯田川。

2331mackatagami

1999年(平成11年)東京六大学春季リーグ、早大鎌田、米村選手 ベストナイン選出。

1999年(平成11年)の春季東京六大学リーグ戦で、早稲田大鎌田祐哉投手(秋田経法大付-秋田北)、同米村洋志遊撃手(秋田経法大付-山王)がベストナインに選出。

◇平成23年 全県中学校太田招待野球大会(5/28)。→ 稲川中優勝

23chuugakuootashoutai

  [決勝]稲川1-0太田

  [1回戦]太田5-1男鹿南、稲川1-0大曲南

平成23年度 秋田県工業高校野球大会(5/27~28、八橋球場他)。→ 大館工優勝

23kougyou
[28日]大館工6ー3大曲工

[28日]大館工9-5能代工、大曲工13-3大曲工
[27日]大館工14-7秋田工、能代工11-7横手清陵
[27日]男鹿工7-0小坂、大曲工13-3由利工

※ 同側ブロック初戦敗退校同士、28日交流試合。

平成23年度 秋田県工業高校野球大会 決勝イニングスコア、先発選手。

23harukougyou







28kougyousenpatu

平成23年 第14回ミズノ旗争奪北東北大会(5/21.22.28、岩手県) → 大館 準決勝敗退3位。

  【5月28日】大館●3-13○弘前聖愛
  【5月22日】大館○-●盛岡北
  【5月21日】秋田南●-○八戸東、能代●-○弘前白神、秋田●-○青森山田、大館○-●一関、秋田潟上●-○滝沢いわて

23seniormizuno




野球特待生に関するガイドライン(各学年5人以下)、違反の場合には脱退勧告も。

日本高野連は、評議員会を開き。特待生を各学年5人とすることや、入学金や授業料以外の寮費などの生活費支援は認めないことを柱とする野球特待生制度を決定した。この制度は来年度から適用し、2015年春をめどに制度見直しを行う予定。
【2011.5.14】野球特待生に関するガイドライン(各学年5人以下)オーバー校、91校→51校→26校。日本高野連の野球特待生制度有識者会議が5月13日、東京都内で開かれ、2009年度から3年間の実態調査で、「各学年5人以下が望ましい」とするガイドラインについては、6人以上の採用が1年目の91校から51校、26校と年ごとに減少していることが事務局から報告された。

神戸のNPO法人が企画、岩手県大船渡高校が「淡路三原」、「明石」、「神港学園」と遠征試合。

東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県の強豪大船渡高校(1984春センバツ4強)が、5月28,29日の両日に兵庫県内の高校と練習試合を行うことになった。大船渡高校は、28日にバスで兵庫県に到着、神港学園野球部宿舎や同校野球部の自宅に分宿する。神戸市のNPO法人「阪神淡路大震災1・17希望の灯り」が企画し、遠征費用は神戸北ロータリークラブが負担する。

秋田県高校野球 平成21年秋季大会~平成23年夏季大会(備忘用)。

23koukouseiseki

平成23年 第59回春季高校野球秋田県大会 大曲工2試合連続サヨナラ勝ち 春季2度目優勝。

2[5月24日、決勝、こまち]  大曲工 2x-1本荘

大曲工投手陣、大会通じて評価通りの投球内容、決勝は4番今陽介主将(3、捕、平和、178/81)の二塁打で、準決勝/決勝と2試合連続サヨナラ決着で2度目の優勝。今選手は中学時代投手としても活躍。前回平成18年の優勝時は決勝で中邑-斎藤達のバッテリーで能代に6-2、能代先発は鷲尾投手。

平成23年 第59回春季高校野球秋田県大会4強 (本荘・大曲工・秋田商・鳳鳴)/県大会本塁打。

  [24日] 大曲工2x -1本荘
  [23日] 本荘 8-1 大館鳳鳴、大曲工 2-1 秋田商
        第1試合:本荘圧勝、7回コールド。第2試合:延長14回代打高橋諒のサヨナラヒットで決着、
 
 [22日] 大曲工3-2秋田北鷹、秋田商4-0秋田工、本荘8-1能代、大館鳳鳴4-2金足農
  [21日] 雨天中止順延、仕切り直し
  [20日] 本荘3-0明桜、能代8-4大曲、金足農5-2角館、大曲工11-1横手、秋田商11-4横手城南、秋田工10-8能代商
  [19日] 横手8-3大館国際、秋田工1-0湯沢、大館鳳鳴9-2西目、明桜7-
6横手清陵、秋田北鷹5-2秋田
  [本塁打:1日目] 佐久間亮介(3、大館鳳鳴-大館東、こまち)
  [本塁打:2日目] 佐藤将斗(3、本荘-矢島、こまち)、半田洸(3、能代-二ツ井、こまち)、松橋龍生(3、秋田商-泉、八橋)
             平川賢也(2、能代商-二ツ井、八橋)

23harukoukouzenken


平成23年 第59回高校野球秋田県大会最終日決勝 イニングスコア(県外在住者向)。

24

平成23年 第59回高校野球秋田県大会 最終日決勝 先発選手(県外在住者向)。

          大曲工 加藤(5回)→橋本(4回)、本荘 岡本(9回)
24

平成23年 第59回高校野球秋田県大会 4日目準決勝 先発選手(県外在住者向)。

                                 一部未確認。
23

◇平成23年 第31回中学校選抜野球鹿角大会(5/21~22)、優勝 山王、準優勝 十和田。

23chuugakikazuno

 [決勝]山王9-0十和田

 [準決勝]山王8-1花輪一、十和田4-1尾去沢 
 [1回戦]花輪一5-0下川沿、山王8-1八幡平
 [1回戦]十和田9-5能代一、尾去沢4-1角館

平成23年 第58回全県中学校招待野球能代大会(5/21~22)、準決勝、決勝 中止。

23chuugakunosiro


[1回戦]勝平12-10二ツ井、藤里2-1能代南
[1回戦]太田7ー0能代東、能代二1-0花輪二

秋田県教育委員会「高校野球強化プロジェクト委員会」第2回会合、課題は「打撃力」。

今回の第2回会合で課題とされた「打撃力」については、以前から各方面で指摘されており、強化プロジェクト委員会も同様の認識。以下新聞報道より、秋田県教育委員会が立ち上げた強化プロジェクト委員会の第2回会合が5月22日、秋田市の県立総合プール会議室で開かれ、夏に向けた具体的な強化策などについて意見を交わした。会合に先立って春季東北地区高校野球県大会の視察も行われ、アドバイザーからは、投手力や体格の良さを評価する声が出た反面、「スイングスピードが足りない」と打撃強化を求める声が相次いだ。会合には委員9人のほか、県外から招いたアドバイザー6人が出席。高校や中学校の野球部監督らも傍聴した。(以下略
「バットを振る力が弱い。意識と練習量と正しい知識が必要で、やみくもに練習しても上達しない。」「スイング※自体ができていない。他県に優れた体格を生かせていない委員、アドバイザーの詳細は別掲。PTの予算規模は、~平成23年3月133万円、平成23年4月~平成24年3月900万円内外、今年度あと1回程度の全体会合を開催予定。
秋田県教育委員会が中学3年対象の硬式野球練習会(9地区)や、中学・高校への指導者派遣事業を計画していることに関連し、「秋田県の一貫指導の底辺をなす最低限は、『ここは、こうしよう』と共有化していくべき。迷って戻れるところがないと困るのは選手」と指導者側の基礎・基本に関する共通認識の醸成が不可欠と指摘。秋田北鷹が近隣の中学校出身者のみで構成されていることを例に「地元の小学校、中学校と連携すれば、一貫指導体制のように、良い強化ができるのではと感じた」と地域事情にメリットを見る意見もあった。

平成23年 第59回高校野球秋田県大会 3日目準々決勝 先発選手(県外在住者向)。

                                 一部未確認。
22

平成23年 第59回高校野球秋田県大会3日目準々決勝4試合 イニングスコア(県外在住者向)。

             県北地区校、今大会から県大会出場校枠「減」も健闘。22
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日: