★ 備忘録 「熱球通信」 ・ 特定非営利活動法人秋田県野球フォーラム ★

「熱球通信」は特定非営利活動法人秋田県野球フォーラム会員有志による備忘録を兼ねた「秋田県野球」にこだわった私的ブログです。掲載している記録等については公式なものではありませんのでご注意願います。リンク等についてはオールフリーですので事前のメール等一切不要です。更新頻度は原則毎日の更新です。秋田県出身で県外に在住の方も念頭に更新していきますが、内容等一部については地元情報と時差が生じる場合があります。練習・親善試合の結果情報は原則掲載しません。また、コメント送信欄と掲示板については諸般の事情により対応していません。積極的な中学硬式野球・女子野球の紹介に努めています。

高校野球強化事業 / 秋田県高等学校野球1年生大会(8、11/3.7.8、こまち)

0a9d09fc-s秋田高野連は来春のセンバツ高校野球21世紀枠の同県推薦校に大館桂桜を選出。今秋は地区予選の敗者復活戦から県切符を勝ち取り、県大会では今夏優勝の明桜、秋田修英の私学勢などを撃破して現校名では初の4強入り。<2020.11.7>高校野球強化事業 / 秋田県高校野球1年生大会出場校 大館鳳鳴能代松陽秋田中央秋田秋田南大曲農大曲工湯沢翔北 。<2020.10.9>日本学生野球協会は10月9日、11月20日から開催予定だった第51回明治神宮野球大会を中止すると発表。<2020.10.7>秋季東北大会出場校初戦、① 角館1-2花巻東・② 由利工1-4東北・③ 湯沢翔北0-7仙台育英。<2020.9.20>2020秋季東北地区高校野球秋田県大会8強進出校 県北地区3、中央地区1、県南地区4。・2020秋季高校野球地区大会、部員1人につき家族2人までの入場は認める。県大会出場枠は県北4、中央6、県南6。今年は県大会出場校を決める大会とし、優勝校は決めない。敗者復活の代表決定トーナメントは例年通り実施。組み合わせ抽選会は3地区とも8月31日に行う。<2020.7.27> 秋季リーグ戦及び強化招待試合は新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止に。<2020.7.27> 秋田県高校野球大会結果 硬式優勝 ノースアジア大明桜、軟式優勝 秋田工<2020.6.11>コロナ禍による今夏の甲子園大会と地方大会の中止を受け、都道府県独自大会後の地区大会を日本高野連に希望していた東北地区高野連が、東北大会を開催する方針であることが6月11日、分かった。20日にも正式発表される見込みで、地区大会開催は全国初となる。<2020.5.23>秋田県高等学校野球連盟は5月23日、新型コロナウイルスの影響で中止が決まった全国高校野球選手権秋田大会に替わる独自の大会の計画概要を発表した。無観客を原則に、秋田大会が予定されていた7月9~22日にトーナメント方式で実施する。今後、県教育委員会や日本高野連との協議を踏まえた上で詳細を決める。全国選手権と各都道府県大会が中止になったことを受け、県高野連は22日に秋田市で常任理事会を開き、独自大会の実施方法について協議。感染防止のため開会式は行わず、保護者や学校関係者らの入場は今後検討する。<2020.5.20> 日本高校野球連盟は5月20日、甲子園球場で8月10日に開幕予定だった第102回全国高校野球選手権大会を中止すると発表した。6月下旬から8月初めにかけて予定していた49の地方大会も取りやめる。「新型コロナウイルスの感染拡大を防ぎ、選手や観客の安全、健康を守るため中止が必要」とした。3月の選抜大会に続く全国大会開催断念となる。

NPO法人秋田県野球フォーラム・熱球通信 / 野球関係選手情報(選手画像中心)

ブログ運営者情報 / 誤字脱字訂正含む情報提供 下記までお願いします / 迅速対応

boad-600-9
un2

茨城常総学院 佐々木力 統括責任者(取手二-日体大、昭和41年 秋田県生まれ)

sasaki<スポーツ紙> 常総学院監督を木内氏から引き継いだ前監督の佐々木力氏(54)は亡くなる前日、家族から呼ばれ病院に見舞った。もう意識はなかったが、木内氏の手を握り「もうひと頑張りして下さい」と声をかけたという。取手二の二塁手として全国制覇。恩師の指導を「とにかく選手をやる気にさせる話術がうまかった。だから、県立の僕らが優勝できた」と振り返った。92年からは常総学院のコーチ、部長として師事した。11年8月に監督を引き継ぐ際には「常総の監督は厳しいからな」と声をかけられた。「その通りで、プレッシャーの毎日でした。プロ野球とは違い、高校野球は小技や細工を考えながらやるんだと。『佐々木は大型チームをつくりたがる。だから取りこぼすんだ』と。本当にいろいろなことを教えられました」としのんだ。<2016.3.16> 第88回選抜高校野球大会(3月20日開幕、甲子園)出場。<2015.3.29> 木内前監督の勇退が選手集めに影響することもないという。「今も1年生が36人で、全学年合計106人。100人を超えるのは久しぶりですから。『常総に行けば3年で1回くらいは甲子園に行けるだろう』 という期待を、私も何とか保っているんじゃないですか (笑い)。全国にいる木内さんの門下生からも教え子を紹介してもらっていますから。特に影響はないと思いますよ」。<2011.8.04> 平成23年8月3日、常総学院木内幸男監督勇退後の新監督に佐々木力コーチ(昭和41年、秋田県生まれ)の就任が決定。同校によると  「佐々木新監督は、取手二高以来の木内さんの門下生。イズムを吸収している」  と選考理由を説明。佐々木新監督は選手時代に取手二で二塁手として全国優勝を経験、平成4年から常総学院でコーチ、部長などを務めている。また、野球部長には鹿島学園監督として平成10年夏の茨城大会で創部以来初の4強入りを果たした入江道雄強化部室長 (48) が就任する見込み。尚、木内現監督は副理事長職を継続する。◆ 佐々木力  1966年(昭41) 5月20日、秋田県生まれ。取手二-日体大。取手二では木内監督の下で二塁手として全国優勝。89年に東洋大牛久の準硬式野球部監督に就任。91年から常総学院コーチ、部長などを歴任。

茨城常総学院 佐々木力 統括責任者(取手二-日体大、昭和41年 秋田県生まれ)

島田直也コーチ 監督昇格 佐々木力現監督(54)統括責任者に
a4b74e50

夏 高校野球 /「木内幸男監督、わが心の木内野球」「尾藤公監督、奇跡の采配術」

kiuti5_skisekisaihai<新聞報道> 高校野球で茨城の取手二高、常総学院高の監督として春1度、夏2度の甲子園大会優勝を成し遂げた木内幸男さんが11月24日、肺がんのため死去した。89歳。母校の茨城・土浦一高監督を1956年まで務めて取手二高へ。84年夏の決勝で桑田真澄清原和博を擁した大阪・PL学園高に打ち勝ち、茨城県勢初の甲子園大会優勝に導いた。常総学院高に移り、2001年に茨城県勢初の春の優勝。03年夏は決勝でダルビッシュ有の宮城・東北高を破り、同年勇退。07年に監督に復帰し80歳の11年まで務めた。選手一人一人を観察し、大胆な選手起用や戦法で「木内マジック」と呼ばれた。<2011.8.03> 仁志敏久著「わが心の木内野球」 1,470円(税込) 四六版、ベースボールマガジン社。常総学院の教え子・仁志敏久が綴る名将の真実。松下茂典「奇跡の采配術」 945「円(税込) 新書版、ベースボールマガジン社。箕島・尾藤公の人間力野球。

1998 平成10年度 金足農業高校創立70周年記念招待試合 招待校 / 常総学院

joso取手二や常総学院の野球部監督を歴任し、春1回・夏2回の甲子園優勝に導いた木内幸男さんが11月24日肺がんのため死去。<2018.4.14> 平成30年金足農業高校創立90周年記念招待試合帝京高校招待。・1998(平成10年)秋田県立金足農業高等学校創立70周年記念招待試合、5/30、31、招待校 / 常総学院、弁天球場。<常総学院 登録選手> [投]大沼宏史(2)、[捕]赤根久之(3)、[一]久保正芳(3)、[二]五十嵐孝司(1)、[三]芝一之(3)、[遊]前島正光(3)、[左]後藤宏樹(1)、[中]榎本彰七(3)、[右]鈴木裕行(3)、山田隆夫(3)、宇津野真人(3)、清水和幸(2)、鈴木充則(3)、新宮崇志(2)、山崎賢太(3)、坂本純一郎(1)、沼尻良之(3)、金子幹(3)、瀬和茂樹(1)、中村幸生(2)、[責]大峰真澄、[監]木内幸男、[記]岡野秀城(3)。<金足農 登録選手> [投]佐藤佑(3)、[捕]吉田朋広(3)、[一]奥善行(3)、[二]腰丸亮太(2)、[三]中川大輔(2)、[遊]高橋東健(2)、[左]畠山雄大(3)、[中]柴田千諭(2)、[右]安田一哲(3)、田口正也(3)、北嶋尚之(2)、佐藤光栄(2)、吉山悟哲(3)、千田伸(3)、藤原茂樹(3)、千葉雄介(3)、小松宏行(2)、安田善八(3)、金田一浩(3)、岩田和也(1)、[責]浅利吉晴、[副責]中田稔、[監]嶋崎久美、[コ]柏谷安彦、[記]小林威光(3)。

阪急・近鉄監督歴任 悲運の闘将 西本幸雄氏 平成23年11月25日死去 91歳

nisimotonisimoto今年はオリックスの前身 阪急ブレーブスの監督だった西本幸雄氏(享年91)生誕100年。<2011.11.29> 平成23年11月25日に91歳で死去した西本幸雄氏の通夜が11月28日、兵庫県西宮市の斎場で営まれ、元阪急の山田久志氏、福本豊氏や近鉄時代の教え子の梨田昌孝前日本ハム監督ら球界関係者が多数参列。山田久志氏は「つらくて悲しくて。まだ気持ちの整理がつかない。監督というより人生の師匠。おかげで素晴らしい野球人生を送らせていただいた」と感謝の言葉。【2011.11.26】プロ野球阪急や近鉄で監督を務め、パ・リーグ優勝を8回果たした名将、西本幸雄氏が平成23年11月25日午後8時40分、心不全のため宝塚市の自宅で死去、91歳。西本氏は和歌山市出身、旧制和歌山中-立教大(主将)から戦後、星野組に入り、一塁手兼監督として活躍し、1949年の都市対抗野球で優勝。1950年毎日オリオンズ結成時に入団し、1955年に現役引退。1960年に大毎監督となってパ・リーグ優勝を果たす。1963~1973年に阪急監督で5回、1974~1981年に近鉄監督で2回パ・リーグを制したが、日本シリーズでは1度も優勝できず、「悲運の闘将」と呼ばれた。監督通算1384勝1163敗118分(勝利数歴代6位)。選手の心を掌握し、努力型の選手を開花させる監督術は、巨人9連覇の川上哲治監督の「川上管理野球」と対比された。1988年野球殿堂入り。【2011.11.27】西本幸雄氏スポニチ紙連載「我が道」 阪急ブレーブス昭和の屋台骨「昭和44年トリオ」の項。トリオとは加藤英司・福本豊・山田久志の各氏。山田氏に言及した項 『山田は富士鉄(現新日鉄)釜石の時に腰を痛め、入団が半年遅れた。故障が癒えた2年目の70年から打たれようが、負けようが、どんどん使った。52試合登板、10勝17敗の成績が物語る。一見した時、下手から浮き上がるような快速球に、将来を託せる投手だと思ったからだ。練習中「もっと制球力を付けろ」と言うと「速けりゃ打たれません」と横を向く、向こう気の強さもあった。戦経験さえ積ませれば、必ずエースになると踏んでいた。』

2013甲子園秋田大会BESTGAME / 本荘-大農太田(延長10回サヨナラ)

21・熱球通信 2012-2013シーズンベストゲーム・平成25年7月15日 全国高校野球秋田大会2回戦 本荘-大農大田 (八橋球場、延長10回)。初戦の矢島戦を延長12回で制した大曲農大田は、創部史上初の2勝に向けて、大会第2シード本荘に挑んだ。初回に先取した1点を、1年時から背番号1を付けている主戦で主将の岸本翔吏 (3、右右、178/65、角館) が気力を全面に出した直球主体の投球で初回から押しまくり (6回裏ピンチでの投球は各マスコミでも取り上げ)、観戦していてあわや大曲農太田の大金星かと思わせるほどの 「大曲農大田」 快心のナイスゲームだった。<平成25年夏 大農太田 登録選手、全校生徒92人> [投]○岸本翔吏(3、角館)、[捕]玉井歩(3、生保内)、[一]藤本周也(1、角館)、[二]藤澤優(3、中仙)、[三]門脇丈(1、西明寺)、[遊]戸澤拓也(2、神代)、[左]佐藤飛龍(2、大曲)、[中]草彅涼(2、太田)、[右]菊池匡(2、角館)、冨岡光太郎(2、中仙)、猪本駿(1、西明寺)、渡辺諒(1、中仙)、藤原悠馬(1、太田)、藤井大夢(1、角館)、[責]高田京助、[監]山信田善宣、[記]渡辺百合香。

秋田型運動部活動サポート事業 / 野球を科学する講演会 講師 國學院大 神事努 氏

令和3年1月9日 (土) 13:30~ 秋田市文化会館小ホール
問合せ先  / 秋田県教育庁 保健体育課 学校体育・部活動班
TEL018-860-5202 FAX018-860-5207
参加申込書入手
R2

2020 令和2年 第13回秋田県地区選抜大会・第9回タケハンカップ一次ラウンド

593

AAB秋田朝日放送 / 埼玉西武 育成1位 角館高校出身 赤上優人投手 仮契約合意

支度金350万円  年俸400万円(推定)
akau

2020 令和2年 東北地区高校野球1年生交流戦(11/21~、ニプロハチ公)

令和2年東北地区高校野球1年生交流戦(11/21~、ニプロハチ公ドーム、交流戦あり
http://www.jukaidome.com/
準決勝 聖光学院 11-2 能代松陽(7回コールド)
聖愛 8-1 3校連合 、青森北 12-4 由利聖光学院 3-2 大館鳳鳴、能代松陽 1-0 久慈
97

能代松陵クラブ / 藤原友治内野手(横浜金港ク-西多摩ク-能代松陵ク-鷹巣-鷹巣南)

ESAMlW8UcAABkKZ11月23日誕生日、能代松陵クラブに復帰、今でも身長が伸び続け190cm超え。https://twitter.com/Noshiro_Syoryo 【2013.5.22】昭和17年創部神奈川の老舗クラブ横浜金港クラブに菊沢竜佑投手(25)と 藤原友治 内野手(23、西多摩ク-能代松陵ク-鷹巣高ー鷹巣南)在籍、菊沢投手は都市対抗野球第1次予選で先発。他に横浜中央クラブ山岡優吾(21、秋田南-下浜)内野手。<平成20年夏鷹巣高校野球部登録選手>  [投]柴田翔(3、阿仁)、[捕]佐藤康平(2、鷹巣南)、[一] 藤原友治(3、右/右、188/88、鷹巣南)、[二] 石川俊吾(3、鷹巣南)、[三]桜井悠史(3、合川)、[遊] 鈴木達也(3、上小阿仁)、[左]〇小笠原将志(3、合川)、[中] 畠山翔(2、鷹巣)、[右]庄司拓弥(3、森吉)、清水翔太(3、二ツ井)、五十嵐雄城(2、田代)、吉岡優(2、二ツ井)、藤田修志(3、二ツ井)、安井俊太(3、二ツ井)、藤原昇平(1、鷹巣南)、小林洸平(2、上小阿仁)、桜井優平(3、合川)、佐々木央(3、阿仁)、片岡隼輝(3、森吉)、清水裕太(1、二ツ井)、[部長] 土濃塚寿史、[監督] 湯澤淳、[監督]柴田隼(3、森吉)。 

