★ 備忘録 「熱球通信」 ・ 特定非営利活動法人秋田県野球フォーラム ★

「熱球通信」は特定非営利活動法人秋田県野球フォーラム会員有志による備忘録を兼ねた「秋田県野球」にこだわった私的ブログです。掲載している記録等については公式なものではありませんのでご注意願います。リンク等についてはオールフリーですので事前のメール等一切不要です。更新頻度は原則毎日の更新です。秋田県出身で県外に在住の方も念頭に更新していきますが、内容等一部については地元情報と時差が生じる場合があります。練習・親善試合の結果情報は原則掲載しません。また、コメント送信欄と掲示板については諸般の事情により対応していません。積極的な中学硬式野球・女子野球の紹介に努めています。

秋田さきがけ|阪神4年目 石井大智投手(26 独立リーグ高知FD-秋田高専)

直球空振り率 球界トップクラス14.5%
isidit

2018熱球通信期待選手|秋季東北大で大暴れ 由利工 佐藤亜蓮投手( 大内 )

TDK 佐藤亜蓮投手(仙台大)2024第5回WBSU U-23ワールドカップ選考合宿参加
  < 日刊スポーツ新聞社東北取材班 >
5c4061dc

総務省|2023年10月1日時点人口推計 秋田県 減少率11年連続 全国最高

sat6月1日現在の秋田県人口90万298人、7月での90万人割れが必至の状況に。<2024.5.25> 5月1日現在、秋田県人口90万1447人、前月から613人減、90万人割時間の問題。※平成29年4月1日時点秋田県内人口9万9636人となり100万人割り込む。<2024.2.27> 令和6年2月1日現在 秋田県人口90万7847人前月に比べて1,654人減少、人口90万人割れ間近。<2024.1.25> 秋田県調査統計課は1月24日、1月1日現在の県人口を90万9501人(男42万9905人、女47万9596人)と発表。前月に比べて1487人(0・16%)減少。2023年4月に92万人を切ってから9カ月で9310人減り、91万人を割り込んだ。23年は1年間で県人口が1万6432人減り、過去10年では最多となった。県は、県内への転入者数から県外への転出者数を引いた社会減が少子化の影響で抑制される一方、出生者数から死亡者数を引いた自然減が拡大したことが要因としている。減少の内訳は、自然減が1万3913人(出生者3629人、死亡者1万7542人)で過去10年で最多だった。社会減は2519人(転入者1万2239人、転出者1万4758人)。ここ数年はコロナ禍の影響で県外への人口流出が抑えられていることもあり、抑制傾向が続いている。昨年12月の1カ月間では、自然減は1237人(出生者294人、死亡者1531人)。社会減は250人(転入者581人、転出者831人)だった。<2023.10.25> 秋田県の佐竹敬久知事は10月25日、県庁で臨時記者会見を開き、四国地方で食べた料理や飲んだ酒を「貧乏くさい」「うまくない」などと発言したことについて「大変不見識な発言だった。知事として情けない思いだ」と謝罪した。大雨災害やクマ被害などで県政は非常事態だとし、約1年半の残りの任期を全うする考えを示した。<2023.9.26> 秋田県調査統計課は9月25日、9月1日現在の県人口を91万4688人(男43万2275人、女48万2413人)と発表、前月に比べて1003人(0・11%)の減少。8月の1カ月間で、出生者数から死亡者数を引いた自然動態はマイナス1133人(出生者318人、死亡者1451人)。県内への転入者数から県外への転出者数を引いた社会動態はプラス130人(転入者1041人、転出者911人)だった。<2023.7.25> 令和5年7月1日現在秋田県人口91万6509人(男43万3048人、女48万3461人)前月比1,016人減少。令和5年6月1日現在秋田県人口91万7525人(男43万3534人、女48万3991人)前月比982人減少。平成24年6月1日現在秋田県人口106万5688人(男49万9801人、女56万5887人)。<2023.5.12> 2023令和5年4月1日現在秋田県人口918,798人 1年で14,715人減少、15歳未満の子どもの数42年連続減少。去年10月現在で子どもの割合が最も低いのは秋田県で9.3%。<2023.4.25> 秋田県人口92万割れ。<2023.4.13> 秋田県の人口減少率 ▲1.59%で10年連続全国最高。<2023.3.28> 3月1日現在、男435,891人、女486,911人。<2023.1.25> 1月1日現在、男437,311人、女488,622人。<2023.1.11> 平成17年1月11日 秋田市と河辺・雄和町 平成の大合併 新秋田市誕生。美郷町に続き秋田県内2番目、合併後の人口33万6,250人。<2022.12.27> 令和4年12月1日現在の秋田県の総人口は927,561人で、前月に比べ 1,332人減少。<2022.11.28> 令和4年11月1日現在の秋田県の総人口は928,893人で、前月に比べ 1,022人減少。<2022.4.25> 令和4年4月1日現在の秋田県人口93万5296人(男44万1375人、女49万3921人)。前月に比べ3897人(0・41%)減少25市町村全てで減少。<2020.2.04> 令和4年2月1日現在の秋田市人口 301,117人(男142,001人、女159,116人)、1月分出生 145人、死亡403人、転入379人、転出425人。<2021.11.29> 秋田県調査統計課は11月26日、7月1日現在の県人口を939,855人(男442,214人、女497,641人)と発表。今年1月に95万人を割り込んで948,964人となっており、それから半年で1万人近く減少<2021.8.21> 秋田県の少子化に歯止めがかからない。県の人口統計によると、2020年10月~21年6月の出生数は3238人で、過去最少ペースとなっている。出生数減少には若い女性の流出が大きく関係しており、識者は「女性を引き付ける仕事や働き方を真剣に考える必要がある」と話す。県の人口統計は国勢調査にならい、10月1日を年間の起点としている。20年(同年9月までの1年間)の出生数は4508人。比較可能な1981年以降で最少だった。81年の出生数は1万5440人で、この40年間で7割超減少。<2021.7.27> 秋田県調査統計課は7月26日、7月1日現在の県人口を93万9855人(男44万2214人、女49万7641人)と発表。今年1月に95万人を割り込んで94万8964人となっており、それから半年で1万人近く減少。<2021.1.25> 令和3年1月1日現在の秋田県の総人口は948,964人で、前月に比べ 1,113人(0.12%)減少。また、世帯数は389,675世帯で、前月に比べ 203世帯減少。<2020.12.25> 秋田県調査統計課は12月24日、12月1日現在の県人口を95万77人(男44万6910人、女50万3167人)と発表。前月に比べ1006人(0・11%)減少。11月の1カ月間で、出生者数から死亡者数を引いた自然動態はマイナス938人(出生者367人、死亡者1305人)。県内への転入者数から県外への転出者数を引いた社会動態はマイナス68人(転入者588人、転出者656人)。【2019.3.10】 平成31年2月1日現在の秋田県の総人口は 976,411人(男 458,985人、女 517,426人)で、前月に比べ1,264人 (0.13%) 減少。【2018.6.24】 平成30年6月1日現在の秋田県の総人口は 983,929人(男 462,426人、女 521,503人)で、前月に比べ 913人減少。【2018.1.27】 平成30年1月1日現在の秋田県の総人口は992,462人で、前月に比べ1,207人減少。世帯数は 388,892世帯で、前月に比べ 285世帯減少。【2016.11.25】 秋田県調査統計課は11月24日、11月1日時点の県人口が1,008,843人(男473,865人、女534,978人)となったと発表、前月比で815人減少。【2015.12.13】 人口約102万と東北で最も少ない秋田県は、全国最速のペースで人口減少が進む先行県。【2014.4.22】 秋田県人口今年6月頃に104万割れ必至、9年連続前年4月比1万人超減。総務省2013年10月時点人口推計 減少率全国最大、年少人口最下位、老年人口1位、生産人口44位。【2013.11.25】 平成25年11月秋田県人口 1,050,000人割れの非常事態。【2013.07.24】 平成25年7月1日現在、秋田県人口 1,051,905人、対前月比793人減少。【2013.4.24】 秋田県人口危機水域、ピーク時135万人。

入場券求めて長蛇の列|2006平成18年7月17日 本荘-秋田商( よこて )

gsyokote-2・ 第88回全国高校野球選手権秋田大会3日目の7月17日、秋田商-本荘の2回戦を観戦しようと大勢のファンが詰め掛けた。春センバツ8強秋田商と18年ぶりの優勝を狙う第3シード本荘の大会序盤屈指の好カードということで、午前10時の試合開始前から入場券を求める観客が長蛇の列。午前8時半に由利本荘市の自宅を出たという男性(52、公務員)は球場に到着するとともに行列を目にし、「びっくりした。プロ野球でも考えられないような雰囲気」(新聞報道)。同スタジアムによると、この試合の入場者数は約6,000人。平成14年7月に行われたプロ野球イースタンリーグ・巨人-日本ハムの約5,500人を越え、同スタジアムでは最多の入場者数。試合は、本荘が応援スタンドも含め終始秋田商を圧倒し、球場は異様な雰囲気に。大会シードでこの試合が初戦となる秋田商に必要以上の固さも見られ、本荘先発高橋の変化球(スクリュー)と直球のコンビネーションに惑わされ打線は散発5安打の完封負け(0-2)で3連覇の夢が絶たれた。入場券求めてとにかく並びに並んだ試合、球場内は試合開始前からヒートアップ (特に本荘サイド)、謙太・徹の本荘 W 鈴木選手がチームを牽引。<秋田商先発>[中]石井和仁(3、八郎潟)[遊]工藤辰文(3、五城目一)[一]○ 佐々木弘史(3、八郎潟)[三]浅野友人(3、五城目一)[右]小山田聡太(3、男鹿東)[捕]鳥井将(3、八郎潟)[左]寺門寛(3、山王)[二]石田尊(3、仙南)[投]佐藤洋(3、羽城)。白旗瞬(3、太田)佐藤裕信(2、出羽)渡辺裕之(3、勝平)三浦亮(3、外旭川)平岡達也(2、神代)七尾理志(3、桜)高橋拓己(1、将軍野)煤賀一志(3、太田)草彅一成(1、神代)足利次郎(1、河辺)吉田公(2、八郎潟)[責]半田祐介[監]小野平[記]伊藤慎平(3、出羽)。<本荘先発>[三]東海林潤(3、本荘北)[中]菅原勇太(3、本荘北)[遊]鈴木謙太(3、本荘南)[捕]○ 鈴木徹(3、本荘南)[左]佐々木貴晃(3、由利)[二]三浦健徳(3、仁賀保)[右]伊藤卓(3、本荘南)[投]高橋佑輝(3、本荘北)[一]大平謙太朗(3、矢島)。田口達也(3、本荘北)吉田大樹(1、出羽)土田宗(3、矢島)伊藤昭平(3、大内)伊藤隆史(3、大内)佐藤豪(3、東由利)柴田雄介(3、本荘南)鈴木友太(3、本荘南)遠田伸一(3、仁賀保)小松真文(2、本荘南)麻生新(2、矢島)。[責]斉藤尚史[監]尾留川徹[記]伊豆しほり(3、本荘南)。

平成10年秋の秋田商-金足農(県立)同様 球場満員確実 金足農-明桜(八橋)

1998924昨年選手権秋田大会優勝の明桜と昨年秋季秋田県大会優勝の金足農が初戦(八橋球場)で激突。・秋季秋田県大会初日に県立球場が超満員、 平成10年秋田県大会 金足農-秋田商大会初日から強豪校のつぶし合いとなった1998平成10年秋季東北地区高校野球秋田県大会(敗者復活制度なし) 金足農-秋田商 (9/23 14:00~)夏甲子園出場金足農(秋田大会決勝金足農17-16秋田商)対伊藤大悟投手擁する秋田商 (勝者は次戦で経法大付-合川の勝者と対戦) は大会屈指の好カードということに加えて当日の好天も手伝ってか秋田県立球場は人、人、人の山で試合前から異様な雰囲気に。秋田県大会初日にこれだけの観客が詰め掛けたのは記憶になく、試合内容も期待に違わない金足農北嶋投手と秋田商伊藤投手の見ごたえある投手戦となった。試合は金足農が初回の中川大輔選手の先制三塁打で辛勝典型的なスミ1のゲームだった。▲ 秋田県立金足農登録選手[投]北嶋尚之(2右/右178/70八郎潟)[捕]佐藤光栄(2上新城)[一]小松正樹(2十文字)[二]腰丸亮太(2八竜)[三]中川大輔(2天王南)[遊]高橋東建(2川内)[左]小松宏行(2城東)[中]柴田千諭(2仁賀保)[右]嶋崎大輔(2五城目一)佐川顕仁(2協和)徳原好樹(2羽城)佐々木悠希(2大内)藤原寿人(2河辺)畠山真也(2外旭川)太田貴久(2将軍野)佐々木浩樹(1八竜)中村亨輔(2将軍野)佐藤学(2上新城)中川正志(2秋田北)近藤康弘(2琴丘)[責]浅利吉晴[監]嶋崎久美[コ]中田稔[記]椎川健一。▼ 秋田市立秋田商登録選手[投]伊藤大悟(2右/右180/73城東)[捕]佐藤正巳(2西仙北東)[一]片桐広勝(2山王)[二]大平達也(1城東)[三]水戸正人(1藤里)[遊]佐々木嘉晃(2河辺)[左]平泉慶人(2五城目一)[中]薄田健(2五里合)[右]田村彰啓(1西仙北東)伊藤豪(1石沢)進藤洋司(1協和)佐藤卓生(2天王)菅原寛仁(1羽城)佐藤雄樹(2五城目一)佐々木連(2秋田南)長谷部幸太(1雄和)佐々木隆太(2泉)浅利正俊(1城東)日下部哲也(1本荘南)工藤乾一(2琴丘)[責]上杉清博[監]小野平[コ]中泉一豊[記]阿部陽一。※ 青山学院大 河原井正雄監督(平成9年当時)「秋田商の1メートル80はある1年生の右投手がいいボールを投げていた」

往時の秋田市営八橋球場|秋田高-秋田商 好カードいうこともあり球場は超満員

Scan10001

全国高校野球選手権秋田大会開会式選手宣誓(第73回・1991・平成3年~)

D_G5Y1FVUAAoIYP<令和6年> 高橋壽史(六郷-中仙、投、右右、176/73)。<令和5年> 武田璃路(能代科学技術-能代東、捕、右右、174/80)。<令和4年> - 。<令和3年> - 。<令和2年> - 。<令和元年> 佐藤尚磨(西仙北-秋田南、内、右右、168/65)。<平成30年> 山口航輝(明桜-大阪加美、内・投、右右、181/85)。<平成29年> 渡辺晃介(本荘-金浦、内、右右、166/62)。<平成28年> 渡辺知晃(本荘-金浦、内、右右、172/82)。<平成27年> 三浦理輝(秋田高専-桜、外、左左、169/67)。<平成26年> 千葉天馬(角館-角館、捕、右右、173/77)。<平成25年> 猿田航也(秋田西-五城目一、内、右右、166/63)。<平成24年> 木村達哉(金足農-中仙、投、右右、172/77)。<平成23年> 齋藤佑真(秋田南-秋田南、捕、右右、173/68)。<平成22年> 高橋翔平(秋田西-秋大付、外、右左、171/67)。<平成21年> 伊藤開(大曲農-仙南、内、左左、161/61)。<平成20年> 澤田豊希(五城目-男鹿東、捕、右右、165/70)。<平成19年> 高瀬歩(十和田-小坂、外、右右、167/57)。<平成18年> 佐々木修平(六郷-千畑、内、右右、168/54)。<平成17年> 菊地光博(横手清陵・横手工-増田、内、右右、167/69)。<平成16年> 佐々木陽祐(秋田商-角館、外、左左、167/64)。<平成15年> 佐々木竜太(西仙北-平和、内、右右、173/90) ※こまちスタジアム使用開始。<平成14年> 佐藤宏輔(能代商-山本、捕、右右、177/72)。<平成13年> 草彅信人(六郷-神代、外、左左、177/65)。<平成12年> 田口悟(西目-岩城、捕、右右、169/67)。<平成11年> 井上祐平(秋田修英-山田、捕、右右、163/70)。<平成10年> 佐藤貴紀(小坂-花輪二、内、右右、178/80)。<平成9年> 石井丈也(小坂-花輪一、内、右右、170/60)。<平成8年> 赤坂千年(十和田-尾去沢、外、右左、170/69)。<平成7年> 佐藤直人(矢島-直根、投、右右、180/75)。<平成6年> 伊藤雅史(平成-横手南、内、右右、176/60)。<平成5年> 泉裕喜(大館工-大館二、内、右右、172/65)。<平成4年> 関谷洋史(秋田中央-羽城、外、右右、172/64)。<平成3年> 今村義範(能代-能代一、内、右右、176/72)。

秋田さきがけ|第73回全日本大学野球最優秀投手 藤井優矢(4 東日本国際大 )

7月国際大会 大学野球日本代表選出|2024.6.17 秋田さきがけ1面
ya

秋田さきがけ|早稲田大 伊藤樹投手( 仙台育英 秀光中 楽天ジュニア 旧 仙南村 )

7月国際大会 大学野球日本代表選出|令和6年シーズンから#16→#11
zyu

2024令和6年第7回高校硬式野球三種町招待試合(6/22~ 琴丘スカルパ)

73
 - 備忘用ですので主催者発表と照合確認願います -
3tner

秋田県高校総合整備計画素案[男鹿海洋・男鹿工][平成・雄物川・増田]統合

矢島・西仙北 地域校化  大農太田 募集停止
8

2024令和6年度第7回三種町招待高校野球 秋田-弘前(6/22 スカルパ)

令和6年 第60回全県選抜大曲中学校招待野球大会 角館-大曲(5/26 大曲 )

- 備忘用ですので主催者発表と照合確認願います -
20240526

2024令和6年高円宮杯第44回全日本学童秋田県大会 花館-御所野(長沼)

花館14-4御所野
240622133107869

2024 令和6年度 第90回記念秋田県少年軟式野球大会 19地区代表28校

kissa

2024第90回全県少年野球大会由利本荘1区2区予選(6/15~ 水林ほか )

第3代表決定戦 象潟5-3由利本荘クラブ
414
東・岩 = 東由利・岩城 仁・北 = 仁賀保・本荘北 由・西  = 由利・西目

2024令和6年度第7回三種町招待高校野球 秋田-仙台(6/22 スカルパ)

2024令和6年第44回全日本学童秋田県大会開会式選手宣誓(6/22 長沼)

開会式選手宣誓|櫻山怜汰主将(NK Spirits)
ssi

2024.6.21 県立新屋高校40周年記念招待試合 智辯学園招待(八橋球場)

新屋高校 佐藤博之監督(46)智弁学園 小坂将商監督 東京六大学 法政大で同期
40
関係者以外の観戦不可

2024.6.21 県立新屋高校40周年記念招待試合 智辯学園招待(八橋球場)

新屋高校 伊藤倫悠主将(3 城南)
mkiui

2024.6.21 県立新屋高校40周年記念招待試合 智辯学園招待(八橋球場)

2024.6.21 県立新屋高校40周年記念招待試合 智辯学園招待(八橋球場)

6/22~ 盛岡大付 招待試合兼野球教室参加(日本文理・八戸学院光星|葛巻町総合運動公園野球場)
toyoia
2024.6.22 秋田さきがけ 25面

秋田さきがけ|和田賢一さん 4年前設立「走りの学校」ボルトに学び 走り方指導

2024令和6年高円宮杯第44回全日本学童秋田県大会出場各チーム主将抱負

AKT秋田テレビ スポーツの力 TDK 三浦大選手( 神奈川大-秋田商-岩城 )

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索