スポーツニッポン / 埼玉西武 育成1位 赤上優人投手 入団交渉に臨み入団を内諾

74658995<スポニチ> 今ドラフトで西武育成1位で指名された赤上優人投手(21=東北公益文科大)が11月22日、入団交渉に臨み入団を内諾した。▼赤上優人(サインするときに)緊張して手が震えました。プロ野球選手になるんだという実感が改めて湧いてきて、やる気に満ちあふれています。レベルが高いチームの中でやっていけるのか不安もありますが、この不安な気持ちを悪いことだとは思っていません。この気持ちを糧に危機感を持ってやっていきたいです。今はまだ1年間戦える身体が出来ていないので、まずは新人合同自主トレに向けて、食事面やトレーニングを一から学んでしっかりと身体を作りたいです。元野手ということもあり、自分のセールスポイントはフィールディングです。何事も第一印象が大事だと思うので、最初からアピールして1日でも早く支配下選手を勝ち取りたいです<2020.10.31、日刊スポーツ> 西武育成1位の東北公益文科大(山形)赤上優人投手(21=秋田・角館)が10月29日、酒田市内の同大で指名あいさつを受けた。最速153キロ右腕として、3年秋にチームを10季ぶりのリーグ制覇に導き、今秋は優秀選手と2度目の最多勝を獲得。前田俊郎育成・アマチュア担当チーフ(55)は「実績はこれからですけど、東北に貢献できる、菊池雄星投手(現マリナーズ)みたいになってほしい」と大きな期待を寄せた。目指すのは、先発ローテーション入り。赤上は「育成選手なので、泥臭く、貪欲に。一刻も早く支配下登録されて、西武を代表する投手になりたい」と力強く言い切った。担当の水沢英樹スカウト(51)からは、辻監督のメッセージ入りドラフトIDを首に掛けてもらい、サイン色紙をもらった。「かっこいいですね。実感が湧いてきました」と目を輝かせた。角館時代は遊撃手。大学1年秋に横田謙人監督(50)から投手転向を勧められ、最速153キロ右腕に成長する素質を見抜いてもらった。赤上は「監督さんに出会っていなかったら、今の自分はいない。プロ野球選手のスタートラインに立たせてもらった」と感謝した。同じ秋田出身の水沢スカウトは「初めて見たのは高校3年の春。まさか、大学で150キロを出すなんて、ビックリしたよ。彼は相当努力したと思うよ」と目を細めた。昨冬に覚えたカーブが今春に開花し、投球の幅が広がった。「キャッチボールや遊びで投げる程度だったけど、緩急がほしくて」と独学で習得した。3月のオープン戦では、新球種を積極的に試投。力のある直球との相性は抜群で、水沢スカウトの目に留まった。赤上も「球数も少なくなった」と手応えを口にする。同大から創部17年目で初のプロ野球選手となり、「与えられた役割できっちりやっていきたい」と足元を見つめながら、1歩1歩前進していく。【佐藤究】

学童野球 / 平成20年 ~ 秋田県地区選抜大会・タケハンカップ 歴代優勝チーム

2020 令和2年 第13回秋田県地区選抜大会・第9回タケハンカップ
daisen

秋田さきがけ / 秋田市出身 保坂康介 弁護士(42、秋田経法大付-土崎-港北)

保坂康介弁護士(42、明治大-秋田経法大付-土崎-港北)
hoka

秋田さきがけ / 秋田市出身 保坂康介 弁護士(42、秋田経法大付-土崎-港北)

平成6年 秋季東北地区高校野球秋田県大会(八橋・協和)
秋田経済法科大学付属高校( 古谷孝男部長、鈴木寿監督、北嶋大記録員 )
hokou

2020 / 令和2年度東北地区1年生交流戦 / 国際・桂桜・花輪3校連合 / 由利

2020 / 令和2年度 東北地区高校野球1年生交流戦出場 能代松陽高校先発選手

秋田高校野球ライバル物語 大塚広己(能代商-能代南)- 竹内昌也(本荘-象潟)

takeuti1992(平成4年)11月21日 プロ野球ドラフト会議で阪神が竹内昌也投手を2位指名。・竹内昌也投手は2002から中日の打撃投手2015年からスコアラー。・社会人野球NTT東北の先輩・後輩 大塚広己(能代商-能代南)- 竹内昌也(本荘-象潟)。昭和63年第70回記念大会の甲子園秋田大会決勝は、強力打線の能代商と2年生の好投手竹内を擁する本荘との対決となった。戦前は、3回戦からすべてコールド勝ちの強力打線能代商の有利かと思われたが、本荘竹内投手が9安打打たれながらも能代商を3点に抑える粘投を見せ、本荘打線も疲れの見えた大塚投手から初回に4点を奪い結局5-3で勝利して甲子園行きの切符を手にした。注目の竹内と大塚の直接対決は4打数2安打2打点1本塁打の大塚に軍配。竹内は、象潟中2年時から大型投手として注目され、本荘進学後2年で甲子園出場、卒業後NTT東北からドラフト2位で阪神入団。一方の大塚は、サウスポーの技巧派投手兼スラッガーとしてチームを引っ張り、171cmと小柄ながら鋭い打球を飛ばしパワーも十分であった。もう少し上背があればプロでも十分やれる好素材であったと思う。(敬称略、平成9年3月発行「熱球通信」からの再掲)

第98回全国高校野球秋田大会 小木田敦也投手 無安打無得点10年ぶり10人目

b7e4f5ff<Jsports> 2020都市対抗出場注目選手紹介。小木田敦也(TDK)は入社4年目で、秋田・角館高校時代から注目されている右腕。入社2年目となる2018年の都市対抗では、七十七銀行の補強選手に選ばれ、三菱重工神戸・高砂戦で150キロの速球を披露した。昨年は右肩痛もあって調子を落とし、チームも代表権を得られず、補強選手にも選ばれなかった。しかし、今季は完全復活を果たした。小木田は2次予選の3試合すべてに登板し、そのうち2試合で先発。TDKが7年ぶりの都市対抗出場を決める立役者となった。第1代表決定戦はJR東日本東北を相手に延長12回まで投げ切り、完封勝利も挙げている。174センチ・75キロと大型ではないが、速球だけでなくカーブなどの変化球も優れた実戦派。ドラフトの指名は高校の同期・赤上優人(東北公益文科大学 → 西武育成1位)に先を越されたが、小木田もいずれプロのマウンドに立つべき実力者だ。

第91回都市対抗野球大会 / 秋田県 三浦和幸(47)・近野徹(40)審判員 派遣

2

洲崎球場のポール際 プロ野球の 「聖地」 に輝いた一瞬の光(森田創、講談社)

suzaki(一部抜粋) この洲崎橋にはかつて「洲崎パラダイス」と書かれた大きな門が建っていた。そしてこれより海側は洲崎遊郭、遊郭街だったのである。洲崎遊郭は、明治半ばに根津にあった遊郭が移転してきたもの。陸地から隔てられている埋立地は遊郭街の移転先にぴったりだったのだろう。かつてこの海っぺりの洲崎遊郭ではしゃいだ男たちがいたことは事実である。洲崎遊郭は戦後もしばらく存続していたが、1957年に売春防止法が施行されたことをきっかけに姿を消し、今ではごく普通の住宅地に生まれ変わっている。(プロ野球PRESS 鼠入昌史 )<2015.2.11> 洲崎球場のポール際 プロ野球の 「聖地」 に輝いた一瞬の光 (森田創著、講談社)。東京下町、戦前は遊郭で賑わった洲崎にプロ野球専用の球場ができたのは、昭和11(1936)年のこと。沢村栄治がノーヒットノーランを演じ、伝統の巨人阪神戦がここではじまった。しかし、わずか1年後の昭和12年にできた後楽園球場にその場を奪われ球史から消えてゆく。2014年は、巨人が誕生してから80年、来年は阪神がそれに続く。 「悲劇の球場」 の詳細を野球少年だった著者が丹念な調査のもと蘇らせる。講談社HP  洲崎球場は、かつて東京都江東区新砂一丁目付近に所在した木造の野球場で、1036年に開場。日本プロ野球草創期に上井草球場と共に東京地区のプロ野球常打ち球場の一つとなっていた。

<2016.3.11> 硬式野球チーム 「合川ベースボールクラブ」 第5季目活動終了。

aikawa伊藤蓮選手BCリーグ 信濃グランセローズ入団へ。【2016.3.11】第5期活動終了、今季は北秋田市のほか大館、鹿角、秋田、上小阿仁から女子2人を含めた27人が参加。【2015.4.14】第4季(村上雄登主将、鷹巣南)活動終了。今季は北秋田市内のほかに大館、鹿角、能代からも参加、青森県の軟式を引退した中学3年生で組織の北五BBC、平川BBCとも合川球場で練習試合。【2014.4.19】北秋田市硬式野球チーム「合川ベースボールクラブ」第3季16人の活動終了。軟式から硬式への橋渡しとして、毎年夏に野球部を引退した中学3年生を対象にチームを結成。指導は旧合川高校を23年間率いた櫻田義信監督やその教え子らが受け持つ。昨年7月末からスタートした第3季は市内外から16人が集まり、宮城遠征含め17戦に及ぶ練習試合などで経験を重ねてきた。第3季の主将を務めた伊藤蓮主将(花輪二)は強豪駒大苫小牧へ進学。【2013.12.05】秋田県学校体育研究連合会は平成25年度学校体育功労者22人を選出。高校野球関係では、櫻田義信元合川高校野球部監督。[2012.11.05]夏に軟式野球部を引退し、高校で硬式野球部入部を希望する中学3年生の硬式野球チームが県北地区を中心に各地で結成。合川ベースボールクラブ(メンバー13人)は、合川高校野球部で通算30年近く指揮を執った櫻田義信氏が中心となり結成されたチームで今年活動2年目。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日